episode07-francebed-yokohama 家具インテリアのプロに聞く~メーカー編~
episode.07 フランスベッド 横浜ショールーム

神奈川初のフランスベッド旗艦ショールームが
横浜みなとみらいにオープン

フランスベッド横浜営業所の笠井所長※こちらのページは2020年3月に行なわれた取材をもとに構成・制作されています。
2020年3月、フランスベッド横浜ショールームが新たにオープン。横浜営業所の笠井所長に、神奈川初のショールーム開館の経緯や、フランスベッド一押しの除菌機能を持つ高衛生マットレスなどについてお話を伺いました。

フランスベッド株式会社 PROFILE
フランスベッド商品

家庭用・医療用ベッドや寝具を製造販売する日本のベッドメーカー。1949年に東京都三鷹市に車両シートの製造工場として双葉製作所を創業。1956年に発売した分割式ソファベッドの名称を社内公募により「フランスベッド」に決定し、1961年に社名をフランスベッドに変更した。つまり社名とフランス共和国は一切関係がない。高温多湿な日本の夏にも適した通気性・耐久性を備えた「高密度連続スプリング」を使用したマットレスが特長で、全国に展開するショールームと、製造工場に隣接する展示場(PRスタジオ)では商品の寝心地を体感できる。

目次

横浜の最先端エリアにふさわしいハイエンドモデルも充実

―フランスベッドさんは全国の主要都市を中心にショールームをお持ちですが、神奈川でのオープンは今回が初だそうですね。今まで神奈川にショールームを設けなかったのは何か理由があるのでしょうか。

フランスベッド横浜ショールーム入口

ショールームという性質上、立地や面積など色々な条件をクリアできる場所を長年探していました。今回ようやく良い物件が出てきて、満を持して開館に至ったというところです。今後もフランスベッドのショールームを立ち上げていくことを考えて、やはり神奈川県内でも横浜という立地がベストだと判断しました。

―横浜ショールームの最寄り駅である新高島駅は横浜駅から1駅、さらに新高島駅からショールームまでは徒歩2分と好アクセスです。

はい。それからスペースの問題もありました。面積が狭いと展示できる商品も限られてしまい、ショールームとしての魅力に欠けるだろうということで、最低でも200弱平米は欲しいと思っていました。

―建物の1階で、道に面している壁がガラス張りなのもあってショールーム内が外からもよく見えます。ワンフロアでこれだけ広々していると開放感がありますね。

そうですね。天井もだいぶ高くとり広く見せるようにしています。

―横浜ショールームの特長を教えてください。

フランスベッド横浜ショールーム内

ひとつは、フランスベッド直営のショールームということ。ベッドはもちろんインテリアについても、われわれメーカーのスタッフが持つ商品知識をお客様に分かりやすくご提供します。さらに立地の良さと広さを活かし、新商品をどんどん発表していく場でもあります。

―全国に展開しているフランスベッドのショールームの中で、横浜はここが違う、ほかと差別化を図っていく点はございますか。

まず、横浜や全国の政令指定都市にあるショールームは旗艦店と位置づけており、情報の収集と発信がメインになります。展示する商品の構成も異なり、旗艦店以外のショールームは催事を前提とした商品構成を図っています。逆に旗艦店においては高価格帯のハイエンドモデルや、家具屋さんでは展示が少ない商品もご覧いただけます。

―確かに、ショールームに入ってすぐの位置には完全受注生産の「ザ・フランスベッド」を配置するなど、高級感を演出されているのを感じますね。

フランスベッド横浜ショールーム内

ありがとうございます。奥には「スランバーランド」のコーナーをご用意しています。外資系高級ホテルで採用されているマットレスの寝心地もお試しいただけますよ。

除菌機能を持つ高衛生マットレス「キュリエスAg」

―ショールームをオープンした横浜みなとみらいエリアの魅力についてお聞かせください。

横浜みなとみらいの景観

横浜市の中区と西区にまたがる「横浜みなとみらい21」は、1980年代から現在に至るまで横浜市がもっとも力を入れている都市再開発エリアとして、発展を続けている街です。現在、このエリアのタワーマンションには約9,000世帯が生活しており、隣接する川崎と比較しても価格は下がっておらず、むしろ上昇傾向にある状況です。

