size キング?クイーン?布団のサイズ選びの基礎知識

キング?クイーン?布団のサイズ選びの基礎知識

敷き布団や掛布団、それぞれの規定サイズを知ろう

あなたの今お使いの布団のサイズはシングルサイズですか?

布団サイズは何気なく選んでいらっしゃる方も多いのですが、実はあなたに最適なサイズになっていないこともあるんです。一般財団法人日本ふとん協会の理想的なお布団の条件によると、

縦のサイズは「身長+35cm程度」、横のサイズは掛け布団が「150cmから160cm」

とされています。

一般的な布団の縦の長さは210cmですので、身長175cm以上となりますと通常の長さより長いものの方がゆったりと睡眠できることになるでしょう。

また、シングルやダブルといった同じサイズ表示でも、メーカーや生産国により微妙に長さが異なる場合もありますし、敷き布団はベッドで使用するタイプよりも縦が10cm長いことはご存じでしょうか。

このように、いつも何気なく使用している布団サイズは意外にも知らないものです。規定サイズを知っていれば、新たに布団を購入するときやカバーを購入するときにも役立ちますので、「自分一人で寝るためだから、シングルサイズでいいんでしょ?」「2人で寝るけど、スペースが確保できないからセミダブル」などとすでにサイズを決めている方も、ぜひこの機会にサイズの選び方を見直してみてはいかがでしょうか。

■掛けふとんのサイズ(横×縦)cm
シングルサイズ…150×210cm
セミダブルサイズ…170×210cm
ダブルサイズ…190×210cm
クイーンサイズ…210×210cm
キングサイズ…230×210cm
ベビー…95×120cm
ジュニア…135×190cm

■敷き布団のサイズ(横×縦)cm
シングルサイズ…100×210cm
セミダブルサイズ…120×210cm
ダブルサイズ…140×210cm
クイーンサイズ…160×210cm
キングサイズ…180×210cm
ファミリー240cm…240×210cm
ファミリー320cm…320×210cm
ベビー…70×120cm
ジュニア…90×185cm

 

用途や体格・寝ぞうなども考慮してサイズを選ぼう

さて、布団のサイズ選びをする前に、何人で使用する予定でしょうか?

■布団の使用人数
シングルサイズ…1人用
セミダブルサイズ…1人用(ゆったり)
ダブルサイズ…2人用
クイーンサイズ…2人用(ゆったり)、小さなお子さま含めた3人用
キングサイズ…2人用(よりゆったり)、小さなお子さま含めた3人用
ファミリー240cm…4人用
ファミリー320cm…5人用

家族で並んで眠りたい方のために240cmや320cmなどの幅の広いタイプの敷き布団が販売されていますが、大きなサイズですと干したりカバーを付け替えたりすることを考えると、数枚繋げて使用した方が便利だったりもします。ですので、布団サイズを選ぶときには人数からサイズを選ぶだけでなく、利便性も考えた方がよいでしょう。

そして、次に確認すべきことは体格や寝相。

体の大きな方や寝相の悪い方が寝返りをうつと、シングルサイズだと窮屈に感じたり、掛け布団から肩がはみ出てしまったりすることがあるんです。このような方はシングルサイズではなくセミダブルサイズなど、1つ上のサイズの布団を使うと、心地よくお休みいただけるでしょう。

また、長身の方には通常の長さより20cm長い、230cmのスーパーロングサイズもありますので、布団の長さが足りないといったことが解消されます。

 

必ずしもベッドサイズに合わせる必要はない?

キング?クイーン?布団のサイズ選びの基礎知識

ベッドで使用する布団のサイズは、敷き布団はベッドサイズに合わせて同じサイズを選ぶのが一般的。

さて、掛け布団も同じサイズでいいのでしょうか。もちろん、同じサイズであればロフトベッドやベッドガード付きのベッドならジャストサイズがしっくりと馴染みますが、ベッドを優雅に見せたり、寝返りを気にせずにゆったりと眠りたいなら1つ上のサイズの掛け布団はいかがでしょうか。ただし、ベッドより幅の広い掛け布団の場合は、ベッドからずれ落ちやすくなりますので、ずれ落ちるのが気になる方は同じサイズの掛け布団にしましょう。

また、ベッドより幅の広い掛け布団ならベッドカバー代わりになるとお使いの方もいらっしゃいますが、掛け布団はカバーとはボリュームが異なりますので代用に適していません。

なお、セミダブルベッドの場合にはセミダブルの布団の既製品が少ないこともありますので、1人で使用するならシングルサイズの掛け布団、2人で使用するならダブルサイズの掛け布団がおすすめです。ほかにも、ワイドダブルベッドやワイドクイーンベッドなど、ベッドと同じサイズ名称の掛け布団が販売されていないこともありますが、その場合には近いサイズの掛け布団を使用しましょう。

▼関連記事
布団買い替え前に知っておきたい5つの購入ポイント

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!