luxury 【あふれ出る高級感】大人のリビングルームのコーディネート実例

【あふれ出る高級感】大人のリビングルームのコーディネート実例1

優雅なひと時を過ごせるシックな大人コーディネートを

家族が集まるリビングルームには、明るいナチュラルカラーでまとめたインテリアも素敵ですが、大人だけの時間を満喫できるような、

シックで上品な雰囲気なインテリアコーディネート

を取り入れてはいかがでしょうか。

シックなインテリアとは、白や黒、グレーなどの無彩色やブラウンやベージュなどのアースカラーをベースにアクセントカラーを加え、シンプルなモダンデザインの家具をレイアウトします。

一見シンブル過ぎて見えることも多いのですが、

素材や色にこだわることで高級感を演出させる

ことができるんです。

たとえば、明るい色味のフローリングの部屋にナチュラルカラーや白っぽい色の家具をコーディネートすると高級感はあまり感じられませんが、ダークカラーの家具でコーディネートすればシックに高級感を与えることができるでしょう。さらに、ガラスや大理石などでできたリビングテーブルや、ガラス扉のキャビネットを配置することで、より上質な空間に仕上げられます。

また、ハイセンスな洗練されたデザインの家具を配置する場合には、

それぞれのアイテム自体が主張し過ぎずに統一感を出すことが重要となり、
こだわりの家具をバランスよく配置することがポイント。

このようなことを意識してコーディネートすることにより、高級感を感じさせつつも洗練した大人のリビングを実現することができます。今回はそんな大人リビングに欠かせないアイテムと、コーディネートの実例を紹介していきます。

▼関連記事
アンカーテキストインテリア上級者に学ぶ!大人の部屋を演出するインテリアコーデ

 

カウチソファはマスト?!高級感を演出する必須アイテムとは

【あふれ出る高級感】大人のリビングルームのコーディネート実例2

さて、大人リビングに欠かせない高級感を与えるインテリアとはなんでしょうか。
ソファやラグ、照明や植物。もちろん、アートなどの定番アイテムは欠かせません。

中でも、ソファにはこだわりたいもの。高級感を醸し出すアイテムとして今も昔も人気のレザーソファは、中世ヨーロッパの鋲飾りやボタン留めのチェスターフィールドソファなどの装飾の凝ったようなものではなく、

背もたれ部分や座面の継ぎ目が少なく、しっとりと柔らかな質感のレザーソファ

であると、今人気の洗練された空間に仕上がります。もちろん、シックなオシャレさを求めるならレザーソファに限らず、

ファブリック張り地のカウチソファやL字ソファなどの大型ソファがおすすめ。

レザーソファに比べて低価格で購入できることもありますが、取り外し可能なカバーソファであればカバーを外してクリーニング可能ですし、色や柄、素材の異なるカバーを揃えておけば簡単に模様替えをすることができるのです。

そして、ソファの足元には、毛足の長いラグジュアリーな印象のシャギーラグやペルシャ絨毯などの上質なラグを配置しましょう。ここでのポイントは、

ソファの色に似ているカラーのラグを選ぶこと。

トーンの違った色味がおすすめで、ソファとラグが馴染みすぎることを防げます。部屋全体の色と統一させすぎてしまいますと、部屋全体がのっぺーりとした平面的な印象になってしまいますので、立体的に見せることで空間を広く見せることができます。

もちろん、ソファとは異なる色のラグでもいいのですが、先ほどもお伝えしたように大人リビングにおいて大切なことはバランスであり、異なる色だとソファかラグのどちらかの印象を強めてしまいます。どちらか一方の印象を強めないためにも、同色にまとめるのがおすすめなんです。

さらに、フロアランプやアート、植物などを配置しましょう。
これらのアイテムをインテリアに取り入れるだけで、優雅な印象を演出できるものです。

照明器具やアート、植物については下記の過去記事を参考にして下さいね。

▼関連記事
照明器具を支点にした「オシャレなリビング・ダイニング」の作り方」
花や緑のこんな活用法も 植物を取り入れたインテリアコーディネート」
複数枚組み合わせて上質なモダン空間を演出!高野木工のアートパネル「BLUCANARIシリーズ」

 

配色を意識した大人リビングのコーデ実例

【あふれ出る高級感】大人のリビングルームのコーディネート実例3

上の写真のようなグレーでまとめたインテリアは、近ごろ人気な大人リビングのカラーコーディネート。

部屋全体をグレーで統一し、黒のツヤがあるリビングがモダンな印象を高めています。
さらに、背後にある照明は、和紙に包まれたような光を照らし出す「和」を彷彿させます。

このような和とモダンを組み合わせた「和モダン」も上質な大人の空間を演出するのに最適なスタイル。和モダンに仕上げるなら、過去記事「▼【日本ならではの美しさ】人気の和モダンリビングのコーディネート」でも紹介してあるように、和のエッセンスを取り入れることがポイント。ソファの足元には畳を置いたり、格子のパーテーションを配置しましょう。

なお、和モダンに仕上げる差し色としては、朱色やエンジ、山吹色や抹茶色などがおすすめですが、和の印象に限らず大人な空間に仕上げるグレーを基調とした配色を見ていきましょう。

《グレー+パープル》
グレーは他の色と合わせやすく、そして上品にまとめてくれる便利なカラーです。そんなグレーにパープルを配色すると、大人な女性な印象を与えられます。また、精神のバランスを取るカラーとして、精神的に落ち着きを与える効果を期待できるでしょう。

《グレー+ブルー》
近ごろ人気が高まりつつある、ブルーとグレーを合わせたブルーグレーはいかがでしょう。それぞれの色の明るさや鮮やかさによって、グレーの洗練されたイメージを落ち着いた雰囲気に見せたり、優しい印象にしたりすることができます。

《グレー+ホワイト》
定番の組み合わせですが、無味乾燥な印象に仕上がってしまいますので、ライトグレーでまとめた場合には全体を引き締めるために、ダークグレーのアイテムを取り入れましょう。

《グレー+ブラック》
無彩色の白と黒のトーンの違うコーディネートは色の配分によって、部屋の印象を大きく変化させます。ダークカラーの床(ラグ)に明るい色のソファをレイアウトすれば、上品な印象にまとまりますし、白っぽい床(ラグ)にダークカラーのソファをレイアウトすると重厚感がでます。

このように組み合わせる色や明るさ・鮮やかさ次第で、部屋の印象は大きく変わります。あなたが求める大人リビングは何色でしょうか。なお、グレーにオレンジやライトグリーンなどの明るい色味を配色すると、ナチュラルテイストや北欧テイストに仕上がってしまい、高級感とは違った印象になりますので、トーンの落ち着いた色味を選びましょう。

▼関連記事
色の使い方・配色を考えてカラーコーディネートを!

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!