choose 【部屋別・スタイル別】お部屋の雰囲気に合わせたカーテンの色選び

【部屋別・スタイル別】お部屋の雰囲気に合わせたカーテンの選び方1

インテリアの印象を決定づけるカーテンの色選びとは

カーテンは部屋のイメージを左右するアイテム。部屋に入ったときにパッと目に入り、その印象で部屋のテーマを決定づけてしまうほど、重要な役割を持っています。

新居や模様替えなど考えているときは、

シックな落ちついたダークカラーにしたい
明るい印象の北欧柄にしたい

というように、イメージを膨らませていたりするものの、いざ選ぼうとしたときには種類が多すぎて、どんなものを選べばいいのか悩んでしまう方も少なくありません。

買い替えの頻度も少ないなら、壁紙に合わせたオーソドックスな色にすべきか、それとも自分好みの色や柄にすべきなのか…。

カーテンの色選びに頭を悩ませるなら、まずはインテリアをオシャレに見せる配色バランスを頭に入れましょう。

インテリアの配色については、過去記事「▼家具・インテリアの配色を工夫して素敵な部屋を目指そう」でも解説しているように

・ベースカラー(壁や床など):70%
・メインカラー(家具など):25%
・アクセントカラー(雑貨など):5%

を意識することが大切で、カーテンはソファなどと同じメインカラーにあたります。
ベースカラーとして壁紙と同じ色にする場合もありますが、ソファや家具の色に合わせることで部屋全体にまとまりが生まれます。

ですから、カーテンの配色は他の家具に色に合わることがオシャレなインテリアに仕上げるコツ。
今回は、部屋別・スタイル別にあわせたカーテンの配色についてお伝えしていきます。

▼関連記事
部屋の印象がガラリと変わる家具に合わせたカーテンコーデ

 

【部屋別】用途に合わせたカーテンの色選びのコツ

【部屋別・スタイル別】お部屋の雰囲気に合わせたカーテンの選び方2

リビング・ダイニング向けのカーテン色

ホワイト、ベージュ、グレー、淡いグリーン、淡いブルーなど

家族やお客様が集まる共有スペースであるリビング・ダイニングは、みんなが落ち着ける色遣いにするのがおすすめ。赤や紫といった個性的な色よりも、ベーシックな色や淡い色にしましょう。また、ダークブラウンはカーテンを束ねておくと部屋の印象をスッキリと見せれくれるのですが、カーテンを閉めると圧迫感を与えてしまうこともあるので、部屋の広さを考慮しながら選ぶといいでしょう。

寝室向けのカーテン色

ベージュ、ブラウン、ブルー、グリーンなど
一日の疲れを癒すために、落ち着いた雰囲気にするのがポイント。オレンジやイエローなどの興奮させてしまう色ではなく、淡いトーンの心を落ち着かせる色がおすすめ。プライベートな空間でもあるため、自分好みの柄の入ったものにしている方も多いようです。

書斎向けのカーテン色

ブルー、ブラウン、グリーンなど
書斎や仕事に集中できる空間にしましょう。集中力を高めるとされるブルー系や心を落ち着かせるブラウン系、リラックスできるグリーン系がおすすめ。深みのある色にすることで、重厚な印象に仕上がります。

子供部屋向けのカーテン色

子供部屋はお子様の年齢により選ぶ色が異なります。未就学児や小学校低学年であれば、パステルカラーに動物モチーフが入ったものなどがおすすめですし、小学校高学年以降で勉強部屋としても使用するなら、ブラウンやベージュなどの落ち着いた色やブルーなどもいいでしょう。
子供部屋といえどもいつまでも幼い印象のカーテンにするのではなく、年齢に応じたものを選ぶことが大切。子供部屋が大好きと思えるような、可愛らしいデザインのカーテンをとりいれるのもいいですね。

▼関連記事
寝室のカラーコーディネートはカーテン&布団カバーで整えよう

 

【スタイル別】テイストに合わせたカーテン選びのコツ

【部屋別・スタイル別】お部屋の雰囲気に合わせたカーテンの選び方3

モダンスタイル

都会的なスタイリッシュな印象のモダンスタイルには、ダークブラウンやダークグレイなどの濃い色合いがしっくりと馴染むでしょう。くすんだ色合いのブルーグレーなどもおすすめ。複数の色が入ったものではなく、無地や濃淡の異なる色の柄入りがいいでしょう。

北欧風スタイル

自然の中の暮らしを思い描くような、植物が描かれたカーテンはいかがでしょう。北欧風のカーテンは、自然や動物をモチーフにしたデザインや幾何学模様が多いのが特徴的。グレーが混ざり合った、ニュアンスカラーやダスティーカラーなどと呼ばれるくすんだ色合いのカーテンを選ぶと、北欧風に仕上がるでしょう。

男前スタイル

ビンテージ風やインダストリアル風、ブルックリン風など、男前インテリアにはブルーやグレーなどのシックな色がマッチするでしょう。ストライプやボーダーなどの柄入りでもOK!デニム風などのカーテンも面白いでしょう。

クラシックスタイル・エレガントスタイル

クラシカルな印象のお部屋には、ベージュなどの淡いトーンの色調がおすすめ。無地ものではなく、花やリーフなどの植物をモチーフとした柄入りを選ぶことで、より上質な空間に仕上がります。

いかがでしたでしょうか。
カーテンは部屋の印象を決定づけてしまうほど、インテリアにおいては重要なアイテム。オシャレなお部屋に仕上げるために、カーテンの色や柄はしっかりと選んでくださいね。

▼関連記事
インテリアコーディネートの基本とスタイルごとの定番テクニック

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!