toso 窓まわりに特化した空間演出のプロフェッショナルメーカー「トーソー」

フレキシブルな窓辺を演出するシェア No,1 メーカー

トーソー株式会社は、1953 年にはじめてカーテンレールを発売した老舗メーカー。カーテンレール、ブラインド、ロールスクリーン等、窓関連のインテリア全般を製造しており、カーテンレールにおいては国内シェアNo.1 です。住宅事情や環境の変化にも長年培った技術とアイデアを活かして対応し、「窓辺を演出する」というコンセプトで製品開発を行っています。機能と高いデザイン性を併せ持つハイセンスな製品をたくさん持ち、グッドデザイン賞の受賞歴は 30 製品以上にも及びます。

ブラインドと聞くと、多くの方が昔ながらのスチールのブラインドをイメージしがちですが、トーソーが取り扱うブラインドのタイプは何十種類にもおよび、これまでに見たこともないような動きをするブラインドなども豊富に取り揃えております。窓にカーテンという概念を覆すブラインドに、きっと虜になることでしょう。

カーテンやスクリーンでエコロジカルな生活を

インテリアの歴史は長いことをご存知でしょうか。古代の竪穴式住居に描かれた壁画、これも実はインテリアなのです。人が日々暮らすうちに自分の住まいを楽しく華やかなものにしたいと感じ、装飾してみたのが始まりなのかもしれません。ヨーロッパではフレスコ画を描いたり、毛織物を飾ったりしていたようですが、今で言うとこの壁紙が発展したのは 16 世紀のヨーロッパで、印刷技術の向上で一般にも普及していったようです。シンコールではこのような歴史を踏まえ、いつの時代でも暮らしに寄り添うインテリアとしての壁紙を提供する、ということをコンセプトとしています。

カーテンや壁紙・クロスなどのメーカーは非常に競合が多いのも実情ですが、昭和 45 年創業の長きに渡るノウハウや信頼性などを活かし、お客様が満足しうる製品ラインナップやアフターサービスを充実させています。

カーテンのようなブラインドでハイクラスなお部屋に

和紙や織物、箔を使用した壁紙などバリエーションに富んだ製品をたくさん用意しています。選ぶ壁紙によりシンプルにしたり落ち着きを出したりと個性も出せますが、さらにそれらと組み合わせてオシャレでモダンな空間を作ることができるのが装飾タイルシートの「Mozaica(モザイカ)」です。

樹脂素材で宝石のように面がカットされたクリスタル、メタリック調や木目、モザイク柄などテクスチャも色味もたくさんあって楽しくなります。たとえば、玄関のシューズボックスの上の壁紙にモザイク柄を1列加えるだけで高級感が加わります。また、落ち着いた木目調タイルをリビングの壁に加えれば落ち着きと深みをプラスできます。いつもの壁紙に異素材であるモザイカを加えるだけでリフレッシュした空間ができあがり、プチリフォ ームした気分になれます。トーソーでは、東京および大阪それぞれにショールームを構えていますので、気になる方はぜひ、ショールームまで足を運ばれてはいかがでしょうか?

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加