elegant 【優雅で上品】エレガントなインテリア雑貨の飾り方

【優雅で上品】エレガントなインテリア雑貨の飾り方1

エレガントスタイルをより上品に演出するインテリア雑貨

エレガントスタイルといえば、白を基調にした部屋に、繊細な装飾が施された豪奢な家具たち、そして天井にはきらびやかなシャンデリアと、中世ヨーロッパの貴族の暮らしを思わせる非日常的な空間をイメージする方が多いと思います。

アカンサスやバラスターレッグなどの装飾が施されたテーブルや椅子、バラなど花をモチーフとしたソファや壁紙。豪華さや上品さが際立つエレガントな部屋を作り上げるには、

同系統のアイテムで部屋全体の雰囲気を統一する

ことが重要になってきます。英国風の花柄ソファをひとつ置いただけではエレガントな雰囲気を演出することは難しく、それに合わせてダイニングテーブルから照明に至るまで、トータルコーディネートすることでスタイルにより磨きがかかるのです。
過去記事「▼インテリア雑貨で彩る北欧・スカンジナビアンなお部屋の魅力」でもご紹介しているように、北欧スタイでも同じことが言えますが、物足りなさや、エレガントさに欠けると感じる場合は、

インテリア雑貨の配置や飾り方

の部分を見直してみると良いでしょう。

エレガントな雰囲気を持つ豪華な家具たちに比べ、インテリア雑貨は比較的手頃な価格で揃えることができる一方で、その雑貨の選び方や飾り方を誤ってしまうと

本来演出すべき優雅さ・上品さが損なわれてしまう

可能性もあります。

今回は、このエレガントスタイルにおけるインテリア雑貨にフォーカスし、その種類や選び方、ディスプレイの方法についてご紹介していきます。

▼関連記事
エレガントスタイルに映える・レトロクラシックなカウチソファの選び方

 

家具の装飾モチーフにあわせた雑貨選びのポイント

【優雅で上品】エレガントなインテリア雑貨の飾り方2

エレガントスタイルの家具は製造された年代で装飾の特徴が異なり、イギリスのヴィクトリア調、フランスのロココ調などがよく知られています。本場ヨーロッパのコーディネートといえど、揃える家具に統一性を持たせる必要があり、

クラシカルでエレガントな雰囲気が出せれば何でもOK

という訳ではありませんが、現代のコーディネートにおいては適度にバランスが取れて統一感があれば、そこまで固執しなくても良いかもしれません。特にソファやテーブルといった大きな家具においては、

デザイン様式や配色に統一感を持たせることが重要

ですが、それだけではなかなか優雅さやエレガントさが演出しきれないのも事実。そこで出番となるのがエレガントなインテリア雑貨なのです。

エレガントスタイルに調和するインテリア雑貨

・花器や花瓶
・グラスや食器類
・フォトフレーム
・フラワーアレンジメント
・レリーフ入りミラー

特に、装飾が施されたインテリア雑貨は

家具の装飾や年代に合わせたアイテムを選ぶ

と、コーディネートの完成度がさらに高まり、エレガントさが一層引き立ちます。中でも花器や花瓶、フォトフレームはデコラティブなデザインのものが多いので、これらを揃えるところから始めて、部屋全体の印象がどのように変化するかを見極めるようにすると良いかもしれませんね。

▼関連記事
【オブジェから食器まで】インテリア雑貨でアンティークな雰囲気を出すコツ

 

エレガントな雰囲気を引き立てる雑貨のディスプレイテクニック

【優雅で上品】エレガントなインテリア雑貨の飾り方3

エレガントスタイルでは、上品かつ華やかさが重要であることは言うまでもありませんが、

高価なアイテムを揃えれば良いというわけではありません

手頃な値段で購入できる家具でも、トータルコーディネート次第で十分エレガントな空間を作ることは可能です。上品なエレガントスタイルに仕上げるには

1.部屋全体の色使い
2.家具のデザイン
3.雑貨類の装飾

上記3つを意識してコーディネートすると良いでしょう。

部屋全体の配色はホワイトやグレーを中心に、家具からカーテンまで統一するとエレガントな印象をアップさせることはイメージしやすいと思います。とはいえ、空間全てを

同系色で統一してしまうとメリハリに欠けてしまう

ため、ソファやカーテンにストライプ柄やバラ模様などのアクセントを加えるようにします。また、花瓶やオーナメントなど雑貨の活用も有効です。

同じアイテムを左右対称に配置する

テクニックは、エレガントスタイルにおける雑貨ディスプレイのひとつです。キャビネットの上に置く雑貨ひとつとっても、キャビネットの両サイドに同じ雑貨を配置すると、不思議とそれらしく見えてくるのです。
ただし、エレガントに見せようとするあまり、雑貨に頼り過ぎるのはおすすめしません。統一感のないディスプレイは上品さを損なってしまいます。そのような場合は、このスペースにはフラワーアレンジメント、この場所にはフォトフレームといった具合に

ディスプレイする場所を分ける

テクニックも覚えておくと良いでしょう。

▼関連記事
エレガンススタイルに関連する記事一覧

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!