matild クリスチャンの品のあるライフスタイル「マチルドインザギャレット」

修道院の雰囲気に通じる品のあるライフスタイルを踏襲

マチルドインザギャレットは、女性ファンに支えられるアンティークショップ
マチルドインザギャレットは、1985 年に代官山でオープンしたアンティークショップです。2010 年に田園調布に移り、現在に至ります。オーナーは、元スタイリストの酒井しょうこさんで、1980 年代に人気を博した雑誌「オリーブ」が紹介する都会的でヨーロッパの香りがする文化に憧れを抱く若い女性ファン達に強く支持され、その人気は今も続いています。

デザイナーでもある酒井しょうこさんはシンプルな生活を提唱していますが、そこにはイギリス生活の経験や、何と言ってもクリスチャンの家庭で育ち教会や修道院の雰囲気に通じる品のあるライフスタイルやセンスが息づいています。この世界観がファンにとって大きな憧れであり、マチルドインザギャレットは魅力あふれるお店となっているのです。

イギリスのアンティークから現代物までなんでも揃う

イギリスのアンティークから現代物、酒井しょうこデザインのオリジナル商品までが揃ってしまうのがマチルドインザギャレットの最大の特徴!

取り扱っている商品は、スージークーパーを始めとするイギリス有名陶器、 ヴィクトリア時代の小物や聖母像などキリスト教色のある置物やロザリオ、キッチン用品、リネン等のアンティーク、酒井しょうこデザインのオリジナル商品、 ヨーロッパ各地から直輸入の現代物の手作り小物、雑貨などで、海外の商品は年に 4回買い付けています。また、バラをはじめとする花をモチーフにした商品が多いことも特徴の一つで、店内は華やかさとアンティークの落ち着きが独特の雰囲気を醸し出しています。「オリーブ少女」ではなくても、この独特の雰囲気や素敵な商品に心が躍ることでしょう。

オーガニックにこだわるフランキンセンス・ショップを併設

マチルドインザギャレットは、もう1つのショップ、FRANKINCENSE+SHOP(フランキンセンス・ショップ)を併設しています。こちらのショップは、酒井しょうこさんが大好きなフランキンセンス(カンラン科の植物)の神聖な香りがブランドテーマとなっています。オーガニックやナチュラルであることにこだわった衣と住の提案をしており、人と地球にやさしい商品を提供しています。高級チェリーの無垢材を使用したオリジナル家具、シンプルなキッチン用品、天然素材にこだわったバス&トイレタリー用品、アロマテラピー関連グッズ、チャーチテイストを取り入れた小物類、天然素材使用で見えない所にも心配りのある縫製のウェア、シンプルなデザインのアンティークなどが展開されています。

マチルドインザギャレットでは刺しゅう教室も展開

マチルドインザギャレットの店内では、刺繍教室などの教室も開催しています。素敵な店内で、マチルドインザギャレットにマッチする作品作りをするのは、贅沢なひと時と言えるでしょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加