functional-kitchen アイランドからペニンシュラまで!オシャレで機能的なキッチンインテリア実例

アイランドからペニンシュラまで!オシャレで機能的なキッチンインテリア実例

実はこんなにある!システムキッチンの種類

キッチンというと「料理をするためだけの空間」という認識はもう昔の話。
今やおしゃれで機能的なキッチンはもちろん、キッチンにおいてもスタイルに合わせたこーディネートを行なうことが当たり前になってきました。

最近では、対面式のカウンターキッチンや、キッチンの中央に独立したアイランドキッチンなど、さまざまな形状のキッチンが採用されるようになり、それに合わせてキッチンコーディネートの幅も広がりつつあります。

コンロや水まわり、収納までトータルでコーディネートされたシステムキッチンは、主にキッチンを使う女性にとってもテンションが上がりますし、機能性という部分においてもユーザーの需要に合わせて格段に進化しています。

そんな昨今のシステムキッチンですが、まずはご自宅のキッチンがどのタイプなのかを知る必要がありますので、一般的に採用されているキッチンの形状や名称をご紹介します。

「I」型キッチン
こちらは、アルファベットの「I」の形状が由来のキッチン形状で、水周りからコンロまで一直線に並んだコンパクトさが特徴。スペースに限りがある場所に配置できる標準型キッチンです。

「L」型のシステムキッチン
壁と直角の壁、二面を利用してL型に配置したキッチンで、電子レンジや食洗機、調理スペースなどを広く確保できるうえ、収納スペースも豊富に確保できるキッチン形状です。

U型、コ型のシステムキッチン
コーナーがふたつある、L型よりさらに広い調理スペースが取れるキッチン。コンロなどの調理部分と水まわりが分離されるため、機能的に動きやすいのが特徴である一方、コーナーがデッドスペースになることも・・・

ペニンシュラ型のシステムキッチン
最近の定番でもある対面型のキッチン。大抵の場合レンジフードが壁側に接しており、水まわりがカウンターとなってダイニングやリビングと隣接しています。家族とコミュニケーションをとりながら調理ができる点が最大の特徴です。

アイランド型のシステムキッチン
キッチンユニットが壁を離れて独立配置されているタイプ。キッチンのまわりを囲みながら、みなで調理ができるという他の形状にはないのが特徴。キッチン部分が一切壁に面していないため、収納が確保しにくいという点がデメリット。

大まかな分類では、これらのタイプが一般的です。
ご自宅のキッチンがどのタイプなのかを知り、トータル的なコーディネートを本格的に考えて行きましょう。

▼関連記事
キッチンテーブル選びの鍵は機能性!見た目もGoodなキッチンコーデ

 

キッチン形状の違いによるメリット・デメリット

キッチンの形状は、住居の形状によってある程度制限を受けてしまいますので、それほど選択肢が豊富というわけではありませんが、キッチン形状によるメリットやデメリットを考慮したうえで、その機能性を損なわないようにしなければなりません。

まずは、キッチン形状の違いによるメリット・デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

I型、L型、U型のメリット・デメリット

I型キッチンのメリットは、コンパクトなスペースでキッチンが完結すること。デメリットは、キッチンに立つ人が部屋に対して背を向ける形になるので、調理中は家族とのコミュニケーションが取りにくいという点にあります。また、奥まったスペースに孤立するような形になるため、キッチンスペース全体が狭い・暗いイメージになりやすく傾向もあります。

壁面にシステムキッチンが配置されるため、冷蔵庫の置き場や食器などの収納には何らかの工夫が必要です。一方のL型キッチンでは空間に余裕が生まれるため、収納に困ることはなく、暗いイメージは払拭できる点はメリットのひとつ。水まわりとコンロの効率的な動線が取りやすくなるという点もメリットになるでしょう。

ペニンシュラ型のメリット・デメリット

ペニンシュラ型キッチンの場合、比較的スペースがない空間でも壁面収納を充実させることができるというメリットがあります。また、コンロ部分が壁際に接していて部屋側にレンジフードの背面がある形が多いため、アイランド型に比べると換気や油汚れが気になりにくい傾向があります。

水まわりや調理台は、ダイニングやリビングに面したカウンターになっているため、料理をしながらコミュニケーションが取れるのがメリット。調理中も小さなお子様から目を離したくないというニーズにも最適です。

