scandinavia 日本国内でも大人気!北欧家具の特長とコーディネートをご紹介

北欧家具?北欧インテリア?北欧スタイルって!?

スウェーデン発祥の家具メーカー「IKEA(イケア)」やインテリア雑貨の「フライングタイガーコペンハーゲン」 などが日本に上陸したことなどを背景に、インテリア業界全般に北欧デザインのブームが起こったのも記憶 に新しいところ。シンプルでナチュラルな北欧スタイルは日本人ウケも良く、国内でもすっかりインテリアコーデ ィネートの定番となりました。

北欧家具や北欧インテリアといった言葉に明確な定義はありませんが、一般的にはノルウェー・スウェーデ ン・デンマーク・フィンランドなど北欧諸国から発信される家具やインテリアデザインの総称ですが、自然豊か な環境を背景に良質な木材など自然素材を多く使用した家具、飽きの来ないシンプルなデザイン、そして どのような部屋でも自然と溶け込む色合いなど、インテリアコーディネートとしてもまとめやすいというのが特 徴として挙げられます。

家屋に求める機能としての共通点が多いのが北欧スタイル

北欧諸国は総じて気温が低く、日照時間が短い季節もあるため、必然的に部屋で過ごす時間が多くな ります。多くの住居では、寒さを凌ぐための工夫があれこれなされており、家具や照明器具なども含め屋内 で快適に過ごせることを念頭にデザインされているものが多く、実用性や機能性が高いという点もメリットと して挙げられます。

木製の家具はもちろんですが、暖色系のテーブルであったり、ファブリック地のソファーであったり、角のない 丸みを帯びた小物であったりと、視覚的に暖かさを感じることができるアイテムでまとめると北欧風のオシャ レな部屋に近づくことができます。木のぬくもりは、日本国内でも大切にする居住空間のポイントになります ので、北欧インテリアは日本人が家屋に求める機能としての共通点が多いと言えます。

北欧インテリアコーディネートのコツとポイント

実際に北欧家具を活用した 誰でもできる簡単北欧スタイルコーディネートのテクニックを少しだけご紹介します。

【STEP1】:北欧カラーを合わせよう
A、部屋のベースカラーはナチュラルカラー。 白っぽい色が好ましく、壁は白、床はフローリングで一気に北欧風を醸し出すことができます。
B、アクセントカラーを決めましょう。

ナチュラルなグリーンやブルー、赤や黄色、オレンジなどアクセントカラーを取り入れることにより、 シンプルにまとまった部屋のワンポイントアクセントとなります。
【STEP2】:家具のデザインはシンプルに 北欧のインテリアはシンプルなデザインが多く、丸みの帯びた木製の家具を置くことにより、角のない 柔らかな雰囲気の空間を演出できます。
【STEP3】:北欧ファブリックの家具やアイテムを配置する 独創的なプリントと色づかいによって世界的に広く知られるマリメッコなど、カラフルな色使いと大胆な大判 の柄、植物や動物をあしらった北欧ならではの柄などのソファーをはじめ、カーテン、ラグ、ベットカバーなどを 活用しましょう。グリーンやオレンジは北欧スタイルの定番カラーと言えます。
この 3つのポイントを押さえることで、北欧風のオシャレなお部屋に近づくことができます。また、照明につい ては蛍光灯を用いずに白熱灯で暖かさを演出したり、間接照明を用いて木製家具が目立つようにしたり、 ちょっとした工夫1つで北欧スタイルが完成!?さらに、観葉植物を置くことによりアクセントカラーとなるグ リーンを取り入れたり、壁にファブリックや絵をかけたり、ウォールステッカーを貼ったりと、あとはお好みでシンプ ル&ナチュラルを念頭に入れてお楽しみください。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加