japan 和風家具・アジアン家具でインテリアコーディネートをまとめてみませんか!?

現代風にアレンジされた和風家具に再注目!?

近年、日本国内の住居の多くは洋風を意識した作りに変遷しつつあり、日本古来の畳部屋などは少なくなりつつありますが、戸建てにせよマンションにせよ、ひと部屋ないしは部屋の一角だけ和の空間を作ったり、洋風と和風を融合させた新たな居住空間を創る傾向も見受けられ、完全に日本古来の和風インテリアが淘汰されているわけではありません。一般的に和室というと、畳部屋に桐箪笥&押入れというイメージが根強いかもしれませんが、諸外国では日本古来の家具を今の時代に即した形でアレンジした家具やインテリア雑貨が人気で、様々なアレンジを経て新たな和風インテリアの地位が確立されつつあります。

日本ならではの和風家具と国内外のデザイナーがクリエイトする和風イメージの融合により、古き良き日本の居住空間を残しながら、現代の生活にマッチした和風インテリアに再注目してみるのも良いかもしれません。

和風家具は低い目線と機能性を重視

古き日本家屋は基本的に畳の部屋で占められており、人の多くは”床に座り・低く暮らす”というのが一般的でした。畳に使われる「い草」の香りを楽しむためにも、正座やあぐらなど直接床に座るという生活文化があり、文机や座椅子、座布団など日本独特の家具や雑貨などがあることは、外国人からしてみると非常に斬新なアイテムであると言えます。特に畳に使われる「い草」は、その香りによってリラックスできたり、抗菌や吸湿などに優れているとも言われおりますので、機能性という観点でも見直されており、畳の部屋にマッチする和風家具もまた人気が高まっています。

和風家具の特長として、前述のとおり床に座った時の目線を重視しており、その多くがロースタイルデザインを採用、狭い部屋でも圧迫感を感じることなく生活することができます。近年では、現代の生活文化に即したモダン的なローテーブルのほか、高さのない和風ローベッドなども人気です。

和風家具におけるコーディネートテーマは「和風モダン」

和風家具でのインテリアコーディネートは、各ショールームや販売店でも専門コーナーを設けたりして、古くからの日本の生活文化を踏襲しつつ、近代的なデザインの洗練されたアイテムが多く取り揃えられております。みなさんがイメージされる和風家具というより、現代風にアレンジされた「和風モダンテイスト」と位置付けになるかもしれませんが、ソファーにせよダイニングテーブルにせよ、現代の住環境に溶け込むように対応できるよう仕上げられております。

和風家具を含めたアジアンテイストの空間作りも人気で、これら家具の特長としては、ラタンやバンブーなどの自然の風合いを生かした素材が多い点と、赤や青などの原色は使わずに茶色などの暖色系が多いという点が挙げられます。部屋全体を和風ないしはアジアンテイストでコーディネートをする際は、こうした自然素材アイテムを中心に配置し、アクセントとして観葉植物などの緑を配置、蛍光灯照明は避けることがポイントです。インテリアコーディネートについては、家具・インテリアコーディネートの基礎知識(入門編)も参考にしてみてください。

オススメの和風家具ブランドのご紹介

これらのように和風家具やアジアン家具は、欧州家具とはまた違った視点での作られているものが多く、日本の生活文化に合わせ機能的にも優れたデザインになっています。生活導線上、1つの部屋や空間で欧州家具と融合させるのは難しいかもしれませんが、選ぶ和風家具によってはオシャレな和室を作ることも十分に可能です。和室に配置する座卓や座椅子のほか、和風テイストのソファーやベッドなど、各販売店で様々な和風家具が販売されておりますので、理想の和室作りに挑戦してみましょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加