double_bedsize ダブルベッドのベッドサイズと特徴について

二人用ベッドとして最も人気の高いダブルサイズベッド

二人用のベッドとして最もポピュラーで人気があるのがダブルベッドです。
人気があるゆえ、ベッドの種類やマットレス、寝具なども豊富な種類があり、お部屋の雰囲気やスタイルによって、様々な商品を選ぶことができるのが最大の特徴です。ダブルベッドは、その名の通り二人一緒にお休みになる為のサイズのベッドですが、実はシングルベッド2台並べるより遥かに幅は狭く、メーカーによって多少の違いはあるものの幅自体は 1400mm(シングルベッド2台で約 1950mm)となります。

ちなみに、シングルベッド2台並べた際の幅約 1950mm は、キングサイズのベッドに相当しますが、大きなサイズの1台のベッドより、配置に自由度があり、相手の動きや振動が伝わりにくいシングルベッド2台の方が使い勝手が良いという声も多いのも事実。ただし、2台並びでは横幅が大きくなるうえ、寝ている間にベッドとベッドの間に隙間が生じやすというデメリットもあります。よって、お部屋のレイアウトや実際の生活スタイルによって、ダブルベッドという選択肢も検討する価値はあります。

ダブルベッド(M)の一般的なサイズと特徴

【寸法】
・幅 1400mm x 長さ 1950mm
※クイーンサイズベッドの寸法(参考):幅 1700mm×長さ 1950mm
※ベッドの高さについては、ベッドフレームの高さ+マットレスの高さになります。
※マットレスのサイズについては、マットレスのサイズ選びと比較・体験方法についてをご参照ください。

【特徴】
・二人で寝るベッドとしてもっともポピュラーで寝具の種類も豊富。
・寝具が 1 枚分で済むため、洗濯や交換が楽。
・シングルベッドを 2 台並べるより省スペース。

【デメリット】
・サイズが大きいため、レイアウトの自由度は限られてしまう。
・屋内への搬入や搬出が比較的たいへん。
・寝返りなどの振動が相手に伝わりやすい。

ダブルベッドのサイズは、上記でもご紹介しているように「幅 1400mm×長さ 1950mm」となりますので、 6 畳サイズのお部屋に配置するとなるとおおむね部屋の半分弱くらいは、ベッドでに占領されてしまいます。もちろん、寝室ということであれば問題ありませんが、リビング的な位置づけのお部屋に配置するとなると、ダブルサイズでは多少圧迫感があったり、導線に支障を来す場合があります。もちろん、ダブルベッドは2人一緒に寄り添って寝たいというニーズを十分満たしますし、多少窮屈かもしれませんが、小さなお子様がいる場合には川の字で寝ることも可能ですので、実際の用途とお部屋の寸法を考慮しながら、より良いダブルベッドをお選びになると良いでしょう。

住生活を豊かにする家具の情報をみんなに共有しよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加