afternoon_tea 半歩先を行くライフスタイルを実現する「アフタヌーンティー」

雑貨店とカフェを併設するというスタイルの先駆者

女性達に支持されたちまち人気店になったアフタヌーンティーは「雑貨と飲食の複合サービス」のはしり。
アフタヌーンティーは、1972 年にヨーロッパ家具の輸入会社として設立された(株)サザビーリーグが、 1981 年にスタートさせた雑貨と飲食を複合的に提供するブランドです。

(株)サザビーリーグは今、「半歩先を行くライフスタイル」の提案を掲げていますが、1981 年の時点でアフタヌーンティーの、雑貨店がカフェを併設するという珍しいスタイルの提案を既に行っており、当時から自由な発想を大切にしていたことがわかります。

渋谷のパルコパートⅢにオープンした一号店は、ショウケースに陳列するのではなく床に商品を積み上げたり、カフェでは紅茶をティーポットで提供したり、まだ知る人が少なかったスコーンをメニューに取り入れるなど、サービスも商品も斬新でした。この新しい、衣食住をおしゃれにトータルに演出する提案が、女性達のワクワクする好奇心を大いに刺激し、たちまち人気を得たのです。

雑貨部門で展開する独創的な3ブランド

商品の使用シーンや、購入オケージョンを軸に、雑貨部門はアフタヌーンティー・リビングを更に細分化させ、今ではアフタヌーンティー・ギフト&リビング、アフタヌーンティー・ホーム&リビングを加えた計3ブランドが展開されています。アフタヌーンティー・リビングは、「シンプルで素敵でホッとする」「お店にいるだけでウキウキしてくる」と多くのファンが示すように、日常の生活に楽しさやぬくもり、ときめきを与える商品を揃えています。

アフタヌーンティー・ギフト&リビングでは、お誕生日、ウェディング、記念や御礼など、ちょっとした贈り物からハレの日のスペシャルギフトまで提案するギフト専門のショップで、「結婚祝いも出産祝いもここで買えば喜ばれる」と、定評を得ています。また、アフタヌーンティー・ホーム&リビングは、家具やワードローブなど、衣食住を新しい感性で調和させる提案をしています。

ブランドメッセージは、spice of a day。

2007 年に、この spice of a day をブランドメッセージとして制定して以来、このメッセージが意味する「夢を感じる商品や、気持ちの通いあうサービスなどを提供しシアワセのきっかけとなるように、生活者に心地よい刺激を贈り届けること」を実現すべく、従業員たちは各ショップで店舗づくりに努めています。

毎年テーマ変わるアフタヌーンティー・リビングのテーマ。2017 年は「花で彩る毎日の暮らし」
2017 年は「花」を通じてシアワセのきっかけづくりとなるライフスタイルのヒントを紹介しており、元々軸としている季節ごとの商品展開ともマッチさせ、その季節らしい花をテーブルウェアとコラボさせるなど、毎日の暮らしを花で彩りステキに演出する提案を発信しています。

アフタヌーンティーならではのギフトサービスの提供

アフタヌーンティーの商品をギフトに使いたいという声に応えて、オケージョンに合ったラッピングサービス、アフタヌーンティーの商品を相手方に選んでもらえるカタログギフト、ギフトを購入すると老舗スタンプメーカー「gobe」のスタンプを使用したメッセージカードがもらえるなど、アフタヌーンティーの世界観を伝える演出が加わったサービスを提供し喜ばれています。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加