francebed_carpet フランスベッド主催ペルシャ絨毯・高級絨毯展レビューのご紹介!

ペルシャ絨毯、高級絨毯(シルク・ウール)を見るなら展示会がオススメ!

なかなか実物を見る機会もない、あこがれのペルシャ絨毯。
販売店に行っても、それほど取り扱いの品物が多くはなく、サイズや模様など、選べるほど置いてあるところは少ないです。そんなペルシャ絨毯がたくさん展示されるというので、展示会に潜入してみました!

会場に入ると、当たり前ですが、どこを見ても、ペルシャ絨毯だらけ!
壁一面に大きいサイズのペルシャ絨毯が展示されていて、美しい模様がライトに照らされています。裏表が同じ模様になるのがペルシャ絨毯の特徴なので、思わず裏側も確認して、お~、と一人で声をあげてしまうほど、その幾何学的な模様や風格に圧倒されます。

大きいものは値段を確認するのも怖いので、眺めるだけで通り過ぎ、平置きになっている小さいサイズのコ ーナーへ。ペルシャ絨毯は織るのに大変な時間がかかるうえ技術が必要で、また、その織りも美しいので、高級なのも納得なのですが、実際に手に取って、買える価格、というところでは、玄関マットなどの小さ目のフロアマット程度が現実的ですね。ダイニングに敷く…というのは、憧れのまた憧れです…。

一度は見る価値あり!美術品のようなペルシャ絨毯の精巧さ

ペルシャ絨毯はイランで主に作られていますが、イランでも数多くの産地があり、イスファハン、クム、タブリーズ、ナイン、カシャーンなどが有名です。それぞれの産地によって特徴があります。日本に当てはめると、焼き物なども産地によってずいぶん印象の異なるものがありますが、そのくらい大きく異なる特徴があるそうです。

左右の角度から見ると色が違って見える絨毯や、一見ペルシャ絨毯には見えない変わった織り模様の絨毯などもあり、普段見られないような商品もたくさん展示されていますので、見るだけでも価値がある展示会でした。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加