nordic インテリア雑貨で彩る北欧・スカンジナビアンなお部屋の魅力

インテリア雑貨で彩る北欧・スカンジナビアンなお部屋の魅力1

スカンジナビアンの生活をイメージする北欧雑貨の魅力

家具インテリアの雑誌やショールーム、モデルルームなどでコーディネートされた北欧スタイルのインテリアは、とてもオシャレにアレンジされており、誰もが真似したくなるクオリティの高い空間に仕上がっています。ただ、自宅でそれを再現しようとしても、イメージ通りにいかなかったり、なんだかしっくり来ないと感じることも多いと思います。

天井に高さがあり広々としたショールームと、自宅の部屋では状況がだいぶ違うとはいえ、空間の広がりや照明の当て方だけが、その違和感の要因ではないのです。

では、ショールームと自宅の部屋では何が違うのでしょうか?

実はこれ、インテリア雑貨の影響もあるのです。

メーカーのショールームやマンションのモデルルームなどは、専門のコーディネーターによって、家具から照明、さりげなく置かれた雑貨に至るまで、トータルにコーディネートされています。
例えば北欧インテリアの場合、

北欧の世界観を最大限イメージできるよう

細部に至るまで徹底的に落とし込んでいます。つまり、家具や照明、インテリア雑貨などすべてが合わさって初めてオシャレで洗練された北欧インテリアが出来上がっているのです。裏を返せば、そのプロダクトのうち1つでも欠けてしまうと、

こだわって表現したコーディネートスタイルの魅力が半減

してしまうことも。

今回は、北欧風のお部屋を彩るインテリア雑貨にスポットを当て、北欧ならではのデザイン性や魅力はもちろん、北欧スタイル特有の

トータルコーディネートに欠かせないインテリア雑貨の重要性

について解説します。プロのコーディネーターの真似をしたのに何か物足りなさを感じる、違和感を覚える、という場合は、もしかするとインテリア雑貨による空間演出がなされていないのかもしれません。

そんな視点で、北欧ならではのインテリア雑貨を見ていきましょう!

▼関連記事
時代を超えて愛される北欧デザインのダイニングチェア

 

北欧スタイルには欠かせない定番のインテリア雑貨あれこれ

インテリア雑貨で彩る北欧・スカンジナビアンなお部屋の魅力2

北欧スタイルのコーディネートでは日本でも広く浸透していることもあり、家具にせよ雑貨にせよ選択肢が非常に豊富で、多彩な空間表現ができるというメリットがあります。

フィンランドを代表するマリメッコの鮮やかな花のモチーフは、ひと目で「マリメッコだ!」と分かる魅力があり、アートパネルやクッションカバーをインテリアに取り入れている方も多いと思います。
猫のマイキーでおなじみのリサ・ラーソンはスウェーデンを代表する世界的デザイナー。動物のオブジェや置物といったインテリア雑貨を多数リリースしています。

いずれもそれ単体で存在感を確立

しており、北欧テイストのインテリア雑貨の多くはこうした特長を持っています。家具やインテリア全体を引き立たせる役割はもちろん、雑貨そのものの存在感を活かせるようなレイアウトやディスプレイの工夫が必要です。

北欧インテリアにおける定番雑貨

1.オブジェ・置き物
2.花瓶・アクアカルチャベース
3.キャンドル・ディフューザー
4.モビール・オーナメント
5.アートパネル・ウォールデコ
6.壁掛け時計・置き時計
7.ディスプレイ洋書
8.観葉植物・枝物 など

インテリアを構成する家具や雑貨すべてが一体となる

ことで、より北欧テイストが強調されるので、北欧メーカーやブランドのインテリア雑貨で統一することをおすすめします。

▼関連記事
お部屋に華を添えるモダンなインテリア雑貨の活用テクニック

 

テイストに合わせた雑貨選びのポイント

インテリア雑貨で彩る北欧・スカンジナビアンなお部屋の魅力3

北欧スタイルのコーディネートには「インテリア雑貨」と、その存在感を活かすディスプレイが重要であること、北欧インテリアにマッチする定番アイテムをお伝えしました。ここからは

実際に何を選んでどのように配置すれば良いか?

という点について考えてみましょう。

北欧スタイルは北欧ナチュラル北欧モダンなどに分類され、それぞれのテイストにマッチするインテリア雑貨を選ぶ必要があります。今回は

スカンジナビアのライフスタイルをイメージ

しながら雑貨選びをしてみます。

北欧ナチュラルテイスト

天然色の強い北欧コーディネートのなかでも、天然素材を中心にコーディネートしたナチュラルテイストは、観葉植物や花瓶・アクアカルチャベースといった植物系のインテリア雑貨とのマッチングが良い傾向にあります。

また、木製の小さな動物オブジェなども、木のぬくもりを感じさせるのに効果的なアイテムです。植物や木製アイテムのほか、ファブリックの壁アートなどで鮮やかな色味をプラスすると部屋全体の色調もバランスよくまとまります。

北欧モダンテイスト

近代的な生活スタイルを反映した北欧モダンは、観葉植物のグリーンより、枝物のディスプレイや洋書、ディフューザーなどとのマッチングが良好。配色にはグリーンやブラウンではなく、ホワイトやベージュを増やすとモダン色が強まります。

天然素材を重視する北欧スタイルにも、スチール製のオブジェやオーナメントなどの雑貨は、インテリアのアクセントとしてよく映えます。

北欧ヴィンテージテイスト

北欧雑貨ならではのモビールや、クラシカルな置き時計、ディスプレイ用のアンティークブックなどがとても映えるコーディネートが北欧ヴィンテージテイストです。

ヴィンテージならではの深みのある木製家具は、観葉植物のグリーンとのマッチングも最高。ヴィンテージ感を高めるためにアンティークのシェードランプやウォールデコなどを合わせると、ハイレベルな北欧ヴィンテージテイストに仕上げることができます。

 

北欧スタイルをさらに色濃く演出してくれる北欧ならではのインテリア雑貨。その魅力を存分に楽しめる空間作りをぜひお試しください。

▼関連記事
インテリア雑貨に関連する記事一覧

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!