ottoman_case ソファ購入時に考慮するオットマンの有無と実生活での活用事例

ソファ購入時に考慮するオットマンの有無と実生活での活用事例

引越しや模様替えを機に、ソファを買おうかと考えている方は多いのではないでしょうか。
そんな時、オットマンも買うかどうかで悩んでいるようでしたら、この記事を参考にオットマンの有無にどんな違いがあるのかを理解しましょう。また、実生活でのオットマンはどんな風に活用できるのかもご紹介していきますので、ソファ選びの参考になさってくださいね。

 

オットマンのあるソファ、ないソファ、その違いとは?

ソファはオットマンのあるなしで若干使える場が違ってきます。

そもそも、オットマンの主な用途は伸ばした脚をのせるもの(フットレスト、フットスツール)。

ですのでオットマンがついていれば、ソファは腰掛けるだけでなく脚を伸ばして、ゆったりと寛ぐことができる快適なスペースになります。そのため、オットマン付きのソファは家族や気の置けない仲間とテレビを観たり、昼寝をしたり、リラックスすることが前提のリビングルームで使用するのがおすすめです。

また、ソファには大切なお客様に寛いでいただく家具という側面があり、応接間などに置き、来客をもてなすときの語らいの場で使われます。この場合にはオットマンがないタイプの腰を掛けることを前提としたソファになります。お客様の前で脚を投げ出して腰掛けるのは、くだけ過ぎていて中々考えにくいですからね。

そして、オフィスやお客様のために店舗に置かれるソファも、特別な場合を除いてオットマンは必要ないと考えていいでしょう。もちろん、オットマンのついていないソファをリビングルームに置いている場合も多いので、オットマンがついていないソファは置く場所やシーンを選びません。

▼関連記事
オシャレ度満点!高級ホテルのようなオットマンコーデ

 

オットマンはセットで購入すべき? 暮らしの中でどんな風にオットマンを使うのか考えよう

ソファを購入するときは、オットマンがセットになったソファにするか、ついていないソファにするかと悩んだ場合には、どのようなシーンでソファを使うかイメージしておくとよいでしょう。

オットマン付きのソファのセットには、

・ソファ(背もたれ付きの一人掛け、二人掛け、あるいは三人掛け)
・オットマン
・テーブル

がセットになっているものが比較的多くあります。

この組み合わせは、ソファの配置を変えてL字型にしたり、ソファとオットマンでカウチにしたりとフレキシブルな使い方ができるのが特徴。ある程度広さのあるリビングルームや購入資金があるならおすすめです。

この付属しているオットマンのサイズは、ソファと連結させればベッドのようにもなる大きなものから、一人掛けソファにコンパクトなものがついてくるなど、さまざまなタイプのものがあります。

 

なお、オットマンはスツールとしても、テーブルの代わりにも、

・来客時には背もたれのあるソファをお客様に勧めて、自分はオットマンをスツール代わりに腰掛ける
・ワンルームなど最小限の家具で済ませたい場合はオットマンをテーブル代わりに使う

のように活用できます。

テーブルとして使う場合には、座面の上にトレイなどを乗せれば安定感も抜群。カップやグラスなどの飲み物も安心なのでテータイムや軽くお酒を飲むのにも便利ですよ。また、座面の下に収納機能がついたオットマンもありますので、収納スペースが必要な場合はこのようなタイプもおすすめです。

もっとも、腰掛けるスタイルになれている方や、ついついソファの前の床に直接座ってしまうという方にとっては、オットマンが単なる置物になってしまうかもしれませんが、このようにテーブルやスツールとしての活用方法もあることも検討してみてください。

 

ソファを購入する時、オットマンの有り無しのまとめ

ソファ購入時に考慮するオットマンの有無と実生活での活用事例2

いかがでしたか?ソファを購入するときには、ソファを置く場所や目的によってオットマンが必要か必要でないか分かってくるでしょう。

統一感のあるソファのコーディネートがお好みで、使用目的がはっきりしていればオットマンが付属しているセットを購入するのがおすすめ。ですが、オットマンは単体でデザインされたものも多くありますので、やっぱりオットマンが欲しい、という場合にはお手持ちのソファに素材やテイストを合わせて、別途購入することもできますよ。

後で買い足していってもいいな、という方なら、まずはお気に入りのソファを手に入れてもいいでしょう。購入予算はソファのみにかけられますので、クッションや生地、デザインなどのソファの質にこだわってはいかがでしょうか。置いてあるだけで部屋の雰囲気をゴージャスにしてくれる華やかなファブリックのソファや、ヴィンテージ感溢れるレザーのソファなど、客間や応接間にぴったりですよ。

オットマンがある場合と無い場合の、ソファの使用目的と場所をカンタンにまとめてみました。

オットマン有りのソファ

はじめからオットマンを使いたい場合、ソファコーデを統一したい場合におすすめ。
目的:談笑、昼寝、テレビ鑑賞等、読書、リラックス、軽食
場所:靴を脱いでの使用。リビングルーム、自室、サンルーム等

オットマン無しのソファ

シーンを選ばないため、用途がはっきりしない場合におすすめ。
目的:談笑、応接等、読書等、食事、
場所:応接室、オフィス、待合室、店舗、リビングルーム等

オットマンのある生活に憧れる方は多くいらっしゃいます。オットマンの有無に悩んだら、まずは置く場所とオットマンの必要性を考えてみましょうね。

▼関連記事
あると便利な収納付きオットマンの活用テクニック

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!