antique 【オブジェから食器まで】インテリア雑貨でアンティークな雰囲気を出すコツ

【オブジェから食器まで】インテリア雑貨でアンティークな雰囲気を出すコツ1

インテリア雑貨でアンティークな部屋に仕上げよう

中世ヨーロッパのクラシカルなアンティーク家具や、北欧アンティークなど、年代を経た味わい深い家具のインテリアはとても魅力的で、一度は試してみたいコーディネートスタイルのひとつです。現代では手に入らない貴重な木材をふんだんに使用したものや、時代を超えてもハイセンスなデザインなど、アンティーク家具には再現が難しい造形が多いのも特徴的。

ただ、そんな憧れのアンティーク家具は高価なものが多く、部屋のインテリア全てをアンティークで揃えるのは

相当な金額にのぼるのが必至…。

アンティークスタイルを実現しようにも、予算的に諦めてしまう方も多いかもしれません。
そこで今回ご紹介するのは、高額となる大型家具などはアンティーク調にリメイクされた現代物の家具で予算を抑え、比較的安価に揃えられるインテリア雑貨を活用して

部屋全体にアンティークな雰囲気を醸し出す

というコーディネートテクニックをご紹介していきます。

もちろん、本物のアンティーク家具を徐々に買い揃えていつかは本格的なアンティークスタイルを完成させたい!とお考えの方にも

アンティーク雑貨の上手な活用法

は、現時点で未完成でも今以上にアンティーク感を引き立たせられるので、十分参考になると思います。さらに、ひと通りクラシカルな家具で揃えているのに何だか物足りない…とお悩みの方にもお役立ていただけるインテリア雑貨の活用術を幾つかご紹介していきます。

ちょっとしたコツを押さえることで、グッとそれらしくなりますので、ぜひご一読くださいね。

▼関連記事
アンティーク家具を使わずとも雰囲気が出せるアンティークコーデ

 

アンティークな雰囲気を盛り上げる雑貨コーナーを作る

【オブジェから食器まで】インテリア雑貨でアンティークな雰囲気を出すコツ2

アンティーク感を演出するインテリアには、職人の技が光る装飾の素晴らしいデザインなど、今の大量生産の品物には望めない魅力があります。

見ているだけでもうっとりする彫刻や模様、それらが作り出された時代背景などにも思いをはせれば、それはもうロマンの世界。インスタグラムなどのSNSでは物語性のあるアンティーク雑貨のコーディネート写真をアップしてたくさんの「いいね」を獲得している方もいます。

このようなコーディネート写真には、部屋の一部しか映っていないものも多いのですが、

部屋の一角にアンティーク雑貨を集めること

により、部屋全体の印象を決定づけることができます。コーディネートの手始めに、まずはアンティーク雑貨を集めたコーナーを作ってみましょう。どんなスペースにアンティークのコーナーを作ればよいのか? おすすめの場所やレイアウト方法をご紹介しましょう。

カウンターやキャビネットの上


人の目線に入りやすいカウンターやキャビネットの上に、小さな飾り棚を置きます。ガラス張りの扉付きなら雰囲気満点。そこに、アンティーク調の食器や陶器の人形、メタル製の十字架や羽などのオブジェを飾ると、クラシカルな印象が漂います。骨董品が好きな方は、タイプライターや電話機など、お手持ちのコレクションをオブジェとしてディスプレイするものいいでしょう。

出窓や窓の周辺


ドレープがたっぷりのオーガンジー素材のカーテンを吊るし、窓際の明かりで見るアンティーク雑貨はとても雰囲気があります。また、アンティーク調のランプも一緒に置いて夜に点灯させれば、幻想的な空間を演出できます。

なお、窓際は日中、紫外線の影響を受けやすいので、雑貨の傷みや変色には注意してください。

食器棚やラック


ガラス扉の食器棚があるなら、年代物のカップやお皿など食器はそこにディスプレイしましょう。魅せるための収納なので、重ねずにひとつずつ、空間にゆとりを持たせて並べるとなお良し。ちなみにお皿は壁に飾るウォールディスプレイにしても素敵です。外国のインテリアではよく見かける飾り方なので、より一層アンティーク感を醸し出せます。

このように、自分だけのアンティーク空間を集約させると、揃えたいアイテムがはっきりして、他にチョイスすべき家具や小物も選びやすくなります。自分なりのアンティーク空間を作る時の指針となるので、まずはアンティークコーナーを作ってみましょう。

▼関連記事
アンティーク調コーディネートに合うダイニングチェアの選び方

 

年代や伝統を感じさせる雑貨選び

【オブジェから食器まで】インテリア雑貨でアンティークな雰囲気を出すコツ3

アンティークな雰囲気を出すコツとして、アンティークコーナーの作り方をご紹介しましたが、次は

アンティーク気分を引き立ててくれるインテリア雑貨の選び方

についてお伝えしていきます。
アンティーク雑貨の選び方次第で、その部屋のクラシカル感や歴史を感じさせる雰囲気作りに一役買ってくれますので、ぜひ参考にしてみてください。

「ヴィクトリアンスタイル以外はNG」や「ロココ調じゃないとイヤ」といった時代しばりなどアンティークに本格的にこだわりだすとアイテムの選択肢が限られ、本物のアンティーク雑貨でないと満足できなくなってしまうおそれがあります。あくまでご自身の感性で

アンティークの雰囲気にマッチする新しい雑貨選びを楽しむ

くらいの感覚でコーディネートしていくのがおすすめです。

≪アンティークな雰囲気を演出するアイテム例≫
・フォトフレーム
・ランプ
・レトロなデザインのラジオやテレビ
・ミラー
・香水瓶
・ガラスのボトル など

例えば、シックな英国風のアンティークスタイルを目指すなら、色味の彩度が低いアンティーク調の額縁を壁に掛け、チェストやテーブルにはキャンドルスタンドをレイアウト。照明もアンティーク調のシェードランプにすれば、アンティークな雰囲気がぐっと際立ちます。

家具の配色は、木目を生かしたダークな色合いで統一し、重厚な革張りのソファをセットすればまさに英国風アンティーク。華やかなロココ調のアンティークがお好きの方は、白い家具で統一した部屋にデコラティブなアクセサリーボックスやスタンドミラー、ランプなどを置いてみましょう。

ロココ調家具の代表的なデザインでもある猫脚家具がなくても、テーブルクロックやフォトフレームなどの小物をロココ調の装飾が入ったものにするだけでアンティークな感じを演出でき、花柄のカーテンやクッションで彩りを加えることで華やかさをアップできます。

このように、リアルなアンティーク家具を揃えなくとも、

年代や伝統的な雰囲気を感じさせるオブジェや食器

をインテリアに取り入れることで、アンティークな雰囲気を演出できます。ちょっとした工夫で、アンティークなコーディネートを楽しむことが可能です。

本格的なアンティークにこだわる方には物足りないかもしれませんが、アンティークスタイルのコーディネートにチャレンジしようとお考えの方は、まずこうした雑貨のコーディネートで感性を養うことも大切ですよ。

▼関連記事
アンティーク調スタイルの格調高いアームチェアコーデ

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!