kitchen_s 買い足すならこれ!狭小キッチンの収納力を最大化する収納家具あれこれ

買い足すならこれ!狭小キッチンの収納力を最大化する収納家具あれこれ1

限られたスペースだからこそ活きるキッチン収納家具

「狭いキッチンのせいで料理をする気になれない…」1Rや1Kの間取りはキッチンスペースが狭く、収納に頭を悩ませている人も多いかもしれません。

キッチンは、そのスペースに対して収納物が多い空間

フライパンや鍋など調理器具、電子レンジや炊飯器といった家電、その他調味料などは料理において必要不可欠なもの。キッチンの広さに応じて買い揃えるという訳にはいかず、収納スペースに乏しいと、フライパンがコンロの上に常に置きっぱなしだったり、調味料をコンロ脇に無造作に置いたりしがちです。

洗った食器を一時的に置く水切りラックが食器棚化していたりと、収納が足りないと「片づけられないキッチン」になってしまいます。このような状態にならないためには、

狭いキッチンだからこそ収納スペースを増やす

努力が必要になります。例えば、冷蔵庫とシンクの間にデッドスペースができてしまっているなら、そこに合わせた隙間収納棚を置くことで新たな収納スペースを作り出せます。収納棚を置くスペースがなければ、移動がスムーズなキッチンワゴンを活用する方法もあります。このあとご紹介する

コンロ下や吊り戸棚を機能的に活用できる収納グッズ

も多数ありますので、収納家具と組み合わせれば、狭いキッチンを快適で機能的なスペースに仕上げることができるでしょう。

今回は、それらキッチンまわりの収納家具や収納アイテムについてご紹介していきます。

▼関連記事
キッチンテーブル選びの鍵は機能性!見た目もGoodなキッチンコーデ

 

色々選べる!キッチン収納家具の種類と活用法

買い足すならこれ!狭小キッチンの収納力を最大化する収納家具あれこれ2

キッチンまわりの収納家具には、棚の下段がゴミ箱設置用のスペースになっているものや、炊飯器の蒸気があたらないよう棚がスライド式のキッチンボードなど、使い勝手を考慮して製造されているものが多数あります。

ダイニングボード

食器や常温保存できる食品のストック、電子レンジや炊飯器などをまとめて収納するのに便利なダイニングボード。上段は扉付きの棚、下段は引き出し、全面引き戸タイプなどがあります。高さは180cm前後のハイタイプや、カウンターとしても使える90cm前後のロータイプなどがあり、幅のバリエーションも様々です。

奥行き30cmほどの超薄型のダイニングボードの場合、電子レンジなどは置けませんが、狭いキッチンでも動線に支障が出にくいでしょう。調味料や食器などの収納におすすめです。

キッチンカウンター

カウンター下が収納棚になっていて、電子レンジなどの家電やごみ箱を置ける仕様になっているものもあります。作業スペースが少ないキッチンやダイニングとの間仕切りとしても使えます。キャスター付きのキッチンカウンターは、レイアウトの変更や掃除のときにも移動が簡単です。

キッチンワゴン

キャスター付きの収納棚であるキッチンワゴンは、荷物を乗せたまま楽に移動できるため、収納家具の定位置が確保できない部屋に最適です。調味料置きや野菜ストッカーとしても利用できる上に、作業スペースとしても活用できます。また、木材天板にアイアンフレームのキッチンワゴンであれば、配膳ワゴンやサイドテーブルとしてもオシャレに見えるでしょう。

隙間収納棚

わずかな隙間を有効活用できる収納棚。幅や高さのバリエーションが豊富で、デッドスペースに合わせた収納棚は調味料や食料・飲料ストッカーとして便利です。下段がゴミ箱になっているタイプや、キャスター付きの棚全体を引き出して使うタイプもあります。他の家具にマッチする高さと色を選べば一体化して、一見すると隙間収納棚だと気が付きにくいでしょう。

 

▼関連記事
アイランドからペニンシュラまで!オシャレで機能的なキッチンインテリア実例

 

機能性を最大化しつつオシャレさや遊び心も忘れずに!

買い足すならこれ!狭小キッチンの収納力を最大化する収納家具あれこれ3

このブロックでは、収納力をアップさせてオシャレにも見せる収納アイテムをご紹介します。

吊り戸棚ラック・フック

吊り戸棚の下にワイヤーラックやフックを取り付けるもの。
ラップやキッチンペーパーなどの雑貨を置いたり、お玉やフライパンなどキッチン用品を吊るして収納したりするのに便利です。吊るして収納するキッチン用品は、同じシリーズで揃えたり色を統一すると見映えも良くなります。

突っ張りラック

シンク上やコンロ脇のデッドスペースを有効活用できる突っ張りラック。
ケトルやフライパンなどの調理器具や調味料を置くのに最適。扉がなくサッと取り出せるので使い勝手も良いでしょう。水切りラックを兼ねたタイプやまな板置き、タオル掛けがついたものなど、多種多様な商品があります。

ウォールシェルフ

壁に簡単に取り付けられる小さな飾り棚。
お気に入りのカップや、瓶に入れたパスタなどを置けば、オシャレな空間に早変わり。石膏ボードの壁につけても跡が目立たないパーツを使えば、賃貸のお部屋にも使えます。

ほかにも、有孔ボードやワイヤーネット使ってラックやフックを作るのもおすすめです。広さに合わせた収納スペースを確保できるので、キッチンの壁一面を収納にすることも可能です。ダークカラーの有孔ボードや黒のワイヤーネットなら、インダストリアルやシャビーシックな男前キッチンに仕上げられますよ。

 
いかがでしたでしょうか?
何かとアイテムが多いキッチンまわり。収納力をアップさせるためには、家具はもちろん便利で機能的な収納グッズを積極的に活用しましょう。

限られた空間をいかに有効活用できるかがキッチン収納の秘訣

収納力をアップさせて、使い勝手のよいキッチンを作ってみてくださいね。

▼関連記事
ダイニングテーブルの下を活用!収納アイデアで利便性を高めよう

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!