wide_double_bedsize ワイドダブルベッドのベッドサイズと特徴

ワイドダブルベッドのベッドサイズと特徴

2人のゴージャスなベッドタイムを演出するワイドダブルベッド

ベッドのサイズといえば、シングルやダブルが代表的ですね。本コラムで取り上げている「ワイドダブル(WD)]というサイズ名は、あまり聞きなじみがないかもしれません。

ワイドダブルは、ダブルとクイーンの中間にあたるベッドの規格で、ダブルベッドとのサイズの差は、幅10cm程度しかありません。

「サイズにそれほど違いがないなら、ダブルベッドでも良いのでは?」と思う方も多いでしょう。

ところが実際は、この10cmの違いによって見た目にも、寝心地にもゆとりが生まれます。ワイドダブルのベッドは、贅沢なベッドタイムを過ごしたい新婚夫婦にぴったりのサイズ感といえます。

ワイドダブルベッドのサイズ

ワイドダブルの基本サイズや、国内外の代表的なベッドメーカーが製造しているワイドダブルのサイズを見ていきましょう。

一般的なサイズ

ワイドダブルのマットレスのサイズは、横幅150cm~160cm×長さ196cmとされ、横幅154cm×長さ196cmが広く流通しています。

成人の平均的な肩幅は60cmといわれているので、ワイドダブルは2人で寝るのに十分なスペースを確保できます。

ベッドのサイズの名称がメーカーや製品によって異なる場合があります。ワイドダブルも、クイーン1サイズ(Q1)と表記されていることがあります。

ちなみに、ワイドダブル以外のベッドの基本的なサイズは以下の通りです。

サイズ 寸法
シングル 幅97cm × 長さ195cm
セミダブル 幅120cm × 長さ195cm
ダブル 幅140cm × 長さ195cm
ワイドダブル 幅154cm×長さ195cm
クイーン 幅160cm × 長さ195cm

ワイドダブルはダブルより約14cm広く、クイーンより約6cm狭いサイズで、6畳の寝室に置いても圧迫感はありません。

有名ベッドメーカーのワイドダブルの扱い

ベッドのサイズはシングルやダブルなど、基本的に同じ名称で呼ばれていますが、メーカーによって寸法に若干の違いがあります。ベッドを購入するときは、名称をうのみにせず、必ず寸法(数字)を確認してください。
ワイドダブルサイズを製造していないメーカーも多いので、サイズ展開の有無のチェックも忘れずに。

主要なベッドメーカーにおける、ワイドダブルのマットレスの寸法と製造の有無、代表商品をまとめました。

メーカー 寸法 商品(シリーズ)名
フランスベッド 幅154cm×長さ195cm ライフトリートメント
日本ベッド なし
エアウィーブ なし
ニトリ なし
シモンズ 幅153cm×長さ203cm 5.5インチ レギュラー
シーリー 幅153cm×長さ195cm エッセンシャルズEPT
サータ 幅150cm×長さ196cm ポスチャー
テンピュール なし
マニフレックス 幅150cm×長さ195cm フラッグFX

ワイドダブルベッドのメリット・デメリット

ワイドダブルベッドを購入するメリット・デメリットを、サイズの近いダブルベッドを比較対象にして解説します。

ダブルベッドと比較したメリット

ゆとりをもって眠れる

ダブルベッドは、大人2人が寝るのに必要な寸法の最低ラインで設計されているため、体が大きな方には狭苦しく感じるかもしれません。

また、寝返りや体を起こすときの振動が伝わりやすく、隣で寝ている人を起こしてしまう場合もあります。

ワイドダブルベッドは、ダブルの横幅との差は10cm程度ですが、寝転がってみると、その広さを実感できるでしょう。共寝する相手との間に適度な距離を保てるので、お互いの動きの影響を受けにくく、ぐっすり眠れます。

高級感を演出できる

ワイドダブルベッドはクイーンベッドに近いサイズでもあります。コンパクトなダブルベッドに比べてやや大きな印象を受けます。寝室の中で存在感を発揮し、高級な雰囲気を作り出せるでしょう。

ダブルベッドと比較したデメリット・注意点

配置場所が制限される

横幅が広いので、部屋の大きさや形状によっては配置できない可能性があります。配置できたとしても、部屋に対してベッドが大きすぎると、圧迫感が生まれてしまいます。

また、テレビなど、ほかの家具・家電にも気を配る必要があります。近すぎる場所にベッドを配置すると、歩くスペースが狭くなったり、クローゼットの扉をスムーズに開けられなかったりと、生活動線を確保できなくなってしまいます。

ベッドを部屋に置いて使っている姿をイメージして、慎重にサイズを選びましょう。

対応するシーツやカバーの種類が少ない

ダブルベッドやクイーンベッドに比べ、ワイドダブルベッドを製造しているメーカーは数が少なく、製品のバリエーションも限定されています。

そのため好みのマットレスやベッドフレームを見つけても、ワイドダブルのサイズを展開していないことが少なくありません。

とくに掛け布団やシーツ、敷パッドのワイドダブルは、量販店やホームセンターで見つけるのは至難の業です。手に入れるのが難しい場合は、クイーンサイズを代用するようにしましょう。

ダブルサイズの掛け布団でも 190cm 前後の幅がありますが、ワイドダブルのベッドを2人で使用するには心もとない大きさです。クイーンサイズの掛け布団 は横幅210cm なので、布団を取り合うことなく眠れるでしょう。

