francebed_outletsale フランスベッド主催・アウトレットセールへ行ってきた!体験レビューと感想をご紹介!

型落ち・現品あなどるなかれのハイグレード・アウトレットセール!?

「OUTLET SALE」と聞いて、皆さんはどんなものを思い浮かべるでしょうか?半端もの、型落ち品、現品限り、多少のキズものが扱われている?1割引・2割引は当たり前、通常セールよりも割引率が高い?結局のところ、在庫余剰品があると困るからOUTLET SALEを行うのだと私は思っています。その処分をしないと次の新製品は作れないし、倉庫だってものを置けません。だから、その在庫を一掃するんですね。購入する側としては、正規で買うより安く買えますし、ただでさえ、家具はあまり割引販売されないので、こういうセールを狙うのが賢く家具を買う技なのだ、と、個人的には思っています。

さて、今回行ってみたのは、フランスベッドの倉庫で行われた OUTLET SALE!OUTLET、倉庫、セール…魅力的なワードの数々です。期待に胸を膨らませていきましたが、その期待を裏切らないセールでした。

焦らずとも多彩に選べるメーカー直販の圧倒的商品数

あいにくの天候の中、フランスベッドの八王子倉庫で OUTLET SALE が開催されました。倉庫だけあって、屋根はあるけど壁がない状態の場所で行われるので、季節の良い春秋ならまだ快適に見て回れますが、夏冬はかなり大変な状況になることが容易に想像できます。倉庫セールに行く場合は、寒すぎず暑すぎない気温の日に行ったほうが、購入するかどうか冷静に判断できると思います。

受付を済ませると、倉庫内が一面ベッドで覆いつくされており、その量にまず圧倒されます。フランスベッド1社で取り扱うベッドがこんなに種類があるのか…と思うと、ただ寝る場所としてのベッドなのに、よくまぁこんなにいろいろなバリエーションがあるものだな、と変に感心してしまいました。

あえて混雑を避けられる雨天時が狙い目か!?

ざっと見たところ、エスプリ・セレブやロータイプベッドの座院、一部オーダーが可能というαモーニングなどの新作商品のアウトレットが出ていたり、カントリー調の Ticaシリーズやマットレスのスランバーランドなどの型落ち品もたくさん展示されていました。ベッドだけでなく、ソファーやダイニングセットなども多数展示されていて、ソファーでいえば、erpo(エルポ)やシャトーダックス、IDP といった、ヨーロッパの有名インテリアブランドの商品もずらりと並んでいました。倉庫にあるからか、見た目にはそこまで高級感は漂っていないのですが、実際に触ってみたり、座ったりすると、高級品なのがよくわかります。価格は期待を裏切らない安値で、一点ものや数量限定品などはあっという間に赤札が貼られていく状況なので、ベッドやソファーを買いたい人は是非一度セールに来ることをお勧めします。

晴れた日には外にテントを張ってそこにも商品を並べるようなのですが、今回は天気が良くなかったためか、外での展示はなくそこがとても残念でした。自分も行っていますが、雨なのにたくさんの人が来ていて、見て回るのが結構大変でしたが、これが晴れた日だといったいどのくらいの人数が来場するんだろう…と想像すると、雨くらいがちょうどいいのかもしれません。期待を裏切らない倉庫セール、また来たいと思います。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加