classical アンティークスタイルに欠かせないクラシカルな照明・スタンドの選び方

アンティークスタイルに欠かせないクラシカルな照明・スタンドの選び方1

シーリングからペンダントまで!アンティーク照明の魅力

インテリアにおけるアンティークスタイルといえば、深みのあるヴィンテージ家具を中心に、トラディショナルな雰囲気を演出したコーディネートです。他のスタイルとは一線を画した独特の雰囲気をかもし出す、男性人気の高いスタイルです。

とはいえ、現代の住環境で半世紀以上前のアンティークな雰囲気を再現するとなると、家具や雑貨だけでまかなうのは至難の業。壁紙からカーテン、窓枠のサッシなども含め、こだわり抜いて当時の装いを作り上げるには、細部に至るまで手を入れなければなりません。

アンティーク感は出したいけど、さすがにそこまでは・・・

という方が多いとは思いますが、実はあるアイテムに力を入れると、アンティークな雰囲気をぐっと高められるテクニックがあります。

それは照明です。

部屋全体の照明の色、照明器具のデザインをアンティークスタイルにマッチするものに変更するだけで、アンティーク感が増すことはもちろん、部屋に置いた周りの家具の深みも、より一層増すことができるのです。

突然ですが、以下の情景を頭に浮かべてみてください。

深みのあるブラウンのレトロなチェア、
そこを照らすクラシカルな橙色の明かり。

照明を当てた時に見える光景をイメージすると、どこにどんな照明器具が必要か頭の中で整理できるようになるので、照明器具選びで失敗することも少なくなるでしょう。

今回は、アンティークスタイルに欠かせない、クラシカルな雰囲気を生み出す照明器具・ライトスタンドをご紹介します。アンティークな部屋作りを目指していたのに

イマイチ雰囲気が出せないとお悩みの方必見!

これを機に、照明器具や照明による演出効果を一度見直してみると良いかもしれません。

▼関連記事
アンティーク家具を使わずとも雰囲気が出せるアンティークコーデ

 

随所で活用できるクラシカルなランプシェードの数々

アンティークスタイルに欠かせないクラシカルな照明・スタンドの選び方2

アンティークスタイルにおける照明は、リビング・ダイニングにせよ寝室にせよ、昼白色的な明るさはアンマッチです。

照明の中心となるのは電球色

です。日常生活で暗く感じられる場合は、ペンダントライトやスタンドライトなど「補助的な照明を追加して明るさを増やす」ようにしましょう。リビング・ダイニングでは、ダイニングテーブルの周辺にペンダントライトを幾つか垂らし、キッチンにはキッチンライトで手元の明るさを確保します。

メインとなる天井照明は、

アンティーク調のガラスランプシェード

が定番のコーディネート。電球にガラスの傘をかぶせた独特のデザインで、アンティーク感を引き出します。シーリングライトは、放射状に複数個並べたデザインが代表的で、ブラケットライトでも同様のデザインが採用されています。

アンティークスタイルの照明器具は素材を問わず、

シェードによる間接的な照明効果

が鍵になり、曇りガラスのランプシェードや、生地を張った傘型のランプシェードなど、さまざまなシェードランプを活用することで、アンティーク感をより一層引き出してくれます。

その他、アンティークスタイルにおける定番の照明デザインは

・キャンドル型
・電球型
・シャンデリア型

などがあり、いずれも電球色を使用するのがポイントです。最近は暖色系のLED電球も市販されているので、メンテナンスに手が掛からないのは嬉しいですね。

▼関連記事
【オブジェから食器まで】インテリア雑貨でアンティークな雰囲気を出すコツ

 

レトロな雰囲気を高めるスタンドライトの活用テクニック

アンティークスタイルに欠かせないクラシカルな照明・スタンドの選び方3

続いて、アンティークスタイルの照明演出の手法のひとつ

補助灯の活用テクニック

をご紹介します。通常、、お部屋のコーディネートには、まずは必要な家具を買い揃えて配置し、不足しているアイテムを順次追加していく流れが一般的ですが、アンティークスタイルでは

こまごまとした雑貨より照明演出が効果的

といえるので、「家具の次は照明」というくらいの認識でも問題ありません。メインの天井照明やサブとなるペンダントライトなどマストな照明に対し、

アンティーク感をさらに高める補助照明

を追加することで、こだわり抜いたアンティーク空間に仕上がります。深みがあるレトロなアンティーク調の家具たちは、照明効果によってより一層深みが増していくのです。

シェードスタンドライトその代表的な存在がシェードスタンドライト

デザインや形が多彩で、部屋のコーナーやサイドボード上などに置くことで、補助灯としてはもちろん、空間演出のアイテムとしても活躍します。


オイルランプ型照明また、写真のようなオイルランプ型照明もアンティークの定番アイテム。

いずれも電球色で、温かみを感じさせる照明ですのでリビングダイニングのほか、寝室などに配置しても違和感なく部屋の雰囲気に調和するでしょう。


こうしたアンティーク感満載の照明器具を活用することで、トラディショナルな空間を演出するのはもちろん、当時の生活スタイルを肌で感じることで、新たなアンティークコーディネートのアイデアが浮かぶかもしれません。

▼関連記事
部屋全体のインテリアコーディネートを考慮した照明器具の選び方

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!