set_cospa 家具量販店の元販売員が教えるコスパ&満足度の高いダイニングセットの選び方

元販売員が教えるコスパ&満足度の高いダイニングセットの選び方

安かろう・悪かろうとならないためのダイニングセットの見極め方

「せっかくダイニングセットを購入したのに後悔した」
「こんなことがあると知らなかった」
「安いから仕方ないけど、数年で椅子が壊れた」

お店にいると、お客様からさまざまなご意見を耳にします。販売員に相談せず、直感で購入して後悔される方もしばしば。もちろん、販売員に相談したけれど商品選びに失敗したという方もいらっしゃるかもしれません。

なので今回は「後悔しないダイニングセット選び」をするために、家具量販店の元販売員の「実体験にもとづくダイニングセットの見極め方」をお伝えします。

ポイント1:相場を知ること

まずは何人でどのような用途で使うのかを決め、それに合った大きさのダイニングセットの価格の相場を知りましょう。購入した後で、同じような素材でもっと安いものがあったのに気づくというのはよくある話です。安かろう・悪かろうでは決してありません。セール価格で上質なものが安くなることもありますし、安くても用途によっては使い勝手がよく、「買ってよかった家具」になることも多々あります。

ポイント2:木材の違いを知ること

無垢材と集成材の違い、天板に使われる無垢と突板の違いを知ることが大切です。同じような見た目の木であっても、天然の木か人工の木かで価格も質も異なります。ただし、「安い=人工の木」というわけではなく、無垢材にも木の質により価格が低いものも多々あります。

ポイント3:部屋の大きさを把握しておくこと

事前に部屋の寸法を細かく測っておきましょう。たとえばお部屋にカウンターキッチンがある場合、その高さも把握しておきましょう。お部屋の大きさに合ったダイニングセットを選ぶことが重要です。

まずは、上記のポイントをある程度ふまえた上で、お店の方へ相談してみることをおすすめします。プロのアドバイスで、より自分のスタイルやイメージに沿った空間に仕上げることができ、「コスパがよかった」と感じるものです。

▼関連記事
木の温もりを感じる一枚板ダイニングテーブルの魅力とメリット

 

家具の質感にこだわるかデザインにこだわるか?

ダイニングセットを選ぶ際にいちばん重視することはなんでしょう。満足度が高いダイニングセットを購入するには、まず自分のなかの優先事項を決めることです。次の項目から譲れないポイントを考えてみましょう。

・デザイン
・質感/素材
・価格
・用途
・大きさ

たとえばモダンスタイルな部屋が理想の方の場合「デザイン」にこだわることが大切です。また「モダンスタイル=シンプル」にはスタイリッシュな要素が欠かせません。直線的なデザインの家具を選び、統一感を持たせましょう。

北欧のあたたかみのある部屋にしたい方は「質感」が大切です。木のぬくもりを感じられる、リラックスできる色味や木目にこだわることで、北欧スタイルが作れます。

▼関連記事
リーズナブルに高級感を演出するダイニングテーブルコーデ・テクニック

 

気になるアイテムを見つけた際のチェックポイント

元販売員が教えるコスパ&満足度の高いダイニングセットの選び方2

ダイニングセットにおけるコスパ&満足度をあげるためのチェックポイントをアイテム別にご紹介します。

テーブル

気に入ったテーブルが木材であった場合、大切なのはそのお手入れの仕方です。たとえば天然の無垢材は、きちんとお手入れをしないと水のシミができるなどのトラブルに見舞われてしまいますので、事前にお手入れの仕方を知ってから購入しましょう。職人さんでなければ手入れができないものもあり、その場合はメンテナンスにコストがかかります。

check!!
・使われている木材は何か
・サイズはは部屋に合っているか
・どんなお手入れが必要か
・高さは体に合っているか(2人以上の場合、基本的には身長の高い人に合わせると◎)

チェア

チェアはテーブルよりも種類・数が多く、探せば気になるアイテムがきっと見つかるはずです。その分、選択肢が増えてしまって大変かもしれませんが…チェアを選ぶ上で大切なことは「一体感」です。
インテリア上級者のお宅では、テーブルひとつに対して1脚1脚違うチェアを合わせることもよくあります。ただ、やり過ぎると雑然として見えてしまうことも。木の素材を揃えるなど、何かひとつ統一すると、別の色やデザインを選んでも、そのアンバランスさが逆にオシャレにまとまって見えます。

check!!
・一体感はあるか
・座り心地は良いか
・重さはどうか

ソファ

とてもお気に入りのソファを見つけた時、それがダイニングに合うかどうか気になりますよね。
最近流行りのソファタイプのダイニングセットは、使用シーンを具体的にイメージすることが大切です。リビングと兼用でダイニングセットで過ごす時間が長い場合、ソファの方が座り心地は快適でしょう。ダイニングセットの利用が食事メインであれば、部屋の広さによってはソファは狭く感じるかもしれません。部屋の空間を測り、どの程度の大きさのソファを選ぶべきか考えてみてください。

check!!
・どのように使うのか
・座り心地は良いか
・部屋の大きさに合っているか
・汚れた際の対処法は

いかがでしたでしょうか?
それぞれのお気に入りアイテムを見つけた際には、ぜひ以上のチェックポイントを参考にしてみてくださいね。

▼関連記事
ダイニングテーブルで差を付けるダイニングインテリアの基礎知識

 

▼家具インテリアの基礎知識TOPに戻る

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!