ctrch_antique アンティークな雰囲気が魅力の木製カウンターチェア

アンティークな雰囲気が魅力の木製カウンターチェア1

アンティークでレトロなダイニングコーデに華を添える木製カウンターチェア

アンティークやレトロ感漂うなコーディネートスタイルは、さまざまあるコーディネートのなかでも特にこだわりが強く出るスタイルとして知られており、その人の個性やセンスが色濃くでるという特徴があります。

現代においては、本物のアンティーク家具ではなくても、アンティーク調にリメイクされた家具で構成するコーディネートをアンティークスタイルやレトロスタイルと呼び、リビングに限らずダイニングテーブルやチェアなどにも、猫足やバーリーシュガーツイストなどの装飾が施された製品が多くプロダクトされておりますが、そんな中でも今回は特に

アンティークさを演出することができるカウンターチェア

の魅力やコーディネートについてご紹介していきます。

アンティーク家具の代表的な特徴としては、

・深みのあるアンティークブラウンのウッドカラー
・時代を感じさせるアンティークグリーンの布地 など

家具ごとにそれぞれの定番的特徴があり、特にテーブルやチェアなどは、国内でもお馴染みの猫足テーブルやベントウッドと呼ばれる曲木加工のチェアなどは、一目でアンティークさが感じられる代表的な家具と言えます。

ダイニングスペースを構成する家具のひとつに挙げられるカウンターチェアにおいても、アンティーク感満載のデザインを取り入れたものが多くリリースされており、その独特なフォルムは、

他のコーディネートスタイルでは表現できない魅力

がたくさんあります。

カウンターチェアそのものが現代的な家具というイメージがありますが、現在の生活様式に合わせ「機能性も兼ね備えたアンティークスタイル」というのも決してナンセンスではありませんので、空間全体のアンティーク感を演出するための家具として、積極的に取り入れるのが良いでしょう。

今回は、そんなアンティークな雰囲気を演出するカウンターチェアの魅力について掘り下げてみていきます。

▼関連記事
レトロで普段使いもできるアンティークダイニングチェアの選び方

 

深みのあるアンティークウッドの定番・丸椅子ハイスツール

アンティークな雰囲気が魅力の木製カウンターチェア2

アンティーク家具においては明確な定義こそありませんが、家具一つひとつに深みや歴史を感じられることが重要で、「長い間使い込まれた」感も大切ですが、その当時のデザイン性やフォルムを踏襲しているか?という部分が、もっともアンティーク感を与える要素として大きいのではないでしょうか。

そういう観点では、カウンターチェアも同様に全体的な色味やデザイン性が重要で、冒頭のイメージ写真のような脚部分に装飾が施されたアンティークウッドや背もたれの曲木加工が美しいタイプなどは、まさにアンティーク感を演出するカウンターチェアと言えます。

チェア全体のフォルムは基本的にシンプル

で、座面にクッションがあるタイプも多いのですが、やはり木目素材のみで構成されたタイプの方がアンティーク感が増す傾向にあります。また、座面が丸形のシンプルなカウンターチェアは、体の向きも変えやすく利便性も高いという特徴があります。

アンティークな雰囲気が魅力の木製カウンターチェア3
アンティークな雰囲気が魅力の木製カウンターチェア4

なお、カウンターキッチンに設置されるカウンターチェアは、どうしてもカウンターという

現代的なキッチンスタイルにアンティークな雰囲気を出しにくい

という傾向にありますので、カウンターチェア以外にもアンティークさを演出するガラスシェードやブラックシェードのペンダントライトや、陶器や食器などの雑貨類などで演出を強めてあげると、現代のキッチンにも違和感なく調和してくれるでしょう。

アンティーク家具においては、目に見える部分に金属が使われることがあまりなく、カウンターチェアにおいても、伸縮機能などを求めてしまうと脚部分が金属になるため、

アンティークと言うよりヴィンテージ寄りのテイスト

になってしまう傾向にありますが、金属部分が黒や濃いブラウンなどで塗装されていれば、空間全体のアンティークな雰囲気に合わないということはありませんので、特にこだわりがなければ、実際の生活における利用シーンに合わせた方が飽きずに末永く使い続けることができるでしょう。

▼関連記事
アンティーク調コーディネートに合うダイニングチェアの選び方

 

作りがシンプルで移動がしやすく耐久性も高い

アンティークな雰囲気が魅力の木製カウンターチェア5

木目素材のアンティークブラウンのカウンターチェアは、配置するだけでもアンティーク感が打ち出せますので、普段あまり利用しなかったとしても、その雰囲気を演出するディスプレイアイテムとして役立ちます。
また、重量的にも移動がしやすいので、シンプルなデザインで座面が平面のタイプであれば、

ちょっとしたディスプレイ棚としても活用できる

といったメリットもあり、アイデア次第ではダイニングスペース以外のアンティークコーデにも役立ってくれるでしょう。背もたれがないタイプなどはシンプルな造形だけに、どの空間にも調和しやすいという特徴も忘れてはなりません。

また、座面にクッションなどがある場合は、使い込むことで破れなどのリスクはありますが、シンプルな構造ゆえにチェア自体の耐久性は高く、アンティーク家具でも特段気を使わずに末永く使えるという点では、

非常にコストパフォーマンスが高い

という点もメリットのひとつとして挙げられます。

アンティーク感の演出においては、その国ごとで多少テイストも異なりますし、現代の生活に応じて多少なりともアレンジされたプロダクトも多くリリースされています。従来の本格的なアンティークにこだわるもよし、機能性を重視して

現代的にアレンジされたアンティークスタイルを作るもよし

さまざまな選択肢をチョイスできるのもこのスタイルの特徴。
ダイニングを彩るカウンターチェアにおいても、アンティークウッドの色味やブリティッシュグリーンなどの配色にこだわらずとも、深みのあるテイストの木目カウンターチェアを用いて、独自のアンティーク空間を生み出しても面白いのではないでしょうか?

▼関連記事
モダンなテイストを底上げするカウンターチェアの魅力とメリット

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!