sofabed 重視する用途に合わせたソファベッドの選び方のコツ

重視する用途に合わせたソファベッドの選び方のコツ

1台2役?!お役立ち家具のソファベッドとは

ソファベッドはその名の通り、ソファとしてもベッドとしても使えるため、来客の多い家庭や一人暮らしのワンルームにも便利で1台2役のお役立ちアイテムとして人気のあるインテリアのひとつ。中にはソファとベットだけの用途ではなく、カウチソファやリクライニングソファなどとしても使えるものなどさまざまなタイプのものがあります。

ソファベッドのタイプには、

・背もたれを倒すタイプ
・座面を前方に引き出すタイプ
・三つ折等に折り畳んでソファの形になるタイプ

などがあります。

ソファベッドはベッドに展開した時のスペースは必要となりますが、ベッドとソファを別々に置くスペースは必要はないため、部屋が狭くてソファとベッドを置けない……とお悩みの場合にもおすすめのアイテム。

ですが、ソファベッドは選び方をひとつ間違えてしまうと、無用の長物になってしまったり、耐久性や寝心地で難があったりしてしまいます。ご自身のニーズをしっかりさせて選ぶことが大切です。
たとえば、ベッドをメインとして使いたかったのに寝心地が悪い、ソファとベッドの両方を日常的に使いたかったのに変形しにくくて不便…というようなことにならないために、今回は重視している用途に合わせたソファベッドの選び方のコツについて紹介していきます。

 

メイン用途をハッキリさせよう!ソファベッドの選び方とは?

重視する用途に合わせたソファベッドの選び方のコツ2

ソファベッドのデザインを選ぶ前に、まずは日常的な用途を確認しましょう。

・普段はソファとして使用し、時にはベッドとして使用したい
・普段はベッドとして使用し、来客時などはソファとして使用したい
・毎日のようにソファとしてもベッドとしても使用したい

など、ソファベッドのメインの用途はこのように分かれるのではないでしょうか。
メインとなる用途が決まれば、それに沿って求める使い勝手が違ってきます。

ソファ重視=デザインと座り心地
ベッド重視=寝心地
ソファとベッドの両方=変形のさせやすさ、座り心地と寝心地のバランス

こちらに沿って選んでいきましょう。

 

ベッドメインなら、ソファベッドのマットレスにこだわろう!

ベッドメインで使うなら寝心地が大事ですので、マットレスにこだわると良いでしょう。寝心地重視で選ぶ高級ソファベッドの素材と機能でもご紹介していますが、フランスベッドや日本ベッドなどのベッドメーカーのソファベッドなら、普通のベッドのマットレスを使用しているので、最高の寝心地です。

また、ソファベッドは1人掛け、2人掛け、3人掛けのようにソファのサイズと同様に表示されていますが、ベッドメインならベッドのサイズを目安にしてください。

■ベッドのサイズ
セミシングルベッド:幅 850mm×長さ 1950mm
シングルベッド:幅 970mm×長さ 1950mm
セミダブルベッド:幅 1220mm x 長さ 1950mm
ダブルベッド:幅 1400mm x 長さ 1950mm

ベッドとして使用する横幅は、1人用なら900mm~1000mm、2人以上ならダブルベッド同様に1400mmくらいは必要。

背もたれを倒して使うソファベッドなら座面と倒した背もたれがベッドの横幅になるのでサイズ感を確認しておきましょう。またこの場合のベッドの縦の長さはソファの横幅になりますので、1800mm以上のものか「身長+200mm」程度を目安にすれば、足を伸ばしてゆったりと眠ることができるでしょう。

ソファの座面からマットレスを引き出して使うタイプのものであれば、座面の横幅がそのままベッドの横幅になります。

ベッドとしてのサイズを基準にすると、ソファベッドの幅も大きくなってしまうこともありますので、部屋の広さとスペースを考慮することをお忘れなく。

なお、ソファベッドに限らずベッドの横幅を選ぶときに寝返りが打てるかどうかは重要です。同じ姿勢で眠っていると一定の部位に圧力がかかり続け、血流を悪くしてしまい腰痛の原因にもなりうるため、睡眠時の寝返りは必要不可欠な動作です。ですので、ソファベッドの大きさも自然な寝返りをさえぎることのない広さが必要となりますので、ソファベッドといえど、ベッドメインで使うならその点に留意しましょう。

 

ソファをメインとして使いたいなら、デザインがよくて座り心地がよいもの

リビングのインテリアの要になるのはオシャレなソファセットと言っても過言ではありません。最近流行っているラグジュアリーモダンのリビングに、アイボリーのソファを置いたらステキですよね。

いくら便利だからと言ってデザインがイマイチなソファベッドでは、せっかくのインテリアが台無しになってしまいます。この場合は、まずはソファとしてオシャレなこと、さらに、来客が泊まることになったときなどには、ベッドにも変形させられるという観点でソファベッドを選ぶと良いでしょう。

この時、デザインだけではなく、座り心地も考慮しましょう。
たとえば、テレビを見たり音楽を聴いたりと、リラックスタイムはソファで過ごすことが多いもの。ですが、リラックスしていたはずなのに、体が余計にだるくなったときはありませんか。このような体の状態は、包まれるような座面の柔らかいソファの場合に多く見受けられ、原因は座る姿勢に関わっているのです。別記事「▼よいソファ選びのポイント」にもあるように、ソファを選ぶときに重要なのはクッションの硬さ。

硬いクッションは敬遠されがちですが、体が沈みこんでしまい姿勢が崩れてしまうような柔らかすぎるクッションは足腰に大きな負担になることもありますので、長時間座るなら座っていても体に負担の少ない柔らかすぎないクッションを選ぶことをおすすめします。
また、ソファベッドになるタイプには、とてもゴージャスなサイズ感のものがあります。

▼関連記事
憧れの大きいソファ!部屋の広さから考えるソファのサイズについて

もしスペースに余裕があるようでしたら、大型のソファを選ぶと、普段もゆったりくつろげて、ベッドとして使った方にも好評かもしれませんよ。

最後に、ソファとベッドの両方を使いたいという場合は、背もたれをワンタッチで倒したり起こせたりする変形がしやすいタイプのソファベッドを選ぶのがおすすめです。また、頻繁に使用することになる毛布やベッドパッドをしまっておくためにも収納がしやすい物を選ぶと良いでしょう。

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!