ottoman_nordic 北欧スタイルの必須アイテム!大型オットマンの魅力に迫る

北欧スタイルの必須アイテム!大型オットマンの魅力に迫る

お部屋のイメージチェンジをしたいな、と思ったら、北欧スタイルのコーディネートをおすすめします。
手持ちの家具にファブリックやちょっとしたアイテムをプラスするだけで、すっきりとおしゃれなインテリアに変身させられることをご存じでしょうか。
本記事では「北欧スタイル」の基本をおさえるとともに、北欧インテリアの定番・オットマンの魅力をご紹介します。

 

北欧スタイルとは

スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドなどの北欧に多く見られる家具・インテリアを北欧スタイルと呼びます。

これらの地域は冬がとても長く、日の当たる時間も限られているので、日本で暮らす私たちには想像できないような暗くて寒い日々が続きます。そのため、北欧の人々は室内で過ごす時間が長時間になっても快適に気持ちよく過ごせるように、インテリアを重視するようになりました。素材を吟味し、デザインにも凝るようになって、家具やテキスタイルのデザイナーも育ちました。

これらのデザインは広く人々に受け入れられ、北欧ならではの特徴を持つインテリアとして世界で人気となり、やがて北欧スタイルと呼ばれるようになり、今ではおしゃれなインテリアとして人気を博しています。

▼関連記事
日本国内でも大人気!北欧家具の特長とコーディネートをご紹介

 

北欧スタイルの基本となるもの

暗く長い夜にも負けない明るめの色

北欧スタイルのカラーリングは、白やライトグレー、ブルーグレーなどの明るめの色味を壁や窓辺に使うのが主流です。
明るめの色を基調とすることで、暗い室内を明るく見せています。

シンプルだけど飽きの来ない家具たち

「北欧スタイル=シンプル」のイメージが強いかもしれませんが、決して飾らないということではありません。
彼らは家で過ごす時間が長いので、自分が気に入った良質なものを大切に長く使います。明るい時間が少ないので落ち着く素材が好まれ、自然の木目を生かしたテーブルや椅子、植物や動物をモチーフにしたファブリックを使うなど、家の中でも自然を大切に感じていたいという北欧の人々の豊かな気持ちが表れているといえます。

基本はシンプルに、差し色は明るく

お部屋のイメージは白、家具もナチュラルなウッドテイストが基本。ですが、それだけでは冷たい印象の部屋になってしまいがち。そこでソファカバーやカーテン、テーブルクロスなどに青や緑、オレンジなどの明るい色を取り入れましょう。カラフルな幾何学模様や、植物をデザインした布を取り入れると、一気に北欧スタイルに近づきます。ファブリックアイテムは色や柄を気軽に代えられ、家具にくらべてイメージチェンジがしやすいのも大きなメリットです。

 

北欧スタイルに必須のオットマン

北欧スタイルの必須アイテム!大型オットマンの魅力に迫る2

ソファに長い時間座っていると腰が痛くなったり、足がだるくなったりしませんか? そんな時はオットマンをソファとともに使うといいでしょう。足を伸ばすことで体重のかかる箇所が分散され、長時間リラックスできます。

オットマンにはどんな種類があるの?

同じシリーズとしてソファと色や素材を合わせているオットマンはコーディネートがしやすく、同じ高さで作られている点でも使いやすさがあります。
また、オットマン単体で作られているものにはデザイン重視のタイプが多く、角形だけでなく円形や楕円形、足にキャスターを付けて移動しやすくしたもの、座面の下に収納スペースがあるものなどがあります。

▼関連記事
オットマンの機能や役割・スツールとの違いは?

大型オットマンはいろいろな使い方ができる

家で過ごす時間の長い北欧では欠かせないオットマン。特に幅が90cmから1m20cmほどある大型のものは足を乗せるだけでなく、ソファの前に置いてローテーブルとして、トレイにカップなどをのせて来客時のコーヒーテーブルとしても活用できて非常に便利です。また、バッグやコートなどの一時的な荷物置き場にもなります。

▼関連記事
L字レイアウトにオススメなカウチソファ&オットマンのコーディネート

「大型のオットマンを置くとリビングが狭くなるかも」と気になるかもしれませんが、オットマンはソファとは異なり背もたれがないので視界を遮りにくく、圧迫感を与えません。ソファと大型のオットマンをつなげてカウチのような簡易ベッドにすればお昼寝にも便利です。
足を乗せるためだけではなく色々な使い方のできるオットマンは、北欧の人々が長い冬を快適に過ごすための大切な家具。北欧スタイルにかかせないのも納得です。

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!