カーテン・ブラインドのブログカーテンの役割 公開日:2019/11/04 最終更新日:2019/11/06

カーテンの役割

皆さんはカーテンにこだわりはお持ちでしょうか。

私は昔はあまり興味が無かったのですが、最近仕事中にカーテンについて調べる機会があり、改めて深掘りしてみるとカーテンの役割が多岐にわたっていることに驚かされました。

今回は皆さんにカーテンの存在価値を知っていただきたく思います。

 

 

★その1 「遮蔽効果」

外部からの見通しを避け、大切な個人のプライバシーを守るカーテンの機能は大切な役割。

このご時世、建物が隣接している場合など多くあると思いますが、外部からの視線がとても気になるものであり、光を取り入れながら遮蔽するためのカーテン選びがポイントとなります。

 

★その2 「遮光効果」

家の中や外からの光を和らげるためのカーテンです。

部屋の機能や窓のある位置によって重要度は異なりますが、生地の素材によっても遮光率は変わってくるので、目的に合った生地を選びましょう。

 

★その3 「断熱効果」

窓というのは明かり取りの役目もありますが、部屋の中でも最も熱の逃げやすい場所でもあります。

外部からの熱や冷気を防ぎ、同時に室内温度の逃げを防ぎます。

 

★その4 「遮音性」

部屋の窓辺にカーテンを吊るすことで室内の音を吸収し、さらに外からの騒音を和らげる効果があります。

また、室内の音の反響を防ぎますのでホームシアターなどの部屋には有効です。

 

★その5 「装飾」

季節に合わせ、カーテンの模様替えをするのもインテリアとしての楽しみ方の一つです。カーテン地の色・柄・素材によって、いろいろな窓辺の表情が楽しめます。

豊富な種類のカーテン生地から部屋のイメージや部屋の広さ・窓の大きさなどを考えて、デザインを選択しましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

何気なくカーテンを開け閉めする毎日だと思いますが、その役割を認識して開け閉めしてみてはいかがでしょうか。

 

Seilooではカーテンのイベントを随時掲載中です。

ぜひチェックしてみてください。

https://www.seiloo.co.jp/events?sort=&area_id=&prefecture_id=&from=&to=&category_slug%5B%5D=curtain

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!