mkm 移り変わる時代にフィットした空間を提供するメーカー「MK マエダ家具」

老舗の伝統を持ちながら、独創的で斬新な家具づくりに挑戦!

MK マエダ家具(エムケーマエダ家具)は、1927 年(昭和 2 年)創業の老舗家具メーカーでありながら、その特徴は独創的なデザインを質の高い卓越した技術で創り上げるということにあります。ありとあらゆる形のモノが溢れている現代の消費社会の中で、いかに顧客満足度が高く、安全な商品を創るのかということを日々考え、挑戦しています。国内でも知る人ぞ知る的な位置づけの家具メーカーですが、創業の拠点となる静岡県藤枝市にはえ、MK マエダが強みとするダイニングテーブルやチェア、TV ボードからソファなど、あらゆる製品が展示されている自社ショールームがあります。

コンセプトは時代にフィットしたデザインのインテリアを提供すること

家具というジャンルにおいて、本当に豊かな商品とはなんでしょうか?クオリティが高く、長く飽きることなく使い続けることができるものだと思います。移り変わる時代に流されることなく、生活に根ざす家具、という原点に回帰しつつも、ユーザーが憧れのライフスタイルを実現できるような製品を提供する。それが MK マエダ家具のアイデンティティであり、MK マエダ家具が提供するあらゆる家具において、その精神が反映されています。MK マエダ家具は特にダイニングテーブルやテレビボードなど、リビング家具において強みがあり、木目調の天然素材を生かしたデザインから、どのようなお部屋にもマッチする白を基調とした商品など、飽きの来ないデザインや色使いが特徴です。

スタイリッシュな家具はテレビドラマの美術セットに多数提供

MK マエダ家具の製品は、基本的なシンプルな形でありながらシェイプのデザインがモダンで都会的な印象を持つので、テレビドラマのセットで使われることもよくあります。これはセットや人物像によって部屋の個性は様々ですが、シンプルな家具なので設定に合わせやすいということ。同様に実際のお部屋でも都会的なスタイルを保ちつつ、合わせる雑貨やファブリックで使う方の個性がプラスできるということなのです。価格帯も高すぎず、安すぎずで、手が出せる高級家具といっても過言ではありません。

オススメはやはりダイニングテーブルで、デザインに応じて RAMA(ラマ)、DUAL(デュアル)、Taiga (タイガ)などのモデルを展開しています。無垢材を贅沢に使用した天板にスリムな脚が特徴のダイニングテーブルは、大きなサイズでも圧迫感がなく、どのようなお部屋にも馴染むと好評です。

オススメは光沢感のある鏡面塗装のシリーズやメラミン樹脂のチェア

MK マエダ家具のもう一つの特徴と言えば、鮮やかな光沢を持つ鏡面塗装。
これは樹脂を特殊な加工で表面コーティングする塗装技術により出来上がります。鏡面塗装とハーフミラ ーを組み合わせたのテレビボートやシェルフは格調高い空間をその輝きで演出、他にも石目長に塗装し、 MKマエダ家具の代名詞とも言えるUV塗装を施して光沢を持たせ、天然木の脚と組み合わせたラグジュアリーなダイニングテーブルも人気が高くオススメです。

また、マエダの技術で北欧のテキスタイルをメラミン樹脂に包み込んだアルミパイプチェアの「ピロイネン×ボロス・コットン」。北欧のテキスタイルは自然をモチーフにしており空間にも馴染みやすく、インテリアに彩りをあたえてくれます。MKマエダ家具の強みでもあるホワイト系の家具は、お部屋全体を明るくし、さらには鏡面塗装が高級感を演出してくれるので、どのようなお部屋にもオススメです。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加