また、ショールームの周辺には日産の本社、富士ゼロックスや資生堂の研究所など、世界的にも有名な一流企業さんが拠点を置かれています。そういったロケーションもあり、われわれも企業イメージアップを図っていきたいと考えています。

それから、みなとみらいにはハウスメーカーさんなどインテリアのショールームも多いので、そういったエリアにフランスベッドのショールームを置きたかったというのもあります。

―横浜ショールームが主ターゲットとする購買層は、先ほど上がったようなタワーマンションにお住まいの、いわゆる生活水準が高めの方々なのでしょうか。

そういった方ももちろんですが、みなとみらいエリアに限らず神奈川県全域、また神奈川県と隣接する東京地区にお住まいの方々も含んでいます。

―横浜ショールームで、笠井所長おすすめの商品を教えてください。

ひとつは英国ブランドのベッド「スランバーランド」ですね。日本ではフランスベッドが唯一技術提携しており、今後も当社の主要商品として推し進めていきたいと思っています。

世界の一流ホテルで採用されているマットレス「スランバーランド」
また、最近は除菌機能を持つ繊維「アグリーザ」を表生地に採用した「キュリエスAg」という高衛生マットレス・寝具を発売しました。時節の影響もあってか関心が高く、お求めになるお客様が非常に多いです。 当社のベッド・寝具は病院や福祉業界へも提供しておりますので、衛生面に関しては他のベッドメーカーさんと差別化を図っていくという思いがあります。それを形にしたものが通気性の良いマットレス、除菌のできるマットレスです。
抗菌・制菌より高効果の除菌マットレス「キュリエスAg」

一人ひとりの体に合ったかたさのマットレスで快適な眠りを

―既存のフランスベッドショールームと同様に、横浜ショールームでも週末を中心に販売会を行なわれるのでしょうか。

はい、毎週土日は販売会を行なって参りますよ(※)。横浜ショールームのオープン以前は、神奈川県内での販売会は得意先の販売店様による店外催事という形で行なっていました。今回、立地の良いショールームができましたので、お客様はもちろん、販売店様にもぜひご活用いただきたいですね。
(※新型コロナウイルスの影響を踏まえ、2020年5月現在、営業体制が変更されており、週末の販売会も中止になる場合があります。またショールームのご来館には事前予約が必要となりますのでご注意ください)

―これから横浜ショールームを盛り上げていくにあたっての笠井所長の意気込みをお聞かせください。

フランスベッドの輸入ソファ

横浜エリアにショールームを構えることは、私が横浜営業所を担当する以前からの会社の念願でした。冒頭でも申し上げましたが、なかなか良い物件が出てこず、私の代になってやっと巡ってきたという訳です。だからこそ、ショールームをずっと継続していかなければという強い思いがあります。

また、フランスベッドは寝具だけでなく、ドイツやイタリアなどヨーロッパ製のソファやパーソナルチェアも扱っております。そういったインポート家具にご興味のあるお客様に対しても詳しいご説明や十分なサービスをご提供できるようにしていきたいです。

中長期の目標として「フランスベッドのショールームといえば横浜みなとみらい」「横浜にある(家具インテリアの)ショールームといえばフランスベッド」と評されるくらい全国にその存在を広めていくべく、われわれ営業とショールームのスタッフともども精進してまいります。

―最後に、ショールームをまだ利用したことのないお客様に向けてひと言お願いします。

フランスベッドの寝姿勢測定機

まずは一度ご来店いただき、フランスベッドにはどんな商品があるのかを見て触れていただきたいですね。 ショールームでは寝姿勢測定機を使ってお客様の体に合うマットレスのかたさを計測します。

さらにスリープアドバイザーの資格を持つスタッフが、お客様の眠りに関するお悩みや疑問をお伺いし、最適なマットレスをご提案いたします。ショールーム内のマットレスはすべて試し寝が可能です。実際に横になり、ご自分にいちばん合ったマットレスで最適な睡眠環境を手に入れてください。スタッフが誠心誠意お手伝いさせていただきます。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!