kitchen 色や明るさも重要!タイプに合わせたキッチン照明の選び方

色や明るさも重要!タイプに合わせたキッチン照明の選び方1

照明で演出!孤独を感じさせない明るいキッチン

リビング・ダイニングのコーディネートは、何かとリビングやダイニングに目が行きがちですが、キッチンも同じ空間なので、キッチンのコーデも含めてリビング・ダイニングのコーディネートが完成すると言えます。ただ、

キッチンは多くの女性のサンクチュアリ(聖域)

機能性を重視するのか、デザイン性を重視するのか、決定権は奥様に委ねるのが良いでしょう。ならばせめて照明のコーディネートの提案で、優しい気遣いを見せてみるのはいかがでしょうか?

キッチンスペースは何かと孤独なイメージや暗いイメージが先行しがちな傾向にあります。その空間をオシャレに演出するといってもスペースは限られており、

機能的な動線を妨げてしまう

可能性もありますので、家具や雑貨類での演出は避けたいところ。

そんなキッチンのコーディネートに効果的なのが照明器具

キッチンで毎日作業をする奥様にとって、料理や洗い物の負担は決して軽くありませんが、キッチンが「いつまでも居たい心地よい場所」になれば、その心理的負担を軽減することは出来るかもしれません。

今回は、キッチンスペースをオシャレ空間として演出する、照明の効果や照明器具についてご紹介していきます。

▼関連記事
部屋全体のインテリアコーディネートを考慮した照明器具の選び方

 

レイアウトを考慮したキッチンライトの選び方

色や明るさも重要!タイプに合わせたキッチン照明の選び方2

どの住まいにも、キッチンにはそのスペース専用の照明がついていると思います。天井に直接取り付けるシーリングライトが主流で、それらを総称してキッチンライトと呼びます。その目的はキッチンを明るくして、調理などの作業をしやすくすることです。

一昔前、キッチンは部屋の奥まったところに位置し、リビングの明かりが届きにくく、蛍光灯などのキッチンライトが取り付けられていました。最近では

対面式やペニンシュラなどのオープンキッチンが流行している

こともあり、明るさが不足する状況は減ってきました。とはいえキッチンの天井には照明が取り付けられている住まいが主流なことは変わらないので、キッチンライトを選ぶ際には、キッチンのレイアウトにも考慮する必要があります。

キッチンの照明は「手元が見やすい」ことを重視して昼白色の電球の使用されるケースが多いです。一方で昼白色の照明は目が疲れやすいというデメリットもあり、

暖色の照明に切り替えられる

ペンダントライトやスポットライトをキッチンカウンター付近に追加すると良いでしょう。

近頃の対面式やL型のキッチンのレイアウトは、リビングと同じダウンライトが天井に埋め込まれていることが多く、明るさが不足することはあまりないでしょう。ペンダントライトなどの追加はあくまで

オシャレなキッチンスペースの演出

と捉え、照明を増やすことで「みんなが見ている」という雰囲気が生まれれば、孤独を感じることなく、おいしい料理が作れるのではないでしょうか?

▼関連記事
アイランドからペニンシュラまで!オシャレで機能的なキッチンインテリア実例

 

スポットライトで、まな板と料理をライトアップ!?

色や明るさも重要!タイプに合わせたキッチン照明の選び方3

キッチン照明は、単にキッチンの明るさを増やす機能性の向上だけでなく、リビングとの一体感や孤独感の軽減という心理的な要素も大きく、

できるかぎり楽しい空間を作る

ことで、家事や料理の負担をメンタル面で軽減させる必要があります。キッチンライトを増やして調理中の手元や、キッチン全体を明るい雰囲気にすることはもちろん、出来上がった料理にスポットライトを当てて、

料理を美味しそうに見せる工夫

を仕掛けるのも良いでしょう。

飲食店やスーパーなどでは、料理や食品を美味しそうに見せるためにスポットライトを効果的に使用しています。最近ではインスタグラムなどのSNSでも、料理写真を共有する機会が多いと思いますので、撮影時にスポットライトがあると料理の美味しさも倍増するでしょう。

最近のマンションなどにはスポットライト用のダクトレールが備え付けられている場合も多く、取り付けも簡単です。レール式のスポットライトは、色々なシチュエーションで何かと役に立ってくれるでしょう。

その他、キッチンカウンター付近にシェードスタンドライト

オシャレなペンダントライトを追加

するのもキッチン照明の演出に効果的で、ガラス素材のシェードやクローム素材の傘のランプなどはモダンな住空間を演出してくれます。

キッチン周辺は油汚れなどが付きやすい(=掃除の手間を増やしてしまう)ので定期的な掃除やメンテナンスが必要になりますが、

楽しいキッチンスペース作り

には欠かせないアイテムなので、部屋の雰囲気に合うデザインをよく吟味して、買い揃えると良いでしょう。

▼関連記事
照明器具を支点にした「おしゃれなリビング・ダイニング」の作り方

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!