narrow 狭くても大丈夫!オシャレで魅力的な寝室コーデの作り方

狭くても大丈夫!オシャレで魅力的な寝室コーデの作り方1

限られたスペースでも実現するオシャレな寝室コーディネート

インテリアコーディネートのなかでも、特にその居心地や落ち着きを重視する空間がベッドルーム。見た目のオシャレ感やデザイン性も大切ですが、何より自身にとってリラックスできる空間であるかどうかが重要なポイントとなります。

睡眠環境の構築という観点では、一人暮らしのアパートであってもファミリータイプマンションであっても必ず寝るスペースは必要なわけで、

いかにグッスリと眠ることができる空間に仕上げるか

という部分が寝室コーディネートの鍵と言っても過言ではなく、見た目がオシャレにコーディネートされていたとしても心が安らがない空間では意味がありません。そして、空間の広さという点においても、

スペースに余裕があるほどリラックスできるわけではない

のが寝室ならではの特徴。

リビングやダイニングなどは、広く開放的なほどコーディネートの選択肢も広がりますし、洗練されたオシャレな空間を演出することができますが、寝室は逆に広すぎると落ちつかないという方も多いですし、寒々とした印象を受ける場合もあります。

そこで今回は、スペース的に限りのある狭い寝室にスポットを当て

狭いベッドルームで実現するオシャレで魅力的な寝室コーディネート

をご紹介いしていきます。

狭いとは言え、一人暮らしの1Kなどの間取りでは少々無理があるかもしれませんが、4畳半や6畳程度の一般的な部屋であれば、アイデア次第でオシャレな寝室コーディネートは十分可能。そんなアイデアとコーディネートテクニックをご紹介していきます。

▼関連記事
寝室を彩るおしゃれな枕カバーとベッドメイクコーディネート

4畳半や6畳間取りの寝室コーディネート例

狭くても大丈夫!オシャレで魅力的な寝室コーデの作り方2

一般的な間取りにおける4畳半や6畳という広さは、ベッドを置いただけで、もうその他の家具は置けないくらいの限られたスペースしかありません。もちろん、窓や扉などの開口部のレイアウトによって配置を工夫することはできますが、

デスクや収納家具を置く余裕があるかどうか・・・

というレベルで選択肢が限られてくるのが実情です。

もちろん、生活するうえで必要なものを配置するのが最優先ではありますので、その生活に必要な家具を排除してまでコーディネートに注力する必要はありませんが、

そんな限られたスペースのなかでもできるコーディネート

という視点で、4畳半や6畳間取りの寝室コーディネートをご紹介していきます。
また、合わせて過去にご紹介した「▼寝室を彩る照明やインテリア雑貨の活用コーディネート」なども参考にしながら、コンパクトな雑貨アレンジを心掛けるようにしましょう。

まず、その限られたスペースを阻害せずに

高い効果の空間演出できるのがアートパネルです

壁面にさまざまなサイズ、幾多デザインのアートパネルをランダムに配置することで、配色的にも空間のアクセントとなり、何よりご自身の満足度も高いインテリア雑貨の定番アイテム。柄物デザインもオシャレですし、ポスターや写真パネルなども寝室コーディネートには調和します。

そして次に挙げたいアイテムがウォールミラーです

床に直接立てかけて配置するウォールミラーは、姿見鏡としての活用以上に、空間の奥行きを演出してくれる視覚的アイテム。壁面へ貼り付けるタイプもありますが、アートパネルとバッティングしてしまうことや、自由に動かせるというメリットを活かして、立て掛けタイプの方が良いでしょう。

限られたスペースの寝室コーディネートは、細々とした雑貨類をあちこち配置するより、

視覚的な効果のあるアイテムを部分的に配置した方が効率的

という点を覚えておくようにしましょう。

▼関連記事
ベッドまわりと寝室全体のトータルコーディネートのポイント

物理的スペースはベッドサイズやデスクの奥行きで調整

狭くても大丈夫!オシャレで魅力的な寝室コーデの作り方3

物理的に狭い部屋を広々と見せるためには、配置する一つひとつの家具のサイズを小さくするという方法もあります。これは感覚的に「広々と見せる」のではなく、実際に動線スペースが広くなるテクニックで、配置するテスクなどの家具の奥行きを小さなものにすることで、

その家具が占有するスペースを削減

するという方法です。

例えば、ハイグレードの高級ホテルなどでも、窓などの開口部を大きく見せるためにひと回り小さな家具を配置したりすることがありますが、仮に寝室にデスクを置く場合、奥行きのあるデスクより、横長のカウンターのようなデスクを配置した方が、動線部分は大きく確保できるようになります。

もちろん、そのぶん横幅を取ってしまいますので、その他の家具の配置を諦めなければならないケースなども出てくるかもしれませんが、寝室にベッドを置いても

ある程度のスペースは確保したい

ということであれば、こうした方法があるということも知っておくと良いでしょう。
もちろん、ベッドサイズそのものを小さくするという方法もありますが、シングルサイズ以下のスモールサイズベッド(ミニシングルサイズ)となると、

寝心地や快適さが損なわれる可能性

があるので、インテリアコーディネートをするためだけにそこを犠牲にしてしまうのは本末転等。ベッドサイズは変えずに、

・デスクの奥行きを抑え
・コンパクトなラウンドチェア

などを配置すれば、観葉植物などのアクセントアイテムを置くくらいのスペースは確保でき、限られた寝室空間においても、狭いスペースなりのコーディネートを楽しむことができるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
寝室に限らず、スペースの限られた空間におけるコーディネートは、空間の抜けの演出と、コンパクトな家具の配置によってスペースを確保する工夫とアイデアが重要であることを覚えておくようにしましょう。

▼関連記事
オシャレ女子のかわいいベッドメイキングと寝室コーデ

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!