goods 北欧風ダイニングに仕上げるコツはテーブルと雑貨選び

テーブルと雑貨で仕上げるおしゃれな北欧風ダイニング1

日本の住まいにマッチする北欧風インテリアの魅力

インテリアスタイルの定番ともなっている北欧風インテリア。オシャレでナチュラルなインテリアに仕上がるとして幅広い年齢層に人気のスタイル。そんな北欧風インテリアは、シンプルな木製家具に自然などをモチーフとしたファブリックをレイアウトすれば、意外にも簡単に北欧風に仕上がることもあるんです。

そもそも北欧風インテリアとは、北ヨーロッパ(ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド)で愛されているインテリアスタイルのことで、良いものを大切に長く使う北欧の文化のため、

シンプルで飽きのこない、機能的なデザイン

が特徴的。装飾が控えめなデザインなので、

和室などの日本の住まいにもしっくりと馴染んでしまう

のが、北欧風インテリアの魅力ともいえるのではないでしょうか。

北欧家具といえば、世界三大銘木のひとつに数えられるチークやウォールナットなどの上質な木材を使用しているものが一般的でしたが、最近ではウォールナットの突板やホワイトオークのものも増え、以前よりリーズナブルに入手可能になっています。

そこで今回は、北欧風のダイニングに仕上げるべく、ダイニングテーブルとインテリア雑貨について紹介していきます。家族が集まるダイニング、家族それぞれ趣味は異なるものですが、全員が快適に過ごせるようなオシャレなダイニングルームに仕上げましょう。

▼関連記事
北欧?アジアン?スタイル別インテリアコーディネートの基礎

 

オシャレを格上げする北欧風ダイニングテーブルの選び方

テーブルと雑貨で仕上げるおしゃれな北欧風ダイニング2

ダイニングルームが明るいと料理は美味しそうに見え、食欲は増進するものです。そんな明るいダイニングに仕上げるには北欧風インテリアがぴったり。

先ほども紹介したように、北欧風のダイニングテーブルにはウォールナット材やオーク材などの明るい色味の木材が使われており、角張っていないフォルムは室内を柔らかい印象にさせます。

都心部など空間にゆとりのない住まいでは、日差しの差し込まないダイニングルームも多いため、そのような室内にもおすすめ。ここではそんな北欧風ダイニングテーブルの選び方について見ていきましょう。

北欧家具に使われる木材について

《ウォールナット》
落ち着いた茶褐色の色合いで重厚感があり、美しい木目が特徴的。硬度があり耐久性も高い割には重くないために、使いやすいでしょう。 また、ツルツルとした手触りはウォールナットならではの質感。

《ブラックチェリー》
使い込んでいくうちに色の変わる経年変化を楽しめる木材であり、明るい色合いから飴色風の濃い赤褐色に変化していきます。使い込むうちにツヤが出てくるため、高級感を醸し出します。はっきりとした木目が特徴的、木らしい滑らかな質感です。

《ホワイトオーク》
白っぽい色合いと重量感が特徴的なホワイトオーク。硬度があり耐久性も高いので、床材としても人気の木材。液体を保管するのに適しているため、ウィスキーやワインなどの樽としても使われてきました。

なお、北欧ビンテージ家具と呼ばれる1950~1970年代ころに作られたものは、チーク材やローズウッド材といった、深みのある落ち着いた色が特徴的。

▼関連記事
ウォールナットやオークなど無垢材チェアのメリット・デメリット

 

テーブルの形状について

ダイニングテーブルといえば長方形をイメージされる方も多くいらっしゃいますが、
最近では正円や楕円のテーブルも人気が高まっているんです。角がないために人数が増えても対応しやすいですし、何よりもその丸みを帯びたフォルムは室内の印象を柔らかくさせます。

▼関連記事
今人気の円形テーブル!円形テーブルのメリット・デメリット

また、北欧ビンテージにも多いデザインのひとつとして挙げられるのが伸縮式のタイプ。重なり合った天板をスライドさせたり、折り畳まれた天板を広げるタイプなど、機能的なデザインが豊富。

▼関連記事
急な来客にも対応!伸縮式ダイニングテーブルの種類と選び方

 

北欧風スタイルに欠かせないインテリア雑貨とは

テーブルと雑貨で仕上げるおしゃれな北欧風ダイニング3

テーブルや椅子の木材にこだわりつつも、北欧風ダイニングに仕上げるために必要なのがインテリア雑貨。
もっとも、ダイニングルームであれば北欧の食器を飾るだけでぐっと雰囲気を高めるので、ぜひ飾っていただきたいものです。

動植物のモチーフが描かれた陶器やしずくのような凹凸が施してあるガラスなど、まさにアート。

チーク材のガラス扉の食器棚に絵柄が見えるようにディスプレイすれば、まるで北欧ビンテージ時代のオシャレなインテリアに仕上がります。そのような棚がない場合にはウォールシェルフにディスプレイしたり、壁面に直接飾ってはいかがでしょうか。

また、食器以外欠かせないアイテムとして挙げられるのが照明。

カフェやショップなどでよく目にするオシャレな照明は、実は北欧デザインのものが多かったりするんです。
そもそも照明とは暗い部屋を照らすものですが、

北欧デザインは照明だけの用途ではなく、オブジェとしてもおすすめ。

発売から60年を超えても愛され続けているペンダントライト「PH5」や、行燈のような優しい光「NELSON BUBBLE LAMP(ネルソン バブル ランプ)」など、北欧デザインの巨匠達が残したハイセンスな照明は、数十年経った今でもオシャレアイテムとして人気があります。

いかがでしたでしょうか。
オシャレな北欧風ダイニングに仕上げるために、テーブルやそれを彩る雑貨のイメージをふくらませることできたでしょうか。北欧ならではのファブリックアイテムを取り入れるだけでも、北欧風に仕上がりますので、ぜひお試しください。

▼関連記事
北欧スタイルのダイニングチェアで素敵なダイニングを演出

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!