災害時、家具は危険なものと化する

災害時、家具は危険なものと化する

北海道や大阪、ちょっと前だと宮崎。

最近いたるところで地震が頻発しております。

最近の自信による負傷者の3割から5割が家具類の転倒落下が原因だそうです。

大地震が起こると重い家具は凶器になってしまいますので、日ごろから備えておく必要があります。

まずは、避難経路確保の為、家具配置のレイアウトを考えましょう。部屋・玄関の入口には出来るだけ家具類を置かないようにしましょう。入口がふさがれてしまいます。

次に転倒落下移動防止対策用具を取り付けましょう。

L型金属で壁と家具を固定したり、突っ張り棒でおさえたりしましょう。一つだけより、+粘着マットを組み合わせたりと、二つ三つ使うことも効果的です。

常に移動させて使用する椅子やテーブルの脚にも滑り止め防止マットを設置しましょう。

キャスター付きの家具は常日頃から移動したらロックをするように心がけましょう。

地震の多い日本です。もしもの為に日頃できることをまずはやっておきましょう。

 

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加