couch_washable ソファって洗えるの!?ウォッシャブル・カウチソファの正しい選び方

カウチソファの汚れってどうしてる?洗えるカウチソファのメリット1

気になるカウチソファの汚れ、どうすればいい?

家具は置いているだけで、知らず知らずホコリや傷がつくものですが、腰かけたり横になったりするカウチソファは、ホコリや傷に加えて皮脂や汗もつきやすく、

使用しているうちにだんだんと薄汚れていってしまいます。

食べかすや食べこぼしなどは注意していても防げないこともあり、ピカピカだったカウチソファもそうした汚れやシミが積み重なり、気づけば残念な状態に……。

せっかくのカウチソファを

きれいに保つためにはどんな対策があるのでしょうか?

そもそも汚さないことが第一ですが、汚れてしまった場合は、「水分による汚れ」や「皮脂などの油汚れ」など汚れの種類によって対処法が異なります。さらに革やファブリックなどカウチソファの素材によってもホコリや汚れの落し方は変わります。以下でご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

カウチソファの素材別の汚れ落とし方法(自宅編)

※素材や使用される洗剤によっては思わぬ色落ち、変色、汚れの広がりが起きることがあります。
取り扱い説明書をお読みになり、自己責任で行ってください。

布製

※汚れの性質によっては範囲が広がってしまう場合があります。
・掃除機で汚れを吸い取る。
・洋服ブラシで汚れを掻きだす。
・防臭効果のある重曹をふりかけ、暫く放置した後、掃除機で吸う。
・気になる汚れは中性洗剤を薄めたものをタオルにしみこませ、良く絞ってから叩くように拭く。
その後輪染み防止のため、水に濡らし絞ったタオルでとんとんと叩いて洗剤を吸わせる。

合成皮革

※革が変色する場合があります。目立たないところで必ず試し拭きを行ってください。
・中性洗剤を薄めたものを柔らかいタオルにしみこませて拭き、その後水を絞ったタオルで拭きとる。
・専用クリーナーで拭く。

天然皮革

※変色や風合いが変わる場合があります。説明書をよく読んでください。
 専門の業者に依頼する必要がある場合もあります。
・レザー、スムース素材は革専用クリーナーを使用する。
・スエード素材は目立つ汚れは消しゴムで擦る。

汚れの種類や汚れ具合によっては、残念ながら完全に落としきれない場合もあります。汚れの放置は見た目はもちろん衛生的にも、気分的にも良くないですよね。かくなる上は、

ウォッシャブルできるカウチソファ、すなわち洗えるカウチソファ

で汚れのお悩みを根本的に解決しましょう!洗えるカウチソファについて次のコーナーで解説します。

▼関連記事
外して洗える!カバーリングソファで楽しむダイニングコーデ

 

ウォッシャブルなカウチソファでいつも清潔!

カバーが掛け替えられるソファは以前からありますが、カウチソファもウォッシャブルタイプが登場しています。もちろんフレームやコイルの入ったソファを丸ごと洗うわけではなく、本体やクッションなどの

カバーが取り外せるタイプになっており、そのカバーを洗うことができるというもの。

このようなカバーリングのカウチソファなら、汚れが気になってきたときはもちろん、季節の変わり目や定期的なお手入れとして、カバーを外して洗濯できます。

洗えるカバーは丸洗いして太陽の光に干すこともできますから、衛生的にも気持ちが良いものです。

カバーの取り外しが面倒なのでは?と心配な方、ご安心ください。すっぽりかぶせるタイプや着脱がしやすいタイプなど、メーカーそれぞれ独自の工夫でさまざまなカバーが発売されています。

また、色違いのカバーをストックしておけば、汚れ対策だけでなく、インテリアを楽しむ模様替えのアイテムとしても使えますので、カバーリングのカウチソファを購入するときには合わせて色違いのカバーも揃えておきましょう。

▼関連記事
カバーやクッションでソファのコーデを楽しもう!

 

洗えるカウチソファ・カバーリングソファのメリットと注意点

カウチソファの汚れってどうしてる?洗えるカウチソファのメリット2

カバーリングのカウチソファは清潔さを保ち、ソファ本体をキレイな状態でキープできます。オットマンやクッションも同じカバーで揃えるとセット感もアップ。

洗えるカウチソファ、カバーリングソファのメリットをまとめてみました。

・カバーを丸洗いできるため、いつも清潔
・ソファ本体を汚れから守る
・色や模様を好みのものに変えられる

清潔に保てて模様替えもしやすいと、いいこと尽くめの洗えるカウチソファですが、気をつけるべき点も。

・ご家庭の洗濯機で洗えるかどうかを確認しておく
「洗えるカウチソファ」「ウォッシャブル」と記載があっても、自宅での洗濯を推奨していないものもあります。高級な素材や繊細な柄入りなどのカバーはクリーニング店に依頼しなければならない場合がありますので、購入前に洗濯表示を確認しましょう。

・カバーの脱着が容易ではないものもある
カウチソファは大型家具です。カバーの付け替えを一人で行なうのが難しいタイプもあります。とくに一人暮らしの方は確認を忘れずに。

・廃盤になってしまうこともある
ソファが廃盤になってしまうとカバーも廃盤になってしまいますので、気に入った色や柄のものはあらかじめゲットしておきましょう。

オシャレなインテリアを楽しみたくても汚れるからと諦めていた方や、清潔さを大切にしたいお子様のいるご家庭、家具が傷んでしまう悩みをお持ちのペットがいる方も、ウォッシャブル・カウチソファなら安心です。カウチソファを購入するときの候補のひとつにぜひ入れてみてくださいね。

 

▼関連記事
ソファカバーを替えて部屋のイメージを一新させよう!

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!