italy オシャレセンス抜群!イタリア家具の特徴とコーディネート

伝統を重んじるも人気の中心はイタリアンモダンへ

日本でも”オシャレ”の代名詞としての認知が高いイタリア製ブランド。ファッションブランドや車に至るまで、イ タリアンブランドは業界問わず常に先進的なデザインを世界に発信してきました。各業界で名だたるデザイ ナーを輩出しているイタリアは、世界的にも憧れの的と言っても過言ではなく、家具業界でもイタリアンモダ ンと言われる主に建築家と中心としたデザイナーによる自由な発想を活かした家具やインテリアデザインが 人気を博しています。

古くから、世界一の輸出量を誇ってきたイタリア家具ですが、18 世紀ころから主流となったロココ様式の伝 統的なアンティークデザインから、大胆なフォルムの近代的なモダンデザインまで、様々な変化を経て洗練 されてきました。そんなイタリア家具の特徴やコーディネートをご紹介いたします。

家具デザインの様式は新旧で対極的!?

上述のとおり、イタリア家具の特徴として曲線美を活かしたデザインが施された伝統的なロココ様式の家具 と、日本国内でも店舗展開している「カッシーナ」に代表されるような近代的なイタリアンモダンに分けること ができます。前者はアンティークとしての人気も高く、後者は世代を問わず日本人にも受け入れやすいデザ インと言えます。

ロココ様式の家具は、もちろん家具としての高い実用性も兼ね備えておりますが、装飾が多く芸術品的な 側面もあるので、その家具にマッチする空間作りやコーディネートを考慮すると多少の知識が必要かもしれ ませんが、イタリアンモダンを中心とした家具であれば日本向けにサイズダウンした、多彩なカラー展開もの も多く販売されていますので、気軽にインテリアコーディネートを楽しむことができます。

機能性に特化した妥協を許さない職人の技術

イタリアの 3 大家具産地と言えばロンバルディア、ヴェネト、トスカーナが有名ですが、多くの製造工場は数 名の家具職人が在籍する小規模な工場で、優れた技術を持つ職人が多いと言われています。明確な 定義こそないイタリアンモダンですが、全体的なスタイルを見る限り、配色自体はシンプルで余計な装飾も なく洗練されたイメージ、機能的で無駄がないという傾向があり、特に実用性については耐久面も含め高 い水準にあると言え、古くから伝統を受け継ぐイタリアの家具職人の妥協を許さない技術が家具一つひと つに埋め込まれています。

日本国内でもリビング用のソファやダイニングチェア、テレビボードなどが人気で、その多くが単色のシンプル な色使いである一方、家具一つひとつが重厚で存在感が大きいので、高級感があるセンスの高いインテリ アにまとめることができます。

デザイン性に富んだイタリアンモダン家具

日本でもインテリアコーディネートにこだわる方に人気の高いイタリアンモダン。国内にも冒頭にお伝えした 「カッシーナ(Cassina)」のほか、B&B、カルテル(Kartell)、ミノッティ(Minotti)などは都内を中心にショー ルームを構えています。日本向けにアレンジこそされていますが、やはり中心は大型のファブリックソファーや 本皮ソファー、ダイニングテーブルなど、手軽に購入できるアイテムではないため、しっかりと下調べや比較を したうえで実際のショールームに足を運ばれることをオススメいたします。また、インテリア雑貨からコーディネ ートを始めようとするなら、アレッシィ(ALESSI)やアンリークイール(HENRY CUIR)などもイタリアン 雑貨として人気があります。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加