couch_example アイデア満載!カウチソファのおすすめインテリアコーディネート実例

アイデア満載!カウチソファのおすすめインテリアコーディネート実例1

カウチソファを使ったインテリアコーデ、皆はどうしてる?

広いスペースにカウチソファのあるお部屋は、見た目はもちろん、快適さも憧れてしまいますよね。
ですが、いざ憧れを形にしようとしても、

部屋のスペースには限りがある…狭い部屋だと無理かも
家でゆっくりする時間は少ないから、普通のソファの方がいいかな…

などのような悩みから、諦めてしまっている方もいるようです。

反対に、カウチソファを実生活に取り入れている方からは

・限られたスペースでも、レイアウトを工夫することでカウチソファが置けた
・家で過ごす時間が少ないからこそ、リラックスできるカウチソファにして正解だった

という意見もあり、スペースがなくても置いて良かったと思われている方や、リビングにカウチソファがあるとベッドルームまで行かなくてもリラックスできるので助かっている方が意外に多いようです。

そこで本記事では、便利に使えるカウチソファのインテリアコーディネートやアイデアの実例をお届けします。参考にしてみてくださいね。

▼関連記事
ワンルームにも置けるコンパクトなカウチソファを選ぶポイントとは?

 

大人気!カウチソファを使ったおすすめのインテリアコーデ

カウチソファをコーディネートするには、まずはテイストを決めることが大切です。カウチソファのデザインには、ヴィンテージやラグジュアリー感あふれるもの、ナチュラルテイストなどさまざまありますので、

ご自身が作りたい部屋に合わせてテイストや色を決めましょう。

そして、サイズや汎用性などを確認して、お部屋に入れられるかどうかを検討しましょう。
なぜ、サイズや汎用性よりも先にテイストなのかというと、カウチソファは座ることだけが目的ではなく、リラックスできて生活に潤いや華やぎを与えてくれるもの。ですので、気に入ったソファを選ぶことが第一優先なのです。

また、カウチソファは一点豪華主義での購入もおすすめ。
少し値段が張っても、質の良いカウチソファは、それに見合う座り心地や見た目を備えています。耐久性もあるため座面や背もたれがすぐにへたれることもありません。結果的にお得になることが多いので、安物買いの銭失いにならない買い方をおすすめしたいところです。

以上のポイントを押さえた、カウチソファを使ったインテリアコーディネートの実例をいくつかご紹介します。まずは基本のコーディネートから!

狭い部屋だからヴィンテージスタイルコーデ

ヴィンテージスタイルのカウチソファにはサイズ感が小さめのものもあります。脚付きのカウチソファは床面に奥行きを出し、狭い部屋でもソファの圧迫感を軽減してくれます。カウチソファに合わせたヴィンテージ感のあるテーブルや雑貨、ローボードなどを配置して構成してみましょう。

ベッドいらず?モダンな大きめカウチソファでラグジュアリーコーデ

ワンルームでスペースがなくても、ごろっと寝そべられるカウチソファで就寝スペースとくつろぎのスペース両方を確保できるインテリアコーディネート。モダンインテリアにぴったりなこのコーデは、余計な家具を増やさずに済みます。

オットマンを活用し、ソファで壁を埋め尽くす極上コーデ

リラックス感最上級のコーデがこちら。壁の一面をカウチソファやオットマンで埋め尽くす贅沢なコーデ。広さのある部屋なら最高ですし、正方形の部屋やあまり広さのない部屋でも、ソファを置いた側面の壁などに吊り棚や突っ張り家具などを利用して収納を確保。省スペースでもおすすめです。

▼関連記事
モダンで都会的なお部屋にマッチする高級本革カウチソファの魅力

 

真似したくなるアイデア満載!カウチソファのコーディネート実例

アイデア満載!カウチソファのおすすめインテリアコーディネート実例2

ここからはカウチソファコーディネートの中でも、「その手があったか!」と感心してしまう面白いアイデアをお届けします。

カウチソファでゾーニング?

カウチソファを部屋の中央に置いて、リビングとダイニングの間仕切りにしたり、導線をはっきりさせることができます。ダイニングに背を向けて、リラックスするスペースに視線を持っていけば、リビングとしてゾーニングができます。

カウチソファで快適に過ごすワンルームのアイデア

先ほどお伝えしたコーディネートと共通する部分がありますが、カウチソファに住む!という感じでカウチソファを活用するアイデアです。部屋にスペースがなくてAV機器や本棚などに囲まれている部屋でも、カウチソファの上は快適に過ごせるので、外出が多く自宅に比重を置いていない方にもおすすめ。

室内とテラスの一体感でおうちリゾート

広いスペースのベランダやバルコニーがあるお家で、ぜひ試してみてほしいのがこのアイデア。室内のカウチソファの高さに合わせたベンチや箱を屋外に置くことで視線を誘導します。窓の向こうも部屋の延長のように見せる演出で、リゾートの雰囲気を味わえます。暖かい季節は窓を開けると開放感とリゾート感がさらに増しますよ。

壁と床との一体感で広く見せてくれる!

狭い部屋にカウチソファを置くときは、壁や床の色と同系色のものを持ってきましょう。壁や床との一体感が増し、部屋がすっきり広く見えます。膨張色のホワイトならより効果的。アイボリーのカウチソファはオシャレ度も十分です。白いラグを使って床のコーデもフォローしておくとさらに完成度がアップします。

広いリビングにしか置けないイメージのカウチソファですが、工夫次第でゾーニングのアイテムとして活用したり、ワンルームでも対応できます。活用方法や利便性を考えて、あなたの住まいにぴったりなカウチソファを手に入れてくださいね。

▼関連記事
狭くてもカウチソファを置きたい!参考にしたいカウチのレイアウト例

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!