asplund 「カッコいい」と感じる商品やコーディネートを提案「アスプルンド」

遊び心と個性にあふれたアイテムを、独自の世界観で提案

アスプルンドは、インテリアの商社(株)アスプルンドのフラッグシップ店
アスプルンドは家具・雑貨の企画、輸入、販売までを手掛ける株式会社アスプルンドの直営店で、平成22 年、恵比寿アイマークゲート 2F にショップ兼ショールームとしてオープンしました。(株)アスプルンドは、『ひとときの目立つトレンドよりも、色褪せることなく長く愛されるもの』『古くても、どこかそこには革新性が息づいていること』『手を加えない、そのままが心地いいこと』などの思いをテーマにしており、ショップのアスプルンドも、同じ考え方の下、“Tradition & Innovation” をコンセプトに、伝統を守りつつも、革新的な技術と美意識によって生み出されたインテリアの数々を世界中からセレクトし、常に時代の少し先をいくスタイルを実現しています。 遊び心と個性にあふれたアイテムを、独自の世界観で提案し続けているのです。

居心地の良さが醸し出されるインテリアグッズの数々

“Tradition & Innovation”を実感させる商品が並ぶ感度の高いショップ
アスプルンドの家具は、革や木の素材感を活かした商品が目立ち、長く愛されるトラディショナル感のある良さを出しています。しかし、同時に従来の平凡なスタイルでは満足できない感度の高さがあり、一歩進んだセンスを持つ大人が「カッコいい!」と感じる商品やコーディネートを提供しています。また、コーディネートから居心地の良さが感じられることも大きな特徴で、座り心地や使い易さなど、商品一つ一つが使い手にとっての快適さを大切にしているからこそ、コーディネートされた空間からも居心地の良さが醸し出されていると感じられます。

アスプルンドのコンセプトとマッチする海外ブランドをセレクト

アジアやヨーロッパのこだわりのあるブランドから家具を輸入しています。代表的なブランドとして、アンティークデザインにモダンテイストを取り込んだレザーコレクションの HALO(ティモシーオルトン バイ ハロー)、古材とウォールナット新材のコンビネーションでアヴァンギャルド感を感じさせる家具の bina(ビーナ)、インドネシアのチーク古材を活かしアイアンとの組み合わせなどで個性的なデザインを見せる d-Bodhi(ディーボディ)、亜鉛メッキのオールスチール造りであらゆるテーストの空間にマッチする METALSISTEM(メタルシステム)など、デザインと、職人技が活きる品質や抜群の耐久性など、自信を持って提供できる商品が海外から集められています。

恵比寿の中でも際立つセンスのアスプルンド

おしゃれなショップが沢山あり散策が楽しいと評判の恵比寿の中でも、アスプルンドは、商品の品質の良さや大人向けのカッコ良さを感じられ、個性が際立つお店です。家具選びでは勿論、ハイセンスなインテリア空間に触れたい時に、是非訪ねたいお店と言えるでしょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加