wagon_caster インテリアに調和するキャスターワゴンの機能性と活用アイデア

インテリアに調和するキャスターワゴンの機能性と活用アイデア1

お部屋すっきり!実用性があってインテリアにも調和するキャスターワゴン

ものを収納したまま移動が可能で、とても使い勝手のいいキャスターワゴン。
大型で重さのあるものや、逆に手に持ちきれないこまごましたものなどを収納したまま使いたい場所に運べるのは本当に便利ですよね。

キャスターワゴンが活躍するシチュエーションのひとつに美容室があります。美容師さんがスプレーボトルやダッカール(カットやカラーの時に髪を挟んで留めるヘアアクセ)、ロッド、輪ゴムなどの備品をワゴンからテキパキ取り出したり、カットした髪が床に散らばった時にはワゴンを動かしてスマートに掃除している光景を見たことがあるのではないでしょうか。

実用性重視のアイテムかと思いきや、キャスターワゴンのデザインをインテリアのスタイルに合わせて選ぶことで、

機能性なだけでなくインテリアに調和させる

ことができるんです。

そこでこの記事では、そんなキャスターワゴンの活用方法やインテリアのスタイルに合わせたデザインについてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

▼関連記事
キッチンテーブル選びの鍵は機能性!見た目もGoodなキッチンコーデ

 

各部屋にひとつずつ、機能性抜群のキャスターワゴンの活用アイデア

近年、キャスターワゴンをインテリアに活用する方が増えてきており、従来の機能性を重視した使い方から、オシャレアイテムとしての魅せ方まで、取り入れ方も多岐に渡ります。ここでは各空間ごとのキャスターワゴンの活用事例を踏まえながら、

キャスターワゴンのこんな使い方!

についてご紹介していきます。

キッチンでの活用事例

キッチンでの活用事例
調味料や食品、常温保存できる野菜や果物などの収納、ディスプレイとして活躍します。手狭なキッチンでも状況に応じて移動できるので、普段は収納として使いつつ、調理中の作業台や出来上がった料理の運搬など、色々な使い方ができる天板の広いタイプがおすすめです。ただし、ものをたくさん載せた状態でワゴンを動かすと、床のフローリングにキャスターの跡がついてしまう場合があるので、キャスター部分の素材にも注意が必要です。

リビング・ダイニングでの活用事例

リビングダイニングでの活用事例
電気ポットや取り分け用の皿を収納したり、ダイニングテーブルに料理が乗りきらないときに一時置きのサイドテーブルとしても使えるワゴンが便利です。ティッシュやナプキン、カトラリー類、調味料を収納しておけば、テーブルの上が散らからず、食事中に何度も席を立たなくて済みます。

リビングにおけるキャスターワゴンは、やはりティーポットや茶器セットとのコンビネーションがお似合い。お茶受けの菓子を置いておいたり、下段はマガジンラックとして活用するなど、ワゴンとして移動させなくてもインテリアとしてリビングを彩ってくれます。

ディスプレイとしての活用事例

ディスプレイとしての活用事例
冒頭の写真のように、キャスターワゴンに鉢植えのハーブを置いてミニガーデンを楽しむといった活用方法もあります。日当たりの良い場所に移動できるのもキャスターワゴンの魅力のひとつ。また、ワゴンの天板に小ぶりなスタンドライトを置いたり、アロマディフューザーを配置するのも定番コーデのひとつ。

ディスプレイとして活用する場合は、部屋の雰囲気となじむデザインを選ぶようにしましょう。


▼関連記事
ダイニングテーブルの下を活用!収納アイデアで利便性を高めよう

 

インテリアに調和するキャスターワゴンのデザイン

インテリアに調和するキャスターワゴンの機能性と活用アイデア4

このように便利に使えるキャスターワゴンは、デザインや材質を選んでインテリアに調和させることで、見せる収納としてオシャレな部屋の演出にも一役買ってくれます。そんな、オシャレアイテムとしてのキャスターワゴンのコーディネートをスタイル別にご紹介いたします。

インテリアのスタイル別・キャスターワゴンの種類

≪ナチュラルスタイル≫
木のぬくもりを基調としたナチュラルスタイルなら、上記イメージでご紹介したような天然木や木目調のキャスターワゴンがベスト。フレーム部分は金属でも、天板部分が木材ならコーディネートから浮いた存在にはならないでしょう。パイン材などのナチュラルカラーは軽やかな印象になり、エレガントさを出すならフレーム部分に装飾が施されているデザインがおすすめです。

≪アーバンスタイル≫
クロームメッキやステンレスなど、金属的でクールな質感の素材やガラスの天板などのスタイリッシュなデザインとの相性が良く、都会的なインテリアにぴったりです。天板にはグレーやダークブラウンなどの濃い色、そして直線的なデザインのキャスターワゴンを選べば、アーバンスタイルにも調和し、リビング・ダイニングのアクセントしても役割を果たしてくれるでしょう。

≪アンティークスタイル≫
ティーセットなどが良く似合いそうなアンティークスタイルにおけるキャスターワゴンは、ハンドルやフレーム部分に豪華な装飾が入ったデザインがおすすめ。楕円形のキャスターワゴンだとよりアンティークさが出る傾向にありますが、部屋に置いている家具の形とのバランスも考慮しましょう。上品なティータイムを演出してくれます。

いかがでしたでしょうか?意外と馴染みの薄いキャスターワゴンですが、実用面ではもちろん、

インテリアコーディネートのアイテムとしても活用できる貴重な存在

なのです。もちろん、リビングやダイニングだけでなく、ベッドルームのサイドテーブルとしても活用できるので、各部屋にキャスターワゴンを置いてもOK!簡単に移動できるというメリットとアイデアを活かして、機能性の高いオシャレな空間を実現しましょう。

▼関連記事
猫脚や象嵌(ぞうがん)細工が魅力なイタリア製サイドテーブルで高級感を演出

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!