monotone プロ顔負け!ベッドルームをモダンにまとめるモノトーンコーデ

プロ顔負けのモダンなベッドルームに仕上げるモノトーンカラーコーデ1

人気のモノトーン調ベッドルームを実現!

住まいのインテリアといえば、木の質感や木目を重視した温もりを感じるインテリアを作りがち。
しかしながら、最近では壁面を黒板化にするシールやスプレーなどが人気であり、シンプルなデザインに機能性をもとめたモダンスタイルに白と黒を組み合わせたモノトーンコーデが人気です。

スタイリッシュでクールな印象
上品で落ち着いた印象

など、配色や配分で全く異なる印象に仕上がるのがモノトーンコーデの面白さ。ファッションでも白と黒のアイテムばかりという人も多く、白黒の魅力にはまってしまうと身の回りのものすべてがモノトーンになっているかもしれませんね。

モノトーンと言えば白と黒、グレーの配色をイメージされる方も多くいらっしゃいますが、そもそもモノトーンとは黒に限らず、赤やピンク、青や水色などというような単色の濃淡を指しますが、今回は白と黒、グレーを基本にベッドルームのモノトーンコーデについて紹介していきます。

生活感を隠してしまい、室内をカッコよく演出してくれるモノトーン。

色の配分、明度の差により全く異なるテイストに仕上がりますので、どんな印象にしたいのかを想像しながらお読みください。

▼関連記事
覚えておきたいオシャレなベッドルームインテリアのポイント

 

寝室におけるモノトーンコーデのポイント

プロ顔負けのモダンなベッドルームに仕上げるモノトーンカラーコーデ2

インテリアを白・黒・グレーで揃えるというのはイメージできても、実際にコーディネートするとなると、黒の割合が多すぎると圧迫感を感じたり、重苦しい印象になってしまいます。

たとえば、男前インテリアの必須アイテムといっても過言ではない黒いベッドに黒いカバーをかけてしまうと、重厚感やカッコよさはあるものの部屋の空間を狭く感じさせてしまうこともあるんです。

このように配色次第で空間の見せ方を大きく変えてしまうモノトーンコーデですが、どのように配色をしていけば理想的な空間に仕上げることができるのでしょうか。ここでは寝室におけるモノトーンコーデにおいてのポイントについて紹介します。

色の配分・コントラスト

白・黒・グレーの3色ならがも、空間を占める面積の色やその他の配色により全く異なる空間に仕上がります。

《メインの色によって異なる印象》
白……清潔感のある明るい印象のベッドルームに
黒……シックで高級感を与えるベッドルームに
ダークグレー……スタイリッシュなベッドルームに
ライトグレー……ナチュラルな明るさのベッドルームに

床や壁、カーテンや寝具の色は、ですので、これらの配色により明るいやムーディーな印象に仕上がります。

なお、配色に関しては、白と黒だけのはっきりとしたコントラストであれば、

シャープでキリっとしたデザイン性の高い印象

に仕上がりますし、グレー系でまとめたコントラストの低いものであれば、

洗練されつつも親しみやすい印象

になるでしょう。ダークカラーで大人っぽい空間にしたいなら、同じ色でまとめるのではなく、明度(トーン)の違う黒を取り入れることにより濃淡を演出しますので、室内にメリハリが生まれ、オシャレな印象を与えやすくなります。

このように配色次第で印象は変わってきますので、まずは好みの雰囲気をイメージしてメインの色味を決めていくことが、モノトーンコーデの第一歩です。

▼関連記事
寝室のカラーコーディネートはカーテン&布団カバーで整えよう

インテリアの素材

モノトーンカラーは家具の定番色であり、リーズナブルに購入できるアイテムも数多くありますが、同じ色でも安っぽい物であれば、室内の印象もチープに見えてしまいます。

素材の色やツヤにより空間に与える印象は変わってきます

ので、モードな印象に仕上げるにはツヤありの家具がおすすめですが、シックな印象に仕上げるにはツヤのないマットな質感にしましょう。

なお、寝具の素材といえば綿が一般的ですが、美しい光沢の絹やサテンのシーツ、ベルベット調の掛けカバーといったように、素材にこだわることでワンランク上のコーディネートを実現できます。無地なものであれば落ち着いた印象になりますが、立体感がないためにのっぺりとしたメリハリのない空間になってしまいます。柄の入っているものであれば、立体感がグンと出て空間の表情に変化をもたらせることができますので、ぜひお試しください。

