家具全般&インテリアのブログ家具・インテリアの配色を工夫して素敵な部屋を目指そう

家具・インテリアの配色を工夫して素敵な部屋を目指そう

「新しい家具を買ったけど、いざ家に置いてみたら部屋の配色のバランスがおかしくなってしまった・・・」
部屋の配色を考えずに家具を買ってしまうと、こうした失敗をしてしまうことが多いです。

家具・インテリアを効果的に魅せるには、配色に関する知識が必要です。配色の割合や配置、使い方を覚えれば、だれでも最適なカラーコーディネートができるようになります。

今回は家具・インテリアの配色を工夫して、部屋を素敵にする方法をご紹介。
カラーコーディネートがうまく出来るようになりたい方におすすめの記事です。

部屋のテーマを決定する。初心者さんには北欧風がオススメ

北欧風インテリア

部屋づくりの初心者さんは、そもそもどんな色を取り入れれば見栄えがするのかよく分からないと思います。そんなときは、どんなテーマの部屋にしたいのかあらかじめイメージをつけておくと安心です。

たとえば北欧風の家具・インテリアはシンプルで使用する色味も少ないので、初心者さんにもオススメのテーマのひとつ。逆にビビッドなカラーリングが特徴のポップは、やり過ぎるとどぎつい印象になったりと難度が高く、上級者向けのテーマです。最初は無難でも失敗しにくいテーマで配色を学習しましょう。

黄金比を意識する

カレーライス

カレーライスは、ルーとご飯の割合は6:4がもっともおいしく食べられる比率だと言われているのはご存知でしょうか。もちろん「いやいや自分は5:5だよ」「7:3こそ至高のバランス」と人それぞれ好みにもよりますが、この「人間が最も●●と感じる比率」は「黄金比」とばれ、家具・インテリアの配色にも黄金比が存在します。

【家具・インテリアの配色における黄金比】
・ベースカラー:70%
・メインカラー:25%
・アクセントカラー:5%

 

・基本色:70%

カラーレイアウトイメージ4

「ベースカラー」とは、部屋の配色で最も多い割合を占める色のことです。家から家具などを全て取り払ったときの、天井や床などの内装に使われている素材の色を指します。

一般的には少し落ち着いた雰囲気を帯び、見飽きることがないアイボリーホワイトライトブラウンなどが使われることが多いです。

ベースカラーは住宅の建築時に既に決まっているため、変更するのは現実的ではありません。配色で独自色を出すには、次に説明するメインカラーやアクセントカラーを効果的に使う必要があります。

 

・メインカラー:25%

カラーレイアウトイメージ5

「メインカラー」は部屋の雰囲気を決める最も重要な色で、アソートカラーと呼ばれることもあります。

メインカラーはソファやダイニングテーブル、収納家具など、部屋のなかで大きなスペースを占める家具の色で決まります。

当然このメインカラーが多すぎると部屋の雰囲気が雑然としてしまい、落ち着かない印象に。

初心者さんはメインカラーは1色、多くても2色までに抑えておくと失敗のリスクが減らせます。

メインカラーを3色以上使いたい場合は、同じ茶色でも明度や彩度が異なる、同系色の色を使うようにしましょう。同系色は元の色相(色を層状にして分けたもの)が同じなので、視覚的なゴチャゴチャ感が緩和され、部屋全体に統一感を持たせることができます。

 

・アクセントカラー:5%

七色の傘

「アクセントカラー」とは、その名の通り部屋のアクセントになる色のことです。アクセントカラーを赤や黄色などビビッドな色にするとメリハリが生まれ、部屋の雰囲気にオリジナリティを持たせやすくなります。

アクセントカラーを取り入れやすいアイテムについて、次の「カラーコーディネートに役立つアイテム」でご紹介します。

カラーコーディネートに役立つアイテム

メインカラーとアクセントカラーは自分で決められます。どうせなら自分の好みを反映したアイテムで使いたいですよね。ここからは部屋の差し色になるアクセントカラーに使えるアイテム4つをご紹介します。

・ティッシュケース
・ゴミ箱
・観葉植物
・クッション

 

・ティッシュケース

ティッシュケース

ボックスティッシュは商品パッケージのまま使っている方も多いと思いますが、おしゃれな部屋を目指すならティッシュケースを用意しましょう。ティッシュもインテリアの一部として、部屋全体の雰囲気になじませることができます。

木製や布製、プラスチック製など、さまざまな素材や色のティッシュケースがあります。ナチュラルテイストの部屋には木製や布製が。スタイリッシュな雰囲気を出したい場合はプラスチック製がオススメ。

ティッシュケースが部屋全体の面積に占める割合は少なく、配色に与える影響も少ないので、派手めな色柄で冒険してみるのもアリです。

 

・ゴミ箱

カラーレイアウトイメージ8

ゴミ箱もティッシュケースと同様、そのまま置くと生活感が出やすいアイテムです。おしゃれなゴミ箱が多数発売されているので、お好みのものを選んでインテリアに活用しましょう。

派手めな色を選べば、部屋のアクセントカラーとして十分利用できますし、「ゴミ箱は部屋の雰囲気にそぐわないから来客時には隠しておこうかな・・・」などの心配もしなくて済みます。

 

・観葉植物

観葉植物

観葉植物も部屋の雰囲気を決める重要なアイテム。部屋に有機物を取り入れることで、和やかなテイストを醸し出すことができます。

手入れがしやすく、日光を特に必要としない、育てやすいものを選ぶと良いでしょう。

「ウンベラータ」や「パキラ」など形もさまざまです。

園芸店などで自分にぴったりの観葉植物を探してみましょう。

 

・クッション

カラーレイアウトイメージ10

クッションはお手頃な価格で入手しやすく、また色味もたくさん用意されているので自分の好みの色を反映させやすいアイテム。
初心者さんはソファを中心にアクセントカラーを出すと、インテリア配色を上手に調整できます。

色味が落ち着いた部屋には派手な色、明るい色が多い部屋にはあえて落ち着いた色味のクッションなどを取り入れて、いろいろ工夫してみましょう。

まとめ

今回は配色にフォーカスして素敵な部屋をつくるコツをご紹介しました。
カラーリングは家の雰囲気を決める重要な要素。家具・インテリアの配色を意識するだけで、部屋のおしゃれ度はぐっと上がります。

 

家具・インテリアのアウトレットセール情報サイト「Seiloo」では、メインカラーとなる家具やカーテン、ラグなどがお得に購入できるイベント情報を毎日更新中。
開催中のものから1か月先のイベントまで簡単に検索可能です。ぜひ下記バナーから最新情報をチェックしてみてください。

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!