nihonbed 絹のような寝⼼地のマットレスと多彩なベッドデザイン「⽇本ベッド」

⽇本初のベッドを製造した伝統あるメーカー

⽇本ベッド製造株式会社は、1926 年(⼤正15 年)に設⽴された⽇本で初めてのベッド製造メーカーです。創業者である宇佐美⽵治⽒は、帝国ホテルに10 年間勤務した後、商社マンとしてイギリスへ渡り、⻄洋式寝具であるベッドでの睡眠で感じた布団とは違う⼼地良さを⽇本に広めたいと思ったのが創業のきっかけだそうです。

近年では⽇本で⼀番歴史のあるベッドメーカーとして知られており、特にコイルの⼤きさと数が異なる「シルキー」と「ビーズ」の2 シリーズを展開する「⽇本ベッド」のマットレスはマットレスの定番といっても過⾔ではないくらい定着しています。肌触りのよい絹に包み込まれたような寝⼼地を実現するマットレスを中⼼に、その社名のとおりベッドメーカーとしての地位を確⽴している⽇本ベッド。その特徴についてご紹介していきます。

MADE IN JAPAN へのこだわり

先述の創業者宇佐美は、畳と布団というスタイルに慣れた⽇本⼈にも馴染めるように、まずはベッドとマットレスという組み合わせのスタイルを考えました。さらに海外ではポピュラーな連結式のスプリングマットレスを商品化。品質の良さを常に考え、MADE IN JAPAN にこだわることはもちろん、ベッドを製造する機械まで⾃社⽣産するという姿勢は、上質な眠りを提供したいという国産メーカーとしての誇りを感じます。

そして品質の⾼さを裏付けているのが帝国ホテル、ホテルオークラ、ホテルニューオータニをはじめ、国内⼀流ホテルへのベッド納⼊実績。旅⾏の際に宿泊したホテルで眠ったベッドは⽇本ベッドの製品だった、なんていうことがあるかもしれません。

⽇本ベッドといえばポケットコイルのマットレス

⽇本ベッド製マットレスの特徴はなんといってもポケットコイルマットレス。ひとつひとつのスプリングが独⽴したものを組み合わせているので、横になった時の圧⼒を点で受け⽌め、体を包み込むようにフィットして⼼地よくサポートしてくれるのです。このマットレスには、「シルキー」と「ビーズ」の2 シリーズを展開しており、「シルキー」シリーズは⼩さめのコイルをたくさん使い、適度に体圧を分散して睡眠時の寝返りを抑えることにより快適な眠りを実現。「ビーズ」はコイル線が太く、⼤きめな巻きのコイルでしっかりと体を⽀えます。シングルサイズにおける⼀般的なスプリング数の612 個のコイルを使⽤したスタンダート商品の他に、クッション層に質の良い素材を施した上級モデルがあります。

多彩なベッドモデル展開も必⾒!

⽇本ベッドは、ベッドやマットレスを中⼼に寝室周りの家具を幅広く展開しています。マットレスの特徴は先述のとおりですが、忘れてならないのがベッドそのもののラインナップ!最⾼級グランドチェスターをフラッグシップに、20 種類ちかくのモデルを展開しています。ご予算やお部屋の雰囲気、サイズなど様々な選択肢がある点はユーザーにとっても最⼤のメリット。価格はもちろん、お部屋の雰囲気などに合わせ、⽊⽬調の⾃然素材のベーシックなものからモノトーンを基調としたモダンデザインまで、海外メーカーにも引けを取らない存在感のあるベッドを選ぶことが可能です。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加