間接照明で奥行きを演出

壁面が黒いモノトーンの室内では、間接照明を上手に使いましょう。黒い壁は圧迫感を与えがちですが、部屋の奥の壁や天井を照らすことにより奥行きを演出することができますので、スポットライトやフロアランプを活用するのがよいでしょう。

なお、寝室なので室内全体を照らす必要はありませんが、読書などができる程度の明るさは確保しましょう。過去記事「▼寝室を彩る照明やインテリア雑貨の活用コーディネート」にてベッドルームにおける照明効果について紹介してあるので、そちらもぜひご覧ください。

 

スタイル別・寝室モノトーンコーデ

プロ顔負けのモダンなベッドルームに仕上げるモノトーンカラーコーデ3

モノトーンコーデのポイントをお伝えしましたが、ここではそれぞれのスタイルからみたモノトーンコーデを紹介します。

北欧モダン・モノトーンコーデ

北欧風に仕上げるならグレーをメイン。色の濃淡(トーン)を変えていくことにより、柔らかな空間になります。複数の枕を使用して濃淡を変えるコーデは簡単に取り入れやすいでしょう。

なお、濃淡はあるもののインテリアのアクセントとなるようなものが欲しい場合には、上記の写真のように観葉植物を配置するのがおすすめ。ナイトテーブルに置けるような小さなものや、高さのある大型のものなど、部屋の空間に応じたサイズを選んでみてはいかがでしょうか。

アーバンモダン・モノトーンコーデ

ホテルライクな都会的テイストに仕上げるなら、黒と白のコントラストを効かせましょう。
黒のベッドに白っぽい寝具でまとめれば、洗練された高級感をもたらすことができます。

間接照明にはシンプルなデザイン性の高いスタンドライトやフロアランプがおすすめ。寝室には温かみを感じさせる電球色がおすすめですが、アーバンモダンスタイルなら白っぽい光の昼白色や青みがった昼光色でもOK!
ただし、寝室の照明は横になったときに光が直接視界に入らないようにすることがポイントとなりますので、壁や床を照らすように使用しましょう。

インダストリアル・モノトーンコーデ

工業的インテリアとも言われるインダストリアルは、無機質な素材を活かした金属製のレトロな照明などが特徴的。そんなインダストリアルのモノトーンコーデの配色は、白と黒にダークグレーを加えましょう。

コントラストを効かせたような色合いではなく、くすんだ感じに仕上げるのがポイント。また、金属を使うことでインダストリアルの印象になりますので、パイプベッドやスチールで作られたランプシェードなどがおすすめ。

過去記事「▼アクセントクロスを使ってスタイリッシュな寝室をつくろう」にあるように、アクセントクロスを貼ることにより簡単にクロスに変化を与えることが可能になりましたので、コンクリート柄やレンガ調のアクセントクロスを貼ってはいかがでしょうか。

いかがでしたか。
白と黒、グレーの3色ならば統一感も出やすいので、インテリア初心者にもおすすめな配色ですが、ダークカラーでまとめすぎてしまうと部屋全体が暗くになりがち。濃淡(トーン)の異なる色を加えて、明るさを出すことがポイント。なお、色味が欲しい場合にはアクセントカラーとして1色入れることで、さらにオシャレな印象に仕上がりますよ。

▼関連記事
フランスベッド「スタイルブラック」モノトーン調のモダンなコーデにベストマッチ!

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!