クイーンベッドとの比較

スペースにゆとりを持って2人で眠りたいなら、ダブルよりもワイドダブルやクイーンのベッドが適しています。

ここではワイドダブルベッドとクイーンベッドを比較し、それぞれどのような方に向いているのか説明します。

こんな人にはワイドダブルベッドがおすすめ

2人で寝られる広いベッドが欲しいけれどコストは抑えたい方や、ベッドの設置スペースが限られているご家庭に最適です。

クイーンサイズより横幅が狭いぶん、2人の距離が近くなり、仲が深まりやすい、安心感を得やすいといったメリットがあります。新婚夫婦など、パートナーと寄り添って眠りたい方に向いています。

こんな人にはクイーンベッドがおすすめ

寝室が広く、大きなベッドを余裕で置けるご家庭や、なるべく広いスペースで眠りたいなら、クイーンベッドが適しています。

クイーンベッドの横幅は160cmで、1人あたり約80cmです。睡眠に必要といわれる横幅60cmより20cmの余裕があり、相手にぶつかることなく寝返りがうてます。

マットレスを広々と使えるぶん、相手の動作やいびき、体温が気になりにくいこともメリットです。自分やパートナーの寝相が悪かったり、暑がりな場合は、クイーンサイズのほうが寝心地が良いかもしれません。

クイーンとワイドダブルでは、クイーンサイズを製造しているメーカーの方が多いので、寝心地にこだわりたい方にもおすすめです。掛け布団やシーツ、カバー類のバリエーションも豊富で、模様替えなどでインテリアに変化をつけたいときも買い替えがスムーズです。

おすすめのワイドダブルベッド

おすすめのワイドダブルベッド

フランスベッド「ライフトリートメント」

「ライフトリートメント」は、マットレスの硬さやベッドフレームのデザインなどを、好みに合わせて自由に組み合わせられるシリーズです。

マットレスは高密度連続スプリング構造で、ポケットコイルに比べて内部に湿気を溜め込みません。

側生地に使用している除菌機能糸により、生地表面に付着した菌を分解し、清潔な睡眠環境を作ります。

また、ブレスエアーエクストラと呼ばれるクッション材を採用。通気性と反発力に優れ、疲れにくい自然な寝姿勢をサポートします。

シモンズ「5.5インチレギュラー」

「5.5インチレギュラー」のワイドダブルは、サイズが幅153cm×長さ203cmで、一般的なベッドより長く作られています。長身の方でもゆとりを持って眠れそうですね。

ポケットコイル構造により、圧力がかかった部分だけが沈み込むため、体に余計な負担がかかりにくい仕様です。

ポケットコイルの高さは5.5インチ、スプリングの太さは1.9mmで、柔らかすぎず硬すぎない寝心地を実感できるでしょう。

シーリー「エッセンシャルズEPT」

「エッセンシャルズEPT」は、ふわふわの肌触りと、しっかりとした安定感を両立していることが特徴です。

脊椎(せきつい)が不自然に曲がらないよう、部分的にサポート力を高めた詰め物を取り入れています。

内部には、加圧に応じて反発力が変化するポスチャーテックコイルを使用。体の部位や就寝中の動きに合わせて連動します。

サータ「ポスチャー ノーマル」

「ポスチャーノーマル」は、ワイドダブルではなくクイーン1(Q1)と表記されています。サイズは幅150cm×長さ196cmです。

就寝中に最も圧力がかかりやすい腰部分に太めのスプリングを内蔵し、安定感を高めています。

さらに、起き上がったり腰掛けたりする際に体重がかかる、マットレスの端部分の耐久性を高めており、沈みすぎるのを防ぎます。

マニフレックス「フラッグFX」

体をしっかり支える高反発タイプのマットレスです。厚みが約2cmの側生地はキルトで作られており、ふんわりとした贅沢な感触を楽しめます。

吸放湿性に優れ、菌やニオイが発生しにくく、年間を通して気持ち良く使えるでしょう。

大きめサイズのベッドもアウトレットイベントならお得にゲット!

「ワイドダブルやクイーンの大きいベッドで眠りたいけど、価格が高い…」と悩んでいるなら、アウトレットのセールイベントに参加してみましょう。セールでは、家具やベッドをお手頃価格で販売しています。複数のメーカーの製品を見比べられるイベントもあります。ベッドやマットレスは、実際に横になって寝心地を確認できます。「ワイドダブルとクイーン、どっちにしよう?」というお悩み解決の決め手になるかもしれません。さらに専門のアドバイザーから、製品について詳しく教えてもらえるので、自分にぴったりのベッドが手に入るでしょう。

アウトレットイベントを探す際は、イベント情報サイト「Seiloo(セイルー)」をチェック!セイルーでイベントの参加申込みをすると、家具インテリアを格安で購入できるだけではなく、配送料や組立が無料になるなど、イベント独自の特典を受けられます。

お得にベッドを購入して、パートナーと快適な睡眠をとってくださいね。

Seiloo公式HPはこちら

監修者情報

家具インテリア・寝具のWEBサイト「Seiloo」「Shopnavi」「MyGallery」などを運営する株式会社ヘヤゴトの編集長。家具のプロとして、皆様の生活に役立つ情報を発信しております。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!