dining_ranking 素材で決まる?予算に合わせたダイニングチェアランキング

素材で決まる?!予算に合わせたダイニングチェアランキング

ダイニングチェアの価格を決めるフレームと座面素材

ダイニングのインテリアコーディネートで、まず外せないのがダイニングテーブルでしょう。さらに言うとテーブル単体ではなく椅子とセットになったものを購入の選択肢に入れるケースが多いと思いますが、そもそも

ダイニングテーブルとチェアはセットで買った方がいいの?

と思われる方も多いのではないでしょうか。

デザインや価格の面で考えると、やはりダイニングセットの方がコスパは良いかもしれません。ですが、テーブルのデザインは気に入ったけど椅子はどうも好きになれない、逆に椅子はいいけどテーブルの形や脚が気に入らない……というセット品ならではの不満を感じることも珍しくありません。

・ダイニングセットもいいけど妥協はしたくない
・見た目のインパクトや座り心地にもこだわりたい
・でもできる限り予算は抑えたい

インテリア上級者の皆さんなら、きっとダイニングチェア選びにもこだわっていることでしょう。本記事ではダイニングチェアを選ぶ際のポイントと価格の見極めなどの基本的なチェックポイントを幾つかご紹介いたします。

素材が上質であったり、デザイン性の高い魅力的なダイニングチェアを使いたいと誰しも思うでしょうが、そういったものは比例して価格も高くなる傾向にあるのも事実。ダイニングチェア選びは、価格の根幹となる

フレームの種類と座面の素材の見極め

が重要となります。

言うまでもなく、木製の椅子とスチール製の椅子とでは、素材も違えば価格も異なり、アーム(肘掛け)の有無、張地はレザーかファブリックか、木製でも天然の無垢材か集成合板かなど、さまざまな要素が組み合わさって価格が決まります。

まずは素材を見極めて、大よその値段感を養うようにしましょう。

▼関連記事
部屋のサイズに合った空間を無駄にしないダイニングチェアの選び方

 

タイプ別で見るダイニングチェアの購入予算レンジ

ダイニングチェアで一般的に使われる素材について見ていきましょう。

木材

木の種類にもよりますが、軽量でも強度があり、末永く使うのに適した素材です。
座り心地を考慮して、座面にはファブリックや合皮などでクッションが張られているものも多いです。使用する木材のランクや座面・背もたれの張地の素材によって椅子本体の価格が決まります。ウォールナットやチークなどの高級木材を使った椅子ほど高価になるのは言うまでもありません。

購入予算レンジ平均:1.0万~5.0万円平均

スチール

金属特有の冷たい印象を与える一方、都会的なアーバンモダンスタイルなどのコーディネートに好マッチングという特性があります。椅子全体がスチール素材という訳ではなく、脚や肘掛け部分がスチールで、座面や背もたれは木材や合皮、強化プラスチックなどバリエーションが豊富です。価格帯は木製チェアとおおむね同様ですが、飛びぬけて高価なスチールチェアはあまり存在しません。

購入予算レンジ平均:0.5万~3.0万円

プラスチック・樹脂

ダイニングチェアのなかではもっともリーズナブルな価格帯のプラスチックや樹脂素材。デザインや配色の点では、その他の素材と比べて加工の自由度が高く、家具デザイナーの意匠が反映されやすい傾向にある素材です。カラフルであったり造形が複雑であったりと、全体的にポップな印象がありますが、どのようなコーディネートスタイルにも合わせやすいのも魅力のひとつです。

購入予算レンジ平均:0.5万~5.0万円

いずれの素材も、デザインやクオリティのほかにも

・ひとつひとつ手作りなのか
・量産のライン製造なのか

といった製造工程や製造国によっても価格帯は変わってきますので、素材だけでは判断できない部分もあります。
また、木材の場合はデザインが直線的か・曲線的かというデザインの観点から、加工に適した樹種が異なり、値段の高い椅子が必ずしも高価な木材を使用している訳ではない傾向もあります。

上記の平均価格×必要な脚数を参考に、ご自身の購入予算と照らし合わせながら素材を絞り込んでいきましょう。

▼関連記事
インテリアセンスの良さが際立つダイニングチェアの選び方

 

高価なものだとセットで数十万円オーバーも!

素材で決まる?!予算に合わせたダイニングチェアランキング2

すでに解説した通り、ダイニングチェアに限らず家具の多くは、

・素材の希少性
・製造工数や技術の巧拙
・ブランド価値

などによって大きく異なります。ポリプロピレンなどのプラスチック樹脂や鉄など人工物ほど低価格で、木材などの天然素材ほど高価になる傾向にあります。よって、リーズナブルさを求めるなら

・プラスチック樹脂
・アイアンやガラス
・天然木

の順になりますが、プラスチック樹脂製でも有名デザイナーのプロダクトであれば当然価格は高額になります。

例えば、北欧家具の代表的なダイニングチェアであるカールハンセン&ソンの「Yチェア」は、1脚あたり95,000円ほど! また、スタイリッシュなデザインで世界的に知られるフリッツハンセンの「セブンチェア」も80,000円前後と、まさに美術品レベルの価値を持ちます。一般家庭の平均である4脚分を揃えることを考えるとめまいがしそうですね。

特に新居などの場合、ダイニングテーブルやチェア以外にもベッドや照明、カーテンなど必要なアイテムは多岐に渡るため、トータルコストを意識しつつ、

どの家具にどの程度の予算を割り当てるか?

が非常に重要となります。ショップで見て気に入ったものを無計画に購入してしまうと、予算不足で必要な家具が揃えられなくなる可能性もあります。一般的には

ダイニングセットに掛ける平均的な予算は20~30万円程度

と言われています。ダイニングテーブルの費用を考慮しながらダイニングチェアに割ける予算を逆算すると、選択肢を絞り込みやすくなるでしょう。それでも予算をオーバーしてしまう場合は、お買得なアウトレットショップやセールイベントを積極的に活用しましょう。

▼関連記事
使用頻度の高いダイニングチェアはアウトレットセールを活用すべし

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!