couch_color [赤・緑・アイボリー]カウチソファのカラーでガラッと変わるインテリアの印象

赤・緑・アイボリー?!カラーカウチソファで変わるインテリアの印象1

カウチソファのカラーでインテリアをイメチェンしよう!

カウチソファのある部屋は、入った瞬間に「リラックスできる空間」という印象を与えられます。
実際にカウチソファでくつろぎの時間を体験すると、病みつきのリラックス感。

そんなリラクゼーション効果のあるカウチソファは、

脚のついたヴィンテージスタイルや、カジュアルに楽しめるロータイプ

など、好みやインテリアに合わせて色々なデザインから選べます。カウチソファのカラーはインテリアの印象にも影響を与え、

ぐっとオシャレになったり、洗練された空間になったり

と、さまざまなイメージを持たせることができます。

中でも薄いブラウンやグレー、ブラックなどベーシックカラーのカウチソファは、シンプルテイストやナチュラルテイストのインテリアの定番。コーディネートの失敗が少ないともいえますが、せっかくなら

定番カラー以外のカウチソファでお部屋のおしゃれレベルを一段も二段もアップしちゃいましょう!

今回は、カウチソファの中でも人気の3色、赤・緑・アイボリーにしぼってご紹介します。

▼関連記事
カウチソファを主役にしたオシャレなインテリアコーディネート

 

人気のレッド(赤)、グリーン(緑)、アイボリー(白)のカウチソファで部屋作り

カラーカウチソファの人気の3色、赤・緑・アイボリーの魅力についてお伝えしていきます。

 

赤いカウチソファでオシャレな空間に

部屋の印象を激変させてしまう効果があるのが、レッドのカウチソファ。
赤は人目を惹く目立つ色ですが、サイズの大きなカウチソファではその効果も倍増。置いてあるだけで気分が上がりますし、パンチの効いたインテリアに仕上げられます。ヴィンテージ、スタイリッシュ、ポップなどのインテリアにマッチします。

緑のカウチソファでリラックスを極める

黄緑やモス、エメラルドなど、色合いによって雰囲気が変わるグリーンのカウチソファ。緑色は人間にリラックスや癒しをもたらす波長を出しているので、どの緑色でもリラックス効果があります。おすすめのインテリアはナチュラルやモダン、あるいは和モダン。グリーンの色味やコーデによってはアジアンスタイルにもなじんでくれます。

白いカウチソファで洗練された華やかさを

白やアイボリーのカウチソファは、清潔感だけでなく洗練度も高め。ベージュやグレーなど無難な色では醸し出せない華やかさと上質感を引き出してくれます。特におすすめのインテリアスタイルは、モダンやスタイリッシュ、エレガントスタイル。ホテルライクなラグジュアリーインテリアはもちろん、ガーリーやロマンチックなインテリアなら、大人かわいいコーデを実現させてくれます。

▼関連記事
シンプルにくつろげるナチュラルテイストのカウチソファが人気のワケ

 

カラーカウチソファを使ったコーディネートでの注意点

赤・緑・アイボリー?!カラーカウチソファで変わるインテリアの印象2

カラーカウチソファを使ったコーデの気になる注意点についてもお話ししておきましょう。

カラーカウチソファは非常に魅力的な家具ですが、その存在感ゆえに、

ほかのインテリアに合わない色を選んでしまうと完全なミスマッチになってしまいます。

たとえば、落ち着いた雰囲気を出したい部屋に鮮やかなレッドのカウチソファを置いてしまうと、落ち着きと赤はまったく相容れない個性を持っているため、双方の良さを損なったインテリアになってしまいます。

同じようにガーリーでポップなインテリアにしたいのに、渋い雰囲気を出してしまうモスグリーンのカウチソファを置いてしまうと、部屋全体がトーンダウンしてしまいます。

インテリアの路線がはっきり決まっていればそういった失敗は少ないでしょうが、カウチソファ購入後にインテリアのテイストを変更したい時に起こりがちなトラブルとして覚えておいてください。あるいは過去記事「色で遊ぶ!カウチソファのカバーとクッションコーデ実例」でもご紹介したソファカバーを利用しても良いでしょう。

そして、同じ色でも色味により、

与える印象が全く異なる

ことも大事なポイント。たとえば、赤系には鮮やかな深紅もあれば黒味を帯びたえんじ色、オレンジに近い赤があります。洗練された高級感を出したい部屋には鮮やかな赤よりも、えんじやワインレッドを合わせた方が希望の印象にまとまります。

このように同じ色でも

濃淡や明暗が異なれば与える印象は大きく違ってきます。

「赤は印象がきついから他の色にしよう」とするのではなく、深みのある赤や反対に淡い赤など、違った色味も検討してみましょう。

カウチソファ―を実際に部屋に置いてみて、色がしっくりこないこともあると思います。そんなときは、手持ちのインテリアに使っている色をクッションやラグに取り入れてみると、浮いてしまっていたカウチソファも他のインテリアになじんでくれますよ。存在感を発揮してくれるカラーのカウチソファを置いて、オシャレな空間を演出しましょう。

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!