iittala 北欧スタイルのテーブルウェア最大手ブランド「イッタラ」

フィンランド南部・田舎町らしいガラス工房のデザイン

イッタラ(iittala)は、フィンランドのガラス工場から生まれた、美しく先進的なスカンジナビアンデザインで知られるテーブルウエアメーカーです。独特な個性を持ちながらも使いやすいこと。毎日の生活に楽しみと喜びをもたらす、生活の中になくてはならない存在となること。デザインは持つ人の個性を表現し、決して持ち主を飽きさせないものであること。イッタラは、デザインの美しさはもちろんのこと、そのデザインが永久に人々にとって魅力的であり続けるようなタイムレスなデザインを追い求めています。

イッタラのルーツは、1881 年までさかのぼります。フィンランド南部にあるイッタラ村のガラス工場からスタートしたイッタラは、ヨーロッパ諸国で作られていたような、吹きガラス、型押しガラス、磨きガラス、彩色ガラス、彫刻ガラスを作っていました。20 世紀に入り、食器類に様々な装飾を施すデザインが主流となる中、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルトおよびカイ・フランクによって、イッタラのデザインは、機能的で美しく、かつシンプルで先進的なスカンジナビアンデザインへと変わっていきました。

食器類と言えど北欧マインドが根付く製品群

日本国内でも多数の店舗展開をしているイッタラは、北欧スタイルのインテリアショップとして知られており、テーブルウェアをはじめ、各種食器やワイングラスなど、様々なインテリアデザインをコーディネートするショップです。上述のとおり、ガラス工房が始まりのブランドだけに、ガラスや陶器製品の多さが特徴で、その可愛らしい多くの製品は特に女性に人気が高く、フィンランドの田舎町らしい雰囲気を醸し出しています。

数多くのガラス食器などは、ギフトとしてもたいへん喜ばれるアイテムで、日本国内ではなかなか存在しないデザイン性はもちろん、ガラス工芸や美術品としての役割も担っています。陶器類に関しては、鮮やかない色使いが特徴で、北欧ならではのシンプルなデザインながらも、ある程度の存在感を出す色使い、そして機能的にも使いやすく日本人受けも非常に良いのが特徴です。

こだわりは家具だけでなくテキスタイルにも

現代では、流行にとらわれることなく一生に渡って使える、飽きることのないデザインに価値を見出す人々が増えています。現在のイッタラのコレクションには、新しいデザインだけでなく、80 年以上前からあるデザインの製品も含まれています。高いクオリティを追求し続け、努力し続けているイッタラの製品に裏切られることはないでしょう。ガラスなのに温かみを感じることができるイッタラのテーブルコーディネートでまとめてみると、その本質が多少なりとも理解できるかもしれません。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加