ベッド&ふとん・寝具のブログワイドダブルサイズのベッドで使えるシーツ・布団の選び方 公開日:2019/08/28 最終更新日:2019/09/02

ワイドダブルサイズのベッドで使えるシーツ・布団の選び方

ベッドのフレームやマットレスのサイズ表記で、WD(ワイドダブル)を目にしたことはありますか?
その名称の通りダブルよりワイドで、クイーンよりは小さい規格です。
あまりメジャーではないサイズなだけに、いざシーツや掛け布団を買おうと探してみても、ワイドダブルのサイズが作られていない商品もあります。

今回は、ワイドダブルベッドの具体的な大きさや、ダブルやクイーンとどう違うのかを解説していきます。

ワイドダブルベッドのサイズはどれくらい?

ダブルベッドイメージ2

日本ではJIS規格でマットレスのサイズが定められており、ベッドフレームのサイズは、マットレスのサイズに合わせて決められます。
しかしその基準となるマットレスのサイズは、製造業者によって許容差が認められており、幅・長さに関しては最大-20cmから+30cmまで違うことがあります。そのため、ワイドダブルと表記されているベッドでも、実際のサイズは商品・メーカーによって多少の違いがあるのです。
日本のマットレスのサイズは以下が大体の目安になります(幅×長さcm)。

標準 ロング
セミシングル 82×195 98×205
シングル 98×195 98×205
ワイドシングル 110×195 110×205
セミダブル 120×195 120×205
ダブル 140×195 140×205
ワイドダブル 152×195 152×205

ワイドダブル以上のサイズにはクイーン、キングがありますが、JIS規格では幅152cm以上のマットレスには明確な規定がありませんでした。
クイーンやキングサイズのベッドは、ワイドダブル+30cmの許容差や、シングルなど小さい幅のマットレスを二つ並べた大きさのフレームを指すようです。

また、海外製の家具はJIS規格とは異なる規格で作られていますので、ベッドのサイズを正しく知るにはサイズ表記ではなく、メジャーで測るなどして実寸を確認する必要があります。

ワイドダブルベッドのフレームは規格外?

ダブルベッドイメージ3

日本でワイドダブルのベッドフレームはクイーンサイズより小さい、幅152cm前後のものをいいますが、シーツやマットレスを購入するときにワイドダブルの商品は種類豊富にあるのでしょうか?

ワイドダブル相当のサイズのベッドを製造している主なベッドメーカー

量販店はワイドダブルに対応していない?

ダブルベッドイメージ4

ニトリなどの量販店では、ワイドダブルのマットレスやシーツの取り扱いは少なく、大きいサイズはダブルあるいはクイーンが多いようです。
お持ちのベッドフレームがワイドダブルで、それにぴったりのマットレスやシーツを揃えたい場合、いちばん確実なのは寝具専門店でワイドダブルのサイズをオーダーすることです。

ただしオーダー品は既製品に比べると値段が割高になってしまいます。
そこでオススメなのが、ダブルまたはクイーンサイズの既製品で代用する方法です。

マットレスは、先述の通りメーカーによって最大-20cmから+30cmの許容差があるので、サイズ表記がダブル(またはクイーン)であってもお持ちのフレームにマッチするマットレスを合わせることができるでしょう。

以下で、ワイドダブルに代用できるダブル・クイーンサイズのシーツ・布団の選び方のポイントをご紹介します。

ボックスシーツはマチの長さ(深さ)をチェック

・マチに余裕があるダブルサイズ
または
・マチが浅めのクイーンサイズ
などのシーツでワイドダブルベッドに対応できるでしょう。
すそを入れ込むタイプのシーツの場合はダブルやクイーンのどちらかで対応できるので、シーツとマットレスの幅・厚さの実寸をきちんと調べて購入しましょう。

掛け布団

ダブルベッドイメージ5

・シングルサイズのマットレス 幅 約97cm
・シングルサイズの掛け布団  幅 約150cm

上記のように、同じサイズ表記でも掛け布団のほうがマットレスより長いのが一般的なので、ワイドダブルのベッドにはダブルまたはクイーンサイズの掛け布団で十分に代用できます。
ダブルとクイーンどちらを購入すべきか迷う場合は、自分が寝ているときの掛け布団の使用状況をイメージすると良いでしょう。ベッドの高さ、掛け布団の重さや自分の寝相などを考えてみて、クイーンまたはダブルサイズの掛け布団を選んでください。

ベッドのフレームとマットレスに高さがない場合

クイーンサイズの掛け布団は幅が大体220cmあるので、ロータイプのフレームに厚さが薄いマットレスで寝ている場合は、掛け布団が床に触れてしまうかもしれません。

就寝中に寝返りが多い場合

ダブルサイズの掛布団は幅が約190cmです。寝返りなど体をよく動かす方に掛け布団の長さが足りず、体からずれてしまいやすいかもしれません。

ワイドダブルベットは何畳の部屋に置くのがおすすめ?

ダブルベッドイメージ6

ワイドダブルのベッドを置くなら6~8畳の広さがある部屋がおすすめです。

ベッドに二人以上で寝る場合は壁際に寄せず、両サイドからベッドに上がれる配置の方が使い勝手がいいです。
他の家具などとの兼ね合いでそれができない場合は、ベッドの左右どちらかに歩けるスペースを確保しましょう。
また、ベッドに持ち込んだスマートフォンやメガネ、本などを誤ってベッドの下に落としてしまう可能性もあります。壁に寄せる場合でも、ベッドと壁の間には腕1本分くらいの隙間を空けておくのが理想的です。

実際にベッドを部屋に置いたときの印象は、フレームの実寸によって左右されます。同じワイドダブルのベッドでも、フレームの大きさに合わせてより広い部屋に置くようにしましょう。

収納のことも考えて配置しよう

ダブルベッドイメージ7

寝室には備えつけのクローゼットがある間取りも多いです。クローゼットの扉をスムーズに開けられるようにベッドを配置しましょう。
ベッド下に収納がある場合も、引き出しをいっぱいまで引っ張れるスペースを確保しておくといいでしょう。

ワイドダブルベッドは実寸を調べて配置を決めよう

ベッドのサイズ表記はあくまで目安。サイズは実寸で把握しておくことをおすすめします。
実寸が分かっていればサイズ間違いのトラブルを防ぐことができ、部屋のレイアウトも考えやすくなるでしょう。

ベッドのセール情報は、「Seiloo」でチェックできます。

家具のセールイベントをチェック

 

家具・インテリアの情報をみんなに共有しよう!