set_modern 人気のモダンインテリアにおけるダイニングセットのデザイン特性

人気のモダンインテリアにおけるダイニングセットのデザイン特性

モダンならではのシンプルかつ直線的なテイスト

オシャレなイメージのモダンインテリア。シンプルな家具がスタイリッシュにまとまっているとかっこいいですね。そもそも、モダンとはどういう意味かご存じでしょうか?

「modern =現代の、最新の」という意味があり、古典的な柔らかいイメージとは真逆の、現代的な洗練された空間を作り出すことで、モダンスタイルができあがります。

今日はどのようにすれば”モダンならではの”テイストになるのか、いくつか例をあげながらご紹介します。

《白と黒を使う》
モダンならではのイメージカラーは、ずばりモノトーン。ダイニングのメインカラーを白か黒のどちらかにして、その他の色は黒・白・グレイだけで統一感を出してみましょう。そうすることで、自然とスタイリッシュな雰囲気に仕上がります。

《直線を意識する》
家具は直角のもの、ファブリックに柄を入れるなら機械的なシンプルなものにしてみてください。照明や花瓶などの小物に曲線のデザインを取り入れると、クールな印象に柔らかみを出せます。

《観葉植物を合わせる》
植物があるだけで、どこか落ち着いた空間を取り入れることができます。無機質なモダン空間でも、グリーンがひとつ入るだけで癒しの効果が発揮されます。ここでモダンテイストに大切なのは“観葉植物の形”。たとえば、サンスべリアのような直線的な葉の形であれば、洗練された雰囲気が出て◎。シックなお部屋にひとつ、小さな潤いを入れてみてあげてください。

《ガラスやステンレスの素材を取り入れてみる》
テーブルと椅子にステンレス脚を取り入れ、白か黒でまとめると、ダイニングが一気に生活感のない無機質な雰囲気になります。ガラス天板のテーブルとの組み合わせも、白ならば清潔感のあるスタイルに、黒ならば男らしいモダンスタイルになります。

次は、ガラスやステンレス素材に関して、もう少し詳しく取り上げていきましょう。

▼関連記事
オシャレなモダンテイストのダイニングチェアあれこれ

 

天板ガラスやステンレス脚など無機質な素材が多い

ナチュラルモダンや北欧モダンのモダンインタリアでは白木風の明るいカラーの木製家具がメインとなりますが、先ほど紹介したようなモノトーンでまとめたシンプルモダンや、シンプルモダンに高級感を加えたラグジュアリーモダンのインテリアには、ガラスやステンレスがよく用いられます。

ガラステーブル

ガラス素材を取り入れることで、その光沢感と直線的な視点より、モダンスタイルになります。
たとえば、高級感のある「ウォルナット材+黒の天板ガラス」のテーブルは、「直線+ガラスの素材感」=スタイリッシュの「theモダン」といえるインテリアです。木目が楽しめる素材に、ガラスの光沢感が相まってスタイリッシュに仕上げることができます。

ステンレス脚

ステンレス素材の脚をテーブルかチェアに使うことで、ぐっとスタイリッシュなフォルムになります。ステンレスの脚を取り入れることで、どこか「非日常的な空間」を作り上げることができ、ホテルの一室や、高級レストランを感じさせるシーンとなります。
鉄素材はさびてしまいそうでお手入れが大変なイメージですが、ステンレスは比較的錆びにくいのも特徴のひとつ。日々のお手入れとして、エタノールなどアルコールを含ませた布で軽く拭き掃除をしてみてください。お手入れの最後には、乾拭きもお忘れなく。

▼関連記事
参考にしたい流行りのモダンインテリアのコーディネート実例集

 

天板素材や色味をフローリングと合わせて空間に一体感を!

人気のモダンインテリアにおけるダイニングセットのデザイン特性2

「このモダンなダイニングセットが良い!」と実際に購入して家に配置してみても、なんだかしっくりこない…
と思ったことありませんか?その原因のひとつには「フローリングの色との一体感がない」からなんです。

フローリングの色は大きくわけて

・ダークブラウン系
・ブラウン系/ベージュ系
・白色系

の3タイプに分かれ、フローリングの色と家具の色がマッチしないとモダンインテリアならではのカッコよさが表現されません。では、どの色にどのような色味の天板や素材が一体感が出るのか、ひとつずつご紹介していきます。

ダークブラウン系のフローリング

+白色系木製天板=アジアンテイスト
ちょっとだけ天板の明るさか際立つかもしませんが、ナチュラル感を出せます。

+ダークブラウン系木製天板=アンティーク調
重厚感を感じ、あまり生活感を感じない演出ができます。

ベージュ系のフローリング

+黒ガラス天板=モダンでスタイリッシュな雰囲気

ダークブラウンの木製テーブルも同様です。男前な無機質な印象に様変わりします。
+白系木製天板=北欧風の甘めな雰囲気

やさしさのある癒される雰囲気になります。リラックスできる空間に。

白色系のフローリング

+白系木製/ガラス天板=北欧テイストのスタイリッシュな雰囲気

ベージュ系のフローリングと違い、白系で統一されているため、よりスタイリッシュでおしゃれな空間を演出できます。

+ダークブラウン系木製天板=ホテルのような非日常空間
ダークブラウン系や暗い木製天板の場合、比較的閉鎖感を感じやすいのですが、フローリングが明るい分、きれいにまとまって広々とした空間となります。

いかがでしたか?
色々な素材や色味の組み合わせにより、テイストは一変します。
ちょっと素材を変えるだけでモダンテイストになりますので、今回の記事を参考にぜひ試してみてくださいね。

▼関連記事
最近流行りの木の枝アイテムでインテリアをモダンコーディネート

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!