過去記事のブログ夏の風物詩 公開日:2016/08/23 最終更新日:2020/04/30

仕事を終え帰宅する途中の夜道のこと。

 

漆黒の闇から私めがけて何かがいきおいよく飛んできた!

 

とっさに避けたがぶつかってしまった「それ」は、

やけに重くて痛かった。

 

おびえながら振り返ると、そこには蝉の亡骸・・・

 

今年も「蝉の死のダイブ」に出くわしてしまったのでした。

 

 

晩夏の風物詩である蝉の亡骸に、

ああ、もう夏も終わるんだなあと実感した夜でした。

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!