ただし、I型同様に食器類の収納スペースは、食器棚などを配置する必要があるため、そのスペースを確保できないキッチン形状だと、例えばできあがった料理を盛り付けるお皿を離れた場所まで取りに行く、という動線の悪さが出てしまいます。

アイランド型のメリット・デメリット

アイランド型キッチンの最大のメリットは、なんと言ってもおしゃれで機能的であること。調理すること自体がエンターテインメント的になると言っても過言ではありません。機能面においても、キッチンの両サイドからの出入りが可能で、ご家族や友人と楽しく料理をしながらコミュニケーションが取れるのってステキですよね。

水まわりやガス、ないしはIHなどのコンロがどの壁にも面していないため、開放感も抜群で洗練されたモダンテイストのコーディネートなどにはベストマッチなキッチン形状ですが、調理時の音や匂い、煙などがリビングに充満してしまうというデメリットがあります。また、排気や排水の構造部分が複雑になりますので、他のキッチンとくらべると高コストになる傾向にあります。

 

キッチン形状と機能に合わせたインテリアアレンジ

アイランドからペニンシュラまで!オシャレで機能的なキッチンインテリア実例

これらのキッチン形状のメリット・デメリットを踏まえ、それぞれの形状にあったキッチンコーディネートを考えて見ましょう。

例えば、部屋の隅に追いやられた暗く・狭いイメージのキッチンであれば、なにより明るさや開放感を得られるキッチンインテリアを考慮すべきですし、広い壁面が見える開放的なペニンシュラ形状のキッチンであれば、壁面収納を充実させたり、壁アートを活用するなど、不足部分を補うイメージでアレンジしていきます。

壁面配置キッチンのインテリア
I型、L型、U型はオーソドックスなキッチン形状ですが、機能性を損なうことなく、おしゃれなキッチンにアレンジするためには、幾つかのパターンが考えられます。ひとつは「見せる収納」を目指すか、もうひとつは「隠す収納」を目指すかを決めておきましょう。

食器類も含めてインテリアグッズとして捉え、壁掛けフックや吊り下げ収納棚を活用してディスプレイするものコーディネートテクニックのひとつですし、逆にすっきりとさせた開放的なキッチンを目指すのであれば、収納を充実させて整然とした状態を保つよう心掛けます。

システムキッチンの色味と、冷蔵庫や収納棚などの色味を合わせるというのは定番のコーディネートですが、その他炊飯器や電子レンジなどの配色にも統一感を持たせると、キッチン全体に一体感が生まれ、まとまりも良くなります。

ただし、奥まったキッチンスペースだと他人に見られる機会が少ないため、せっかくのアレンジを評価してもらう機会に恵まれないかもしれません・・・

ペニンシュラキッチンのインテリアアレンジ

ペニンシュラ型のキッチンは、逆にリビングからの視線が気になるほど視界が開けますので、トータル的なコーディネートを特に重視したいキッチン形状と言えます。キッチンスペースの形状にもよりますが、リビングから見える側に食器棚などを置くと生活感が出やすくなりますので、収納部分の配置は機能性を考えつつも、

リビング・ダイニングからの視線

を考慮するようにします。
また、リビング・ダイニングから良く見えるという点を考慮すれば、部屋のインテリアスタイルに合わせて、質感や配色を統一するのがおすすめ。例えば、リビング・ダイニングがクール感を打ち出したシンプルモダンなのに、キッチンだけ暖かみのあるウッディースタイルだと、多少なりとも違和感を覚えるでしょう。

その他、モダンなインテリアなら一般的なキッチンもなじんでくれますが、アンティークなインテリアなどをお好みの場合は、キッチンのユニットをシャンデリアや吊り下げ天井ともマッチするアンティーク仕様にするか、間仕切りやカーテンを上手に使ってキッチンとリビングを仕切るなどの工夫をするとよいでしょう。

いかがでしょうか?
キッチン形状によって多彩な視点が生まれるため、コーディネートやアレンジのアプローチも変わってくるという点を理解し、機能性を損なわないよう、自身のイメージするキッチンコーディネートにチャレンジしてみてください。

▼関連記事
狭い部屋でもインテリアを楽しむ上手な収納スペースを確保術

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!