ayano_keynote 綾野製作所のキッチンキャビネット「KEYNOTE(キーノート)」で魅せるモダニズムコーデ


(画像元:株式会社綾野製作所

高い機能性とデザイン性「綾野製作所 KEYNOTE(キーノート)」

インテリアコーディネートにおいては、何かとリビングやダイニングといった目に付きやすい空間ばかりに注力してしまいがちですが、日常生活におけるリビングダイニングでの重要なスペースと言えば、やはりキッチンではないでしょうか?

「衣・食・住」の食を担う重要な空間であるキッチンですが、あまり人に見せることを前提にしていない背景もあり、

インテリアコーディネートの優先度は低い傾向

にありますが、一方で「料理がしやすい環境を作る」という観点では、機能性の方を重視する傾向にありますので、デザイン性と機能性を両立できたキッチンに仕上げるのは、思っている以上に難しいのかもしれません。

そこで今回ご紹介するのが、食器棚などのキッチン収納やテレビボードなどに特化した国内家具メーカー「綾野製作所」がリリースする、

デザインと機能性を両立させたキッチンキャビネット「KEYNOTE(キーノート)」

です。

キッチン収納と言うと、新築時に最初から備え付けられている住宅設備メーカーのシステムキッチンをイメージされるかもしれませんが、これら備え付けのキッチン収納の使い勝手は生活してみて初めて分かるもので、実際に使ってみたら使い勝手が悪かったり、収納箇所が足りなかったりしたりとさまざまな不満が出てくるもの。

・+αで収納スペースを増やしたい
・キッチンの機能性をもっと向上したい
・デザイン性も考慮してオシャレなキッチンにコーデしたい

そんな要望に応えてくれるのが綾野製作所の「KEYNOTE(キーノート)」です。

今回は、この「 KEYNOTE(キーノート)」の機能性や魅力、活用方法などを徹底検証してみましょう。

▼関連記事
リビングボード・キャビネット…etc.部屋ごとに選ぶ収納家具の種類

 

可動式オープンラックで”魅せる”ストレージスペース

綾野製作所の「KEYNOTE(キーノート)」は、デザイン性と機能性を兼ね備えた

見せるキッチンキャビネット

で、使用頻度の高い食器や調理具などを見えるスペースに配置することで使い勝手を向上させ、一方で使用頻度の低いものを扉付き収納にしまうことができる大容量のキッチン収納です。

見せる収納スペースとなる上段キャビネットは、使用頻度の高い調理具を置くほか、キッチングッズなどの雑貨をディスプレイしたりと、
KEYNOTE
自由なアレンジを楽しむ収納スペース

となり、KEYNOTE(キーノート)で用意された可動式のオプション棚を複数活用すれば、魅せる収納スペースとして多彩な変化を楽しむことができます。また、上段キャビネットの背面板も、標準仕様ではホワイトとなりますが、

木目や石目などのカラーオーダーも可能

KEYNOTE(キーノート)本体のカラーバリエーションも10色(別途60色のカスタマイズ色もあり)と、インテリアの多様性を十分に考慮されたカラー展開になっております。さらに特筆すべきは、よく考えられたコンセントの位置、炊飯機の水蒸気などを考慮したモイス可能などにも対応しており、

キッチン収納では何が重要なのか?

ということをよく理解されている設計になっていると言っても過言ではありません。
サイズバリエーションも、ハイタイプやロータイプ、引き戸や追加キャビネットなど、選択肢が豊富に用意されているので、ご自宅のキッチンスペースに合わせて自由にアレンジすることが可能です。

▼関連記事
買い足すならこれ!狭小キッチンの収納力を最大化する収納家具あれこれ

 

豊富なカラー展開を活かしたキッチンコーディネートを実現

上記で触れましたように、キッチンキャビネット「KEYNOTE(キーノート)」のカラー展開は、スタンダードな艶有りパールホワイトのほか、オーダー色となるダークやテノールオークなどが用意されており、

・システムキッチンは冷蔵庫などの質感
・リビングダイニングのフローリングの色味
・ダイニングテーブルやチェアの色味

などをベースに、ある程度色調を合わせることが可能です。

必要な家具を別々に購入すると、どうしても色調やデザインテイストがバラバラになりがちですが、キッチンキャビネット「KEYNOTE(キーノート)」なら、カスタマイズ色も含めれば、60色以上のカラーバリエーションがありますので、

配色面でのコーディネートもしやすい

というメリットがあります。


 

また、上記イメージ写真のように、オプション棚が豊富に用意されているので、必要に応じて収納スペースを増やしたり、逆に何も置かない空間を広げたりと、

機能面でもデザイン面でも柔軟性が高い

というのが最大の特徴でもあります。

本体全体の色味を考慮すると、モダンスタイルの空間やシンプルなナチュラルスタイルのコーディネートによく合いそうなフォルムで、キャビネット本体下部の台輪部分にアルミ材が使用されている箇所などは、モダンらしさを強調しています。

もちろん、その他にもマッチングの良いコーディネートスタイルはあるはずですので、リビングダイニング全体の配色を考慮したうえで、このキッチンキャビネット「KEYNOTE(キーノート)」のカラーオーダーを決めるのが、まとまり感のあるキッチンに仕上げるコーディネートポイントと言えるでしょう。

≪綾野製作所「KEYNOTE(キーノート)」≫
https://www.ayano-craft.co.jp/keynote/

▼お近くの綾野製作所ショールームを探す
 
▼「食器棚・キッチン収納」記事一覧に戻る
▼商品紹介一覧に戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!