japanese-modern 和モダンを演出・ベッドフレームと寝具の組み合わせコーデ

寝室コーディネートはベッドフレームと寝具の組み合わせが重要

ベッドを選ぶ時に多くの人が一番重視するポイントは、「質の良い睡眠がとれること」でしょう。
安定感のあるフレーム、寝心地の良いマットレス、手触りの良いシーツや掛布団…といった心地よい寝具によって質の良い睡眠をとることを大前提として寝具を選んだ上で、部屋の雰囲気に合ったベッドフレームを選んだり、掛布団の色やデザインを吟味したり、ベッドカバーまでそろえて寝室のテイストを演出する、という手順になるのではと思います。

ただし、ベッドフレームのデザインを意識する方は多いと思いますが、掛け布団やピローケースなど寝具デザインまで気にされる方となると、急に少なくなってしまうのが実情。ベッドフレームと寝具の組み合わせは、寝室のコーディネートをするうえでは非常に重要な要素となりますので、寝具まわりまで抜かりなく、ご自身が希望するテーマに沿ったコーディネートを心掛けるようにしましょう。

日本古来のアンティーク家具を活用したインテリアコーディネート

ベッドフレームについては、乗り降りする際の高さは勿論のこと、安定感のあるデザインになっているかどうかも重要です。また、一番リラックスしたい空間に置く家具ですから、素材や色が、自分にとって最もリラックスできるものかどうかも気になりますし、ヘッドボードについても、小物を置けるほうがいいのか、ヘッドボードを背もたれにして座りたいのでヘッドボードは背が高くてカーブがあるものが好みなのか、ヘッドボードが大きいものはベッドの存在感が大きくなってしまうのでなるべくヘッドボードは小さいものがいいのか…など、吟味するポイントはたくさんあります。

ベッドを選ぶうえで、デザインに注目が集まるのは当然のことですが、実は忘れてはならないのは、その素材と仕上げ方法です。ただ木製ならばよい、というわけではないですよね。木材の種類によっても受ける印象が異なりますし、仕上げ方法によっては、木の手触りはあまり残らないかもしれません。自然の風合いを大切にし、仕上げにこだわった掲載写真のフランスベッド・エスプリセレブシリーズには、使う方の健康を考えて人体に害を及ぼすホルムアルデヒド低減材料を用いられており、また、自然の風合いを残しながら耐久性と防汚性を高め日焼けを防止する塗装を施されています。

和モダンテイストを意識した落ち着きのある組み合わせ

掲載写真のように、寝具をパープルで統一した和テイストの強いコーディネートもまた大人の雰囲気を醸し出しており、寝室ならではの落ち着きを重視した和モダンスタイルの組み合わせです。温かみのある天然素材のベッドフレームなら、どのような色の寝具でも組み合わせでもマッチングは良好。組み合わせが難しいとされるパープルは、類似色や白と組み合わせることで、パープルならではの妖艶な雰囲気を引き立たせてくれます。

掛け布団カバーというと白を基調にしたものが多いのですが、掲載写真にもありますように、意外と奇抜な色味であってもマッチングは決して悪くありません。ただ、木目調のフレームに黒の布団カバーなどは違和感がありますので、どのような組み合わせが合うか、合わないかは、色々な布団カバーを試しながら、ご自身で納得のできる組み合わせを見つけるのもまた楽しみのひとつになります。

過ごす時間が長い寝室だからこそ、オシャレでこだわりのあるベッドコーディネートを心掛けましょう。

※掲載の商品は既に販売終了となっております。
あくまでインテリアコーディネートの参考としてご参照ください。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加