table_glass 【ガラス製・クローム製etc】モダンなダイニングテーブルの選び方

モダンダイニングには欠かせないガラスやクロームのダイニングテーブルの選び方1

モダンテイストを色濃く演出するガラス天板のダイニングテーブル

最近の人気のコーディネートスタイルのひとつであるモダンスタイル。
さらに、都心部や大都市などにおいてはタワーマンションなども増えたことも背景に、都会的なアーバンスタイルなどのコーディネートも急速に増えつつあります。

そんなモダンスタイルやアーバンスタイルにおけるダイニングにおいては、やはり天然木のダイニングテーブルより、ガラスやクロームメッキなどが多用された

人工素材のダイニングテーブルが良く似合うのも事実

主観的な部分もあるかもしれませんが、こうした素材やスタイリッシュなフォルムのテーブルは、より都会的な生活スタイルを想像させてくれるのではないでしょうか?
そこで今回は、モダンスタイルやアーバンスタイルのダイニングコーディネートに欠かせない、

ガラスやクロームのダイニングテーブル

にフォーカスして、その魅力やメリットから選び方などをご紹介していきます。

もちろん、ダイニングテーブルだけでモダンやアーバン的な空間を演出できるわけではなく、空間全体のトーンカラーから、選ぶ家具のデザインやフォルムなども含めて考慮する必要がありますが、ダイニングの主役とも言えるダイニングテーブルにこうした人工素材を取り入れることで、

一気にスタイリッシュな空間に仕上がる

のも事実ですので、まずはモダニズムを感じさせるダイニングテーブルの魅力やメリットについて見ていきましょう。

▼関連記事
都会的センスが光るモダンダイニングのコーディネート実例

 

洗練されたデザインと生活感を感じさせないフォルムが魅力

モダンダイニングには欠かせないガラスやクロームのダイニングテーブルの選び方2

モダンスタイルやアーバンスタイルの最大の特徴は、やはり

・シンプルでスタイリッシュ
・生活感を抑えたオシャレな空間
・クールな印象のトーンカラー

などが挙げられますが、なかでも人工素材となるガラスやクロームメッキなどは、ダイニングテーブルに限らず、モダンコーディネートの定番アイテムと言っても過言ではないくらいモダン演出のコンポーネントになりつつあります。

こうした人工素材の家具は、木材などの天然素材の家具と比較して無機質であり、温かみなどを感じることはありませんが、デザイン面では直線的でスタイリッシュなフォルムのプロダクトが多く、オシャレな空間演出という観点では、天然素材の家具以上に洗練されたコーディネートが可能です。

今回フォーカスしているダイニングテーブルにおいても、テイストによってチョイスする素材は変わってくる部分こそありますが、基本的には

ガラス天板やクロームなどの金属脚

を選択することで、生活感を感じさせないモダン的なダイニング空間を演出することが可能です。上記のイメージ写真のように、必ずしも金属製のテーブルである必要はなく、その選ぶ素材や配色によって

・シンプルモダン
・スタイリッシュモダン
・アーバンモダン
・ラグジュアリーモダン

などに分類することができますが、ガラスや金属といった人工素材を中心にコーディネートするテイストにおいては、アーバンモダンやラグジュアリーモダン寄りになってきますので、ダイニング全体のトーンカラーにおいても、白や黒、グレーやダークブラウンといった

落ちつきのある配色で空間全体をまとめる

と、より一層人工素材のダイニングテーブルの魅力も引き立ち、洗練されたモダンなダイニング空間に仕上げることができるでしょう。

▼関連記事
アイアン脚ダイニングテーブルでスタイリッシュなお部屋の演出!

 

目立つ汚れや滑りやすさなどを前提とした製品選びのポイント

モダンダイニングには欠かせないガラスやクロームのダイニングテーブルの選び方3

次に、モダンなダイニング空間に欠かせないガラス天板のダイニングテーブルを実際に選ぶ際には、どのようなポイントを押さえておけばよいのでしょうか?

ダイニングテーブルのサイズ選びなどは、過去記事「▼ダイニングテーブルの基本規格とサイズの基礎知識」などを参考にしていただければと思いますが、上記でも軽く触れましたように、モダンやアーバンな空間においては、温かみよりスタイリッシュさをアピールするスタイルとなりますので、

なるべく直線的なデザインのプロダクト

を選び、テーブル自体の色味もブラックやダークブラウンといった

濃い目の色をチョイスするのが鉄則

また、フローリングや壁紙などに深めな色味が用いられているのであれば、逆にホワイト基調のテーブルやチェアを配置することで、モノトーン調のオシャレなモダン空間に仕上げることができます。

一方、ダイニング空間全体を深みのある配色でまとめてしまうと、どうしても空間全体が暗いイメージになってしまいますので、ホワイトやライトグレー基調のラグを敷いてメリハリをつけたり、白い灯りのペンダントライトを配置したりと、ダイニング全体のカラーバランスを調整するように心がけましょう

なお、ガラス天板のダイニングテーブルのデメリットとして、

・指紋がつきやすい
・物が滑りやすい
・食器類の音が出やすい
・触れると冷たい

などといった点が挙げられます。

ダイニングテーブルの使用頻度にもよりますが、小さなお子様がいるご家庭などには、実際の使用シーンを考慮しても少々不向きな部分もありますので、それらをしっかりと考慮したうえで製品を選ぶよう心がけましょう。

いかがでしたでしょうか?

モダンでアーバンなダイニング空間の演出においては、スタイリッシュなフォルムのダイニングテーブルが欠かせませんが、意外と押さえるべきポイントは多いので、しっかりと知識を身につけて、上質なモダンダイニングを演出してみてください。

▼関連記事
リーズナブルに高級感を演出するダイニングテーブルコーデ・テクニック

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!