set 初めてでも失敗しない人気の布団セットの購入術

初めてでも失敗しない人気の布団セットの購入術

布団セットの内容とは?

敷き布団・掛け布団・枕などがセットになった「布団セット」は、一度に寝具一式を揃えることが多い新生活や、寝具を一新したいときに便利なため人気のあるアイテムです。ひとつひとつ選ぶ手間がかからないだけでなく、それぞれを単品で購入するより低価格で手に入れられることもあり、まとめて購入する際には大変お勧めです。

布団セットになっているアイテムは、

敷き布団・掛け布団・枕の3点を基本として、

その基本セットにそれぞれのカバーがついた6点セットや、収納袋もついた7点セットなどがあります。なお、ベッドで使用するための布団セットの購入をお考えの場合には、ベッドパッドやボックスシーツがセットになっているものもありますので、必要なアイテムが何なのかを確認しておけば、買い忘れを防ぎつつお得にお買い物ができます。

また布団セットのサイズは赤ちゃん用のベビー布団セットから、シングルサイズやダブルサイズなどさまざま。また、高価な羽毛布団やポリエステルなどの扱いやすい素材、抗菌防カビなど機能性の高いものなど、ひと言で布団セットと言ってもその種類は大変豊富です。

そこで今回は、初めて布団を購入する方でも失敗しないような、人気の布団セットの購入術をご紹介していきます。

 

布団セット選びで大切なこと

布団のセットはその内容はもちろん、サイズや色柄、素材、価格などさまざまなタイプが販売されていますので、どのようなセット内容のものを購入すればいいのか悩んでしまいがちですが、選ぶ上で大切な3つのポイントを見ていきましょう。

サイズ

はじめに布団のサイズを決めていきます。布団のサイズには、シングルやセミダブル、ダブルなどのサイズがあります。使用人数や布団を置くスペースなどでサイズを決めましょう。

・コンパクトなスペースに1人で寝る場合…セミシングルサイズ
・1人で寝る場合…シングルサイズ
・1人でゆったりと眠りたい方や体格大きな方…セミダブルサイズ
・2人で寝る場合…ダブルサイズやクイーンサイズ
・2人で広々と眠りたい方や家族で寝る場合…キングサイズや幅240cmのもの、320cmのものなど

▼関連記事
キング?クイーン?布団のサイズ選びの基礎知識

素材

羽毛布団や洗える布団などの素材はそれぞれ異なり、綿や羽毛、ポリエステルなど、さまざまな素材が使われています。綿布団の木綿わたは吸湿性・保温性に優れ、弾力性と復元性に富んでいますし、布団セットでもっとも多く販売されているポリエステルはお手入れがしやすく、さまざまな加工が施されています。このように素材にはそれぞれ特徴がありますので、好みやスタイルに合わせて選びましょう。

なお、敷き布団は素材により耐久性が異なるものです。ポリエステルや羊毛であれば3年程度が買い替えの目安となりますし、綿布団であれば3年を目安に3回くらい打ち直すことができますので、耐久性についても考えることが大切です。

▼関連記事
種類・素材別で見る布団の名称と機能・取扱いの違い

手入れ方法

布団の性能や清潔さを保つには、干したり洗ったりと定期的なお手入れが欠かせません。ダブルサイズなどの大きなサイズだと布団干しにも一苦労ですので、例えばセミシングル2枚を組み合わせるなど、購入する布団サイズを変えるのも一案です。また、月に1度程度しか干せないなら、まめな天日干しが必要としない素材を選びましょう。

▼関連記事
お布団長持ち!家庭でできる素材別お手入れテクニック

 

価格重視それとも機能性?人気の布団セットとは

初めてでも失敗しない人気の布団セットの購入術

届いてすぐに使える、とても便利な布団セット。人気の布団セットとはどんなものでしょうか。安さ一番の価格重視派や、高機能・高品質重視派など、ニーズはそれぞれさまざまです。どんな布団セットがあるのか、寝具大手メーカーの布団セットを例に見ていきましょう。

布団セット 4点 シングル 抗菌防臭加工

サイズ…シングル
素材…ポルエステル
セット内容…掛け布団、敷き布団、枕、枕カバー

進学や新社会人の1人暮らしのおすすめな1万円前後のロープライス布団セット。
布団生地はピーチスキン加工のものなどもあり柔らかくてなめらかな肌触り。抗菌防臭加工が施してあるので清潔に使用できます。敷き布団は固わた入りでヘタりにくく、畳でもフローリングでも心地よく使用できます。

羽毛布団 6点セット

サイズ…ダブル
素材…羽毛
セット内容…羽毛掛け布団、羽毛肌掛け布団、ハイテック敷き布団、ウールマーク敷き布団、枕2個

こちらは2人で使用することを想定したブライダルの布団セットとしても人気の商品です。抜群の弾力性と快適な温度調節が魅力のハンガリー産ダック使用を使用した掛け布団と肌掛け布団を含むオーダーメイド商品で価格は30万前後。敷き布団は固い心地のハイテック敷き布団と吸湿発散性に優れたウールの敷き布団を組み合わせて使用するため、お手入れがしやすいでしょう。

このように布団セットには、1万円前後から数十万円する商品まで幅広い価格帯のものがあります。安くても快適な布団もありますし、高くても手入れに手間がかかるようなものもありますので、ライフスタイルや寝心地の好み、ご予算などに合わせて満足のいく一品を探してみてください。

▼関連記事
布団一式揃えて心機一転!新居に揃えたい布団セット

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!