wood-2 木目が美しい無垢材のダイニングテーブルの取り入れ方

木目を楽しむ無垢材ダイニングテーブルとオシャレなダイニングコーデ1

そもそも天然木無垢材ってどんな素材?

今も昔も人気の高い、定番のインテリアコーディネートのスタイルと言えば、木や自然の温もりを感じさせるナチュラルスタイル。天然素材の木製家具を中心に、アースカラーで配色を取りまとめた万人受けするコーディネートです。

そんなナチュラルスタイルを構成する家具においては、木目が美しい天然木のダイニングテーブルやリビングテーブル、そしてダイニングチェアに至るまで、見た目的にも自然をおおいに感じさせるプロダクトで構成されますが、なかでも注目されるのが

一本の丸太から直接切り出した無垢材

で、木製家具においては高級品として扱われることが多い素材です。
無垢材の詳細については、スタッフブログ「▼無垢材家具と突板家具って何が違うの?」で詳しく説明しておりますが、無垢材以外の素材については、

天然木であっても何らかの加工によって組み合わされた素材

であり、そこには木の美しさはあっても、何らかの人工的な加工が施されていることは見た目で分かります。一方の無垢材においては、木そのものを削り出した素材となるので、同じ寸法の同じ木材のダイニングテーブルだったとしても、

当然一つひとつの木目は異なっており

なんと言ってもその素材感は、他の集成材や合板では生み出せない独特な雰囲気と魅力を持ち合わせています。

今回は、そんな天然木無垢材のダイニングテーブルを主役とした、オシャレなダイニングのコーディネートをご紹介いたします。

近年では、モダンスタイルブームの台頭もあり、近代的なガラスや金属製のテーブルに注目が集まるなか、ナチュラル感を引き立たせる無垢材ダイニングテーブルは、それらには決して感じることのできない

天然木無垢材ならではの魅力や温もりが存在

するのです。
この記事では、そんな天然木無垢材のダイニングテーブルを中心とした、上品で洗練されたダイニングコーディネートの魅力やコーディネート実例をご紹介していきます

▼関連記事
ウォールナット無垢テーブルのメリット・デメリット徹底解析!

 

無垢材ダイニングテーブルの魅力とコーデポイント

木目を楽しむ無垢材ダイニングテーブルとオシャレなダイニングコーデ2

上記でもご紹介したように、無垢材については一本の木から削りだした無加工の素材となりますので、当然数多くの量産に適している訳ではなく、必然的に価格も他の製品にくらべて高額となります。

高額ゆえに「高嶺の花」というイメージが定着してしまっておりますが、単に希少性が高いだけではなく、無垢材ならではの機能性もあり、調湿効果や断熱性といった生きた木そのものの性能や唯一無二の美しい木目などは、一度使ってしまうと手放せなくなるほどの魅力があります

そんな無垢材を素材としたダイニングテーブルにおいては、

・その天板の大きさと迫力ある存在感
・使い込むほど深みが出る経年変化
・天然木ならではの自然な木材の香りや肌触り
 など

こうした魅力を背景に、本格的なナチュラルスタイルを堪能したい方にとって、無垢材ダイニングテーブルは、必須アイテムと言っても過言ではないでしょう。

これら魅力満載の無垢材ダイニングテーブルを中心としたダイニングのコーディネートにおいては、基本的にナチュラルスタイルをベースとした

・ナチュラルモダン
・ナチュラルシンプル
・北欧ナチュラル
・ナチュラルアンティーク

などが挙げられます。

無垢材と言っても、木材の樹種によって色味が異なり、また経年によってメープルのように色味が濃くなる樹種もあれば、ウォールナットのように明るくなる樹種もありますので、

その経年変化も踏まえてコーディネートスタイルを絞り込む

必要があります。

例えば、深みのある濃い色味が特徴のウォールナットやチーク材なら、モダンスタイルやアンティークな空間演出に最適ですし、明るい色味が特徴のメープルやオーク材においては、ナチュラルシンプルや北欧ナチュラルのコーディネートとのマッチングに優れています。

過去記事「▼配色で印象がガラッと変わるダイニング・コーディネート」でも取り上げておりますが、配色や色味によって受ける印象やイメージは大きく変わりますので、無垢材のダイニングテーブルにおいても、作りたい空間のテイストに合わせて色味や素材を選ぶようにしましょう。

▼関連記事
デザインより高さが重要?!失敗しないダイニングテーブル選びのコツ

 

無垢材テーブルのオシャレなコーディネート実例

木目を楽しむ無垢材ダイニングテーブルとオシャレなダイニングコーデ3

これらのように、無垢材ダイニングテーブルにおいては、天然木ならではの素材感や木の肌触り、見た目の美しさなど、さまざまな魅力あることはお分かりいただけたかと思いますが、実際のダイニングスペースにおいて、その魅力を存分に堪能するためには、どのような点に意識してコーディネートを行えば良いのでしょうか?

ここでは、ダイニングテーブルの色味や素材に合わせたコーディネート実例を幾つかご紹介いたします。ダイニングテーブルの色味に合わせたチェアの選び方はもちろん、空間全体のスタイルの作り方など、無垢材ダイニングテーブルの魅力を肌で感じることのできるコーディネート実例をぜひ参考にしてみてください。

 

≪ナチュラル感あふれるのダイニングテーブルコーデ≫
色数を抑えてクールさを演出するスタイリッシュモダン
ナチュラルテイストの定番的な配色を意識したウォルナット素材のダイニングテーブルのコーディネート。ブラウンやグリーンといったアースカラーをベースとした馴染みのある配色に安心感を覚える人も多いはず。オシャレなチェアの形状からもナチュラルモダン的なコーディネートに仕上げています。

≪メリハリを意識したダイニングテーブルコーデ≫
色数を抑えてクールさを演出するスタイリッシュモダン
明るめな色味のフローリングに対して、深めな色味の無垢材ダイニングテーブルをチョイスしたメリハリ重視のダイニングコーディネート。チェアにもホワイトを採用してモノトーンを感じさせる濃淡のコントラストが、洗練された上品なダイニングを演出しています。

≪アーバンスタイルなダイニングテーブルコーデ≫
色数を抑えてクールさを演出するスタイリッシュモダン
こちらは空間全体のトーンをシックな感じにまとめたアーバンスタイル的な大人のダイニングコーディネート。ダイニングテーブルやチェアはダークブラウン基調の配色でまとめ、暗くなりすぎる部分をオシャレな照明の明るさで補っています。オシャレな都会派のシンプルダイニングのお手本的コーディネートです。

いかがでしたでしょうか?

無垢材ダイニングテーブルにおいては、その無垢材ならではの素材感を楽しむ以外にも、コーディネートによっては高級感を打ち出したり、大人の上品な空間を演出したりと、その楽しみ方も魅力の引き出し方もさまざまです。

ぜひ、あなたならではの無垢材ダイニングテーブルの楽しみ方を見つけてみてください。

▼関連記事
オーク材やウォールナットなど無垢材チェアのメリット・デメリット

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!