sense コーデアイデアを磨いてセンスアップ!初心者からの脱却テクニック

コーデアイデアを磨いてセンスアップ!初心者からの脱却テクニック

オシャレでセンスのいい部屋ってどんなコーデ?

友だちに「オシャレだね!」「センスいいね!」といわれたり、「この家具、どこで買ったの?」なんて聞かれたりすると嬉しいものですよね。

ですが、インテリアを頑張ってコーディネートしたつもりでも、どこか垢抜けない印象になってしまうことがしばしば…。ショールームやインテリアショップのようなオシャレな空間を再現するには、どうしたらいいのでしょうか。

そんな悩みのある方はもしかすると、ふらっと立ち寄ったショップで気に入った雑貨を見つけたとき、部屋のインテリアやすでにある物のことを深く考えずに購入してしまいませんか。

このように何も考えずに家具や雑貨をレイアウトしていくと、いろんなテイストが混ざり合ってしまいます。1人暮らしで自分の好きなものがはっきりしている場合であれば、異なるテイストが入り込むことは比較的少ないかもしれませんが、家族がいる場合は、それぞれが好きなものを集めてくると、テイストが混ざり合ってバラバラになってしまいがち。

コーディネートにおいてインテリアの統一感は重要なポイント。

いくらオシャレな家具や雑貨をそろえても、テイストがバラバラだとセンスのいい部屋にはなりません。センスのいい統一感のある部屋を作るには、まずはインテリアのスタイルを決めてコーディネートしましょう。

インテリア初心者はコーディネートのアイディアも浮かばないかもしれませんが、そんなときはピンタレストやインスタグラムなどで一般ユーザーの画像を参考にしてみるのも良い方法です。

▼関連記事
センスの良さをアピール!家具の配色パターン例

 

お決まりの定番スタイルから個性で差別化を図ろう

コーディネートをする前に、まずはインテリアのスタイルを決めていきましょう。といっても、さまざまなスタイルがあるので、インテリア初心者はどのスタイルにしようか悩んでしまうもの。そんなときは自分が快適で心地よいと感じる空間になるように選べば間違いありません。

定番スタイル

・ナチュラルスタイル
色は白やベージュといったナチュラルカラーと、木の温もりを感じられる木目調の家具。そして、観葉植物のグリーンも似合う心地よい空間。

・モダンスタイル
シンプルながら高級感があり、洗練された都会的なスタイルでシンプルモダンや北欧モダンなどスタイルもさまざま。

・エレガンススタイル
上品で優雅な印象のヨーロピアンスタイル。華やかで、女性的なラグジュアリーな雰囲気が人気。

・クラッシックスタイル
猫脚など装飾が印象的な、重厚感のあり伝統的なヨーロッパ様式を取り入れたアンティーク調。

・和風スタイル
日本ならではの、畳や障子を活かして和の美しさを表現。白木のような明るい木目やダークブラウンの直線的な木製家具が特徴。

個性的スタイル

・ミッドセンチュリースタイル
1940年~1960年代にアメリカで生まれたデザイン。成形合板やプラスチック素材も多く取り入れられ、曲線的なデザインや軽快なデザインが特徴。

・デコラティブスタイル
シンプルスタイルの対極に位置する、カラーやデザインの面で目立つスタイル。

・シャビーシック
質の良いアンティークを使った上品で優雅な印象。可愛らしくも、落ち着きがあるので、女性の間で人気のスタイル。

・カントリースタイル
素材を活かす温かみのあるナチュラルさは、素朴でのどかな外国の田舎風な印象に。

・アーバンカントリー
生活感のない都会的なアーバンスタイルと素朴さとぬくもり感のあるカントリースタイルを組み合わせたもの。カントリー調にも関わらず、洗礼された大人の印象。

・北欧モダン
カラフルなファブリックに、木の温もりを生かしたナチュラル素材のシンプルなデザインの北欧スタイルをモダンに仕上げたもの。

このように多くのスタイルがありますが、北欧モダンやアーバンカントリーなど、お好みのスタイルを上手に組み合わせれば、オリジナリティあふれるコーディネートになりますよ。

▼関連記事
北欧?アジアン?スタイル別インテリアコーディネートの基礎

 

基本を押さえつつ、差し色グッズでアクセントを作ろう

コーデアイデアを磨いてセンスアップ!初心者からの脱却テクニック2

テイストの違うアイテムを飾ると統一感が出ないとお伝えしましたが、色の使い方でも同じことがいえます。

赤や青、黄色に緑など、さまざまな色を取り入れてしまうと、ごちゃついた印象になりがち。もちろん、ボヘミアンやエスニック調、レトロなスタイルのインテリアはカラフルですが、あくまでもそれぞれのスタイルにあった特徴的な色遣いをしているのでインテリアには統一感があります。

このようなカラフルなお部屋は活力を感じますし、独特の個性を出せますが、色や柄のコーディネートが難しく、インテリア初心者には少々ハードルが高いこともあるので、過去記事 「▼家具・インテリアの配色を工夫して素敵な部屋を目指そう」でもご紹介してあるようにベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3色を基本に配色しましょう。

たとえば、壁や床のベースカラーを白やベージュ、家具などのメインカラーは茶色、アクセントカラーは緑のクッションや観葉植物、というようにレイアウトすることにより、ベーシックながらもアクセントのきいたお部屋になります。

もちろん、部屋全体を白やグレーでまとめて、スタイリッシュにみせるためにアクセントカラーを黄色や青をチョイスするのも失敗しにくい配色ですよ。

差し色に便利なグッズは

クッション
ゴミ箱
花びん
アートパネル
スツール
ラグ
カーテン

などがあり、ラグやカーテンなどの面積の大きなものは色や柄によりインパクトが強すぎることもありますので、大きな面積にアクセントカラーを入れるなら柄の一部にアクセントカラーの入ったものや、色調をおさえたものがおすすめ。

▼関連記事
家具の色でメリハリを!色彩効果を活用したコーデテク

いかがでしたか。
インテリアのスタイルと色の使い方次第で、インテリア初心者でも簡単にオシャレなお部屋を作れてしまいますよ。コーディネートのコツやアイディアを覚えて、自分だけの快適な空間を作り上げましょう